神_(神道)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 神_(神道)の意味・解説 

神 (神道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 03:53 UTC 版)

神道における(かみ)とは、自然現象などの信仰や畏怖の対象である。「八百万の神」(やおよろずのかみ)と言う場合の「八百万」(やおよろず)は、数が多いことの例えである。


注釈

  1. ^ 神道叢説 『神道大意』国書刊行会 p.8(国立国会図書館)
  2. ^ 宮地直一 (1940). 吉田叢書 第一編. 内外書籍株式会社. p. 14 
  3. ^ 井上智勝「近世神社通史稿」『国立歴史民俗博物館研究報告』第148巻、国立歴史民俗博物館、2008年12月、 269-288頁、 doi:10.15024/00001657ISSN 02867400NAID 120005748697
  4. ^ 幡鎌一弘「十七世紀中葉における吉田家の活動:確立期としての寛文期」『国立歴史民俗博物館研究報告』第148巻、国立歴史民俗博物館、2008年12月、 331-356頁、 doi:10.15024/00001659ISSN 02867400NAID 120005748698
  5. ^ 宮地直一 (1919). 神祇史綱要. 明治書院. p. 4-5. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/943702/10 (国立国会図書館)
  6. ^ a b 伊藤聡 2012年
  7. ^ a b c d 小学館 2021f, p. 「厠神」.
  8. ^ a b 平凡社 2021d, p. 「竈神」.
  9. ^ a b 北條勝貴「古代日本の神仏信仰」『国立歴史民俗博物館研究報告』第148巻、国立歴史民俗博物館、2008年12月、 7-39頁、 doi:10.15024/00001647ISSN 02867400NAID 120005748687
  10. ^ 小学館 2021e, p. 「八百万神」.
  11. ^ 古事記幸田成友 校訂 岩波書店 p.19(国立国会図書館)
  12. ^ 国史大系. 第13巻 経済雑誌社 編 p.268(国立国会図書館)
  13. ^ 大祓詞”. 國學院大學伝統文化リサーチセンター資料館. 2021年9月18日閲覧。
  14. ^ Nelson 1996, p. 7; Picken 2011, p. 40.
  15. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021d, p. 「自然崇拝」.
  16. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021e, p. 「精霊崇拝」.
  17. ^ Skrbina, David. (2005). Panpsychism in the West. MIT Press. ISBN 0-262-19522-4
  18. ^ Carus, Paul. (1893). "Panpsychism and Panbiotism." The Monist. Vol. 3, No. 2. pp. 234–257. JSTOR 27897062
  19. ^ 大久保紀子「本居宣長の神の定義について (PDF) 」 『日本思想史学』第28号、日本思想史学会、1996年、 129-146頁、 ISSN 03865770NAID 40004188663
  20. ^ 平凡社 2021a, p. 「トーテム」.
  21. ^ a b 南方熊楠 『南方熊楠全集』第2巻 119頁
  22. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021a, p. 「八万四千の法門」.
  23. ^ 「我國家之王天下者 恆以天地社稷百八十神 春夏秋冬 祭拜為事 方今改拜蕃神 恐致國神之怒」日本書紀、仏教公伝
  24. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021b, p. 「蘇我稲目」.
  25. ^ 長塩智恵「斎王の仏教忌避思想の形成」『京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編』第12号、京都女子大学、2013年、 35-62頁、 ISSN 1349-6018NAID 120005303138
  26. ^ 巳波利江子「8・9世紀の神社行政 : 官社制度と神階を中心として」『寧楽史苑』第30号、奈良女子大学史学会、1985年2月、 22-57頁、 ISSN 0287-8364NAID 110000297260hdl:10935/2049
  27. ^ 小学館 2021d, p. 「死霊崇拝」.
  28. ^ a b ブリタニカ・ジャパン 2021c, p. 「怨霊」.
  29. ^ 生身天満宮|由緒 - 日本最古の天満宮のいわれ
  30. ^ 武田佐知子 編 『太子信仰と天神信仰 信仰と表現の位相』思文閣出版、2010年、312頁。ISBN 978-4-7842-1473-0 
  31. ^ 今泉淑夫島尾新編集 編 『禅と天神』吉川弘文館、2000年、231-233頁。ISBN 978-4-7601-1299-9 
  32. ^ a b 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店p.3(国立国会図書館)
  33. ^ 山本寿夫「四魂についてー宣長と隆正ー」『岡山県立短期大学研究紀要』第7号、岡山県立短期大学、1963年3月、 一五-二八、 doi:10.15009/00001360ISSN 0287-1130NAID 120005670420
  34. ^ 延喜式. 第1』藤原時平 他 日本古典全集刊行会 p.79(国立国会図書館)
  35. ^ 山本陽子「見てはならない神々の表現と受容 -日本の神々はどのように表されてきたか-」『早稲田大学総合人文科学研究センター研究誌』第4巻、早稲田大学総合人文科学研究センター、2016年10月、 283-289頁、 ISSN 2187-8307NAID 120005983763
  36. ^ a b 是澤紀子「近世初期三輪山における禁足の制定とその景観:神社の禁足地とその景観に関する研究」『日本建築学会計画系論文集』第79巻第700号、日本建築学会、2014年、 1433-1439頁、 doi:10.3130/aija.79.1433ISSN 1340-4210NAID 130004512895
  37. ^ 中村久美「月と鏡に関する東西考」『天理大学学報』第66巻第2号、天理大学、2015年2月、 113-128頁、 ISSN 0387-4311NAID 120005858568
  38. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第二卷』 平凡社 p.276(国立国会図書館)
  39. ^ Kato Genchi— A Neglected Pioneer in Comparative Religion — Naomi Hylkema-Vos, Japanese Journal of Religious Studies 1990 17/4. p384
  40. ^ "Dr. Genchi Kato's monumental work on Shinto" (PDF) , Daniel C. Holtom. 明治聖徳記念学会 第47巻、昭和12年 1937/04/ p.7-14
  41. ^ 黄川田啓子「竈神信仰の研究」『東北民俗』五輯、1970年、東北民俗の会
  42. ^ a b c d e f g h i j k 加藤玄智 (2013). A study of Shinto : the religion of the Japanese nation. Routledge library editions. Routledge, Taylor & Francis Group. ISBN 9780415845762. NCID BB17574887. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I000176947-00 
  43. ^ 須藤隆仙 『世界宗教用語大事典』新人物往来社、2004年。ISBN 4404031386NCID BA67332543https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007372427-00 
  44. ^ a b c d e f SHINTO (THE WAY OF THE GODS) BY W. G. ASTON, C.M.G, D.Lit., LONGMANS, GREEN, AND CO. 39 PATERNOSTER ROW, LONDON NEW YORK AND BOMBAY, 1905, p.65-75, p.73, p.159
  45. ^ KOKUTAI - POLITICAL SHINTÔ FROM EARLY-MODERN TO CONTEMPORARY JAPAN, Klaus Antoni, Eberhard Karls University Tübingen: Tobias-lib Tübingen 2016, p259
  46. ^ 古記録・古文書抄』p.52 魚澄惣五郎 編 星野書店(国立国会図書館)
  47. ^ a b 新編神社の古代史, p. 10.
  48. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院 p.4-5(国立国会図書館)
  49. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』黒板勝美 編 岩波書店 p.20-2(国立国会図書館)
  50. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院 p.6-8(国立国会図書館)
  51. ^ a b 新編神社の古代史, p. 7-9.
  52. ^ 延喜式. 第2』日本古典全集刊行会 p.50-2(国立国会図書館)
  53. ^ 古語拾遺』加藤玄智 校訂 岩波書店 p.28 p.54(国立国会図書館)
  54. ^ 小村宏史「「妣国根之堅州国」をめぐって -「黄泉国」との関係-」『国文学研究』第145巻、早稲田大学国文学会、2005年3月、 51-62頁、 ISSN 03898636NAID 120005481890
  55. ^ 上田賢治「日本神話に見る生と死 (PDF) 」 『東洋学術研究』第27巻第2号、東洋哲学研究所、1988年8月、 48-62頁、 ISSN 02876086NAID 40002651301
  56. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院 p.12-3(国立国会図書館)
  57. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』p.107 黒板勝美 岩波書店(国立国会図書館)
  58. ^ 原武史 (2001). “出雲神道と国家神道”. 東洋学術研究 (東洋哲学研究所) 40 (1). http://www.totetu.org/assets/media/paper/t146_178.pdf. 
  59. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』p.109 黒板勝美 岩波書店(国立国会図書館)
  60. ^ 岡田莊司. 古代・中世祭祀軸の変容と神道テクスト (Report). 名古屋大学グローバルCOEプログラム「テクスト布置の解釈学的研究と教育」. https://www.gcoe.lit.nagoya-u.ac.jp/result/pdf/230-235岡田.pdf. 第4回国際研究集会報告書
  61. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』 黒板勝美 編 岩波書店p.56(国立国会図書館)
  62. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院p.21(国立国会図書館)
  63. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院p.49(国立国会図書館)
  64. ^ 樋口達郎「言語神の落日 : 記紀言語神から言霊へ」『倫理学』第33号、筑波大学倫理学研究会、2017年、 59-72頁、 ISSN 0289-0666NAID 120006312322
  65. ^ 葛城一言主神社”. 御所市観光ガイド (2020年12月25日). 2021年9月23日閲覧。
  66. ^ 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店 p.120(国立国会図書館)
  67. ^ 南方熊楠全集 第3巻 446頁
  68. ^ 少年社、後藤然、渡辺裕之、羽上田昌彦 『神道の本 八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界』 学研、56,57頁。
  69. ^ 劉 建華 (2019). “怨霊の神格化 ─ 和霊信仰を事例に ─”. 東北文化研究室紀要 60. https://hdl.handle.net/10097/00127845. 
  70. ^ a b 古事記』鈴木種次郎 編 三教書院 p.86-8(国立国会図書館)
  71. ^ 訓読日本書紀. 中』 黒板勝美 編 岩波書店 p.44-7(国立国会図書館)
  72. ^ 小林宣彦「律令制の成立と祭祀 : 出雲神郡の成立を中心に」『國學院雜誌』第116巻第9号、國學院大學、2015年9月、 1-17頁、 ISSN 0288-2051NAID 120006538783
  73. ^ 古語拾遺』 加藤玄智 校訂 岩波書店 p.49-50 p.66(国立国立図書館)
  74. ^ a b 佐藤弘夫「祟り神の変身:祟る神から罰する神へ (PDF) 」 『日本思想史学』第31号、日本思想史学会、1999年、 45-63頁、 ISSN 03865770NAID 40004188695
  75. ^ 祝詞宣命 : 校註』次田潤 著 明治書院 p.86(国立国会図書館)
  76. ^ 木村大樹 (2015). “御体御卜の成立と変遷に関する一考察”. 国学院大学大学院紀要. 文学研究科 (國學院大學大学院) 47: 67-86. ISSN 0388-9629. NAID 120006538855. 
  77. ^ 國分篤志「史料・神事にみる卜占の手法 : 考古資料との比較を中心に」『千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書』第290号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2015年2月、 99-114頁、 ISSN 1881-7165NAID 120007088808
  78. ^ 浅岡悦子「古代卜部氏の研究 : 『新撰亀相記』からみる祭祀氏族の系譜」『名古屋市立大学大学院人間文化研究科人間文化研究』第27号、名古屋市立大学大学院人間文化研究科、2017年1月、 68-44頁、 ISSN 1348-0308NAID 120006682818
  79. ^ 諸神本懐集』(国立国会図書館)第4コマ目 源空 沢田文栄堂(1882年)
  80. ^ 諸神本懐集』(国立国会図書館)第10コマ目 源空 沢田文栄堂(1882年)
  81. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第二卷』(国立国会図書館)p.68「権社神」平凡社(1941年)
  82. ^ 権社・実社”. web版 新纂 浄土宗大辞典. 2022年1月1日閲覧。
  83. ^ 聖典講讃全集. 第6巻』(国立国会図書館)p.43-47 宇野円空 編 小山書店(1935年)
  84. ^ 諸神本懐集略述』(国立国会図書館)p.36 吉谷覚寿(1906年)護法館
  85. ^ 桜井徳太郎 編 『民間信仰辞典』東京堂出版、1980年、85-86頁。ISBN 978-4-490-10137-9 
  86. ^ ご祭神とご神徳”. 荒神山神社. 2021年9月20日閲覧。
  87. ^ お釜締め”. 国領神社. 2021年9月20日閲覧。
  88. ^ 古事記』鈴木種次郎 編 三教書院 p.39(国立国会図書館)
  89. ^ 山田知子「土俵まつり考」『大谷学報』第69巻第3号、大谷学会、1989年12月、 14-27頁、 ISSN 02876027NAID 120005766221
  90. ^ 鈴木正崇「相撲の女人禁制と伝統の再構築」『哲學』第147巻、三田哲學會、2021年3月、 103-133頁、 ISSN 0563-2099NAID 120007019008
  91. ^ 田村明子「文献資料から見る石上神宮の鎮魂と鎮魂祭 : 古代から近現代の資料を中心とした考察」『常民文化』第34号、成城大学、2011年3月、 150-127頁、 ISSN 03888908NAID 110008671623
  92. ^ 松田章一「古事記における物部伝承の考察」『金沢大学法文学部論集 文学編』第10号、金沢大学法文学部、1963年6月、 017-032頁、 ISSN 04497414NAID 120005671237
  93. ^ “古代語る刀 なお神秘の衣 石上神宮の神剣渡御祭(時の回廊)”. 日本経済新聞. (2014年7月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2901F_Q4A630C1AA1P00/ 
  94. ^ 黒田迪子「ふいご祭りの伝承とその重層性について : 祭日・祭神・供物を中心に」『國學院雜誌』第116巻第8号、國學院大學、2015年8月、 15-47頁、 ISSN 0288-2051NAID 120006538777
  95. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』p.108 黒板勝美 岩波書店(国立国会図書館)
  96. ^ 古事記』鈴木種次郎 編 三教書院 p.22-3(国立国会図書館)
  97. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』 黒板勝美 編 岩波書店 p.44-6(国立国会図書館)
  98. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』 黒板勝美 編 岩波書店 p.30(国立国会図書館)
  99. ^ 世界神話事典 p151-152、吉田
  100. ^ 人に振る舞われた大物主の恵みし神酒”. 奈良県のウォーキングポータルサイト「歩く・なら」. 2021年9月21日閲覧。
  101. ^ 加藤百一「酒神と神社 (1)」『日本釀造協會雜誌』第76巻第9号、日本醸造協会、1981年、 592-596頁、 doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.76.592ISSN 0369-416XNAID 130004325004
  102. ^ 三輪山の神語り”. 大神神社. 2021年9月19日閲覧。
  103. ^ 訓読日本書紀. 中』 黒板勝美 編 岩波書店 p.47(国立国会図書館)
  104. ^ 宇佐神宮|宇佐神宮について - 由緒
  105. ^ 村岡典嗣「平田篤胤の神学に於ける耶蘇教の影響」1920年3月、雑誌「芸文」。所収『新編日本思想史研究』2004.5平凡社東洋文庫。
  106. ^ 神道叢説』国書刊行会 p.145 「神道大意註」(国立国会図書館)
  107. ^ 国民思想叢書. 神道篇』 加藤咄堂 編 国民思想叢書刊行会 p.34 「神道大意註」
  108. ^ 斎場所 大元宮”. 吉田神社. 2021年4月22日閲覧。
  109. ^ 境外摂末社”. 嚴島神社. 2021年4月22日閲覧。
  110. ^ 重要無形民俗文化財 大元神楽”. 文化庁 国指定文化財等データベース. 2021年4月22日閲覧。
  111. ^ 黒住教教書. 第1輯(教祖訓誡七个条並歌文集)』 p295 (リンク国立国会図書館)
  112. ^ 黒住教について”. 黒住教. 2021年5月23日閲覧。
  113. ^ “天に任せよ。我を離れよ。陽気になれ。”. 臨済宗大本山 円覚寺. (2014年8月27日). https://www.engakuji.or.jp/blog/28907/ 2021年5月23日閲覧。 
  114. ^ 黒住宗忠伝』 (牧放浪 著) p28 (リンク国立国会図書館)
  115. ^ 道の志るべ : 国民精神総動員 支那事変一周年記念』 (黒住教倉吉大教会所)p13 (リンク国立国会図書館)
  116. ^ 安丸良夫「近代転換期における宗教と国家」(『日本近代思想大系第5巻(宗教と国家)』岩波書店、1988年、p497)
  117. ^ 加藤玄智 (1919). 我が国体と神道. 弘道館. p. 13. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/944003/15 (国立国会図書館)
  118. ^ a b Sun 2008, p. 115.
  119. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第二卷』平凡社p.284(国立国会図書館)
  120. ^ a b 神道大辞典 : 3巻. 第三卷』平凡社 p.292-3(国立国会図書館)
  121. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』黒板勝美 編 岩波書店 p.16(国立国会図書館)
  122. ^ 訂正古訓古事記 3巻. 1』河南儀兵衞 [ほか3名] 1803年(国立国会図書館)
  123. ^ 古訓古事記』永田調兵衞 1870年(国立国会図書館)
  124. ^ 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店 p.7(国立国会図書館)
  125. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第三卷』平凡社 p.4 (国立国会図書館)
  126. ^ 徳川家康 ー将軍家蔵書からみるその生涯ー 家康の神号”. 国立公文書館. 2021年10月2日閲覧。
  127. ^ “家康改葬(1)家康はなぜ日光で「神」になったか 「江戸の真北」に意味がある”. 産経新聞. (2015年1月17日). https://www.sankei.com/article/20150117-VBQP2UW5YNLMRND53IRZNCEY3Y/ 2021年10月2日閲覧。 
  1. ^ 日本書紀本文で大日孁貴おおひるめのむちは「天下あまのした主者きみたるもの


「神 (神道)」の続きの解説一覧

「神 (神道)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神_(神道)」の関連用語

神_(神道)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神_(神道)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神 (神道) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS