神_(神道)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 神_(神道)の意味・解説 

神 (神道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 02:24 UTC 版)

神道における(かみ)とは、自然現象などの信仰や畏怖の対象である。「八百万の神」(やおよろずのかみ)と言う場合の「八百万」(やおよろず)は、数が多いことの例えである。


  1. ^ 神道叢説 『神道大意』国書刊行会 p.8(国立国会図書館)
  2. ^ 宮地直一 (1940). 吉田叢書 第一編. 内外書籍株式会社. p. 14 
  3. ^ 井上 智勝 (2008). “近世神社通史稿”. 国立歴史民俗博物館研究報告 148. doi:10.15024/00001657. https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1674&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1. 
  4. ^ 幡鎌 一弘 (2008). “十七世紀中葉における吉田家の活動 : 確立期としての寛文期”. 国立歴史民俗博物館研究報告 148. doi:10.15024/00001659. https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1676&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1. 
  5. ^ a b 伊藤聡 2012年
  6. ^ a b c d 小学館 2021f, p. 「厠神」.
  7. ^ a b 平凡社 2021d, p. 「竈神」.
  8. ^ a b 北條 勝貴 (2008). “古代日本の神仏信仰”. 国立歴史民俗博物館研究報告 148. https://doi.org/10.15024/00001647. 
  9. ^ 小学館 2021e, p. 「八百万神」.
  10. ^ 古事記幸田成友 校訂 岩波書店 p.19(国立国会図書館)
  11. ^ 国史大系. 第13巻 経済雑誌社 編 p.268(国立国会図書館)
  12. ^ 大祓詞”. 國學院大學伝統文化リサーチセンター資料館. 2021年9月18日閲覧。
  13. ^ Nelson 1996, p. 7; Picken 2011, p. 40.
  14. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021d, p. 「自然崇拝」.
  15. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021e, p. 「精霊崇拝」.
  16. ^ Skrbina, David. (2005). Panpsychism in the West. MIT Press. 0-262-19522-4
  17. ^ Carus, Paul. (1893). "Panpsychism and Panbiotism." The Monist. Vol. 3, No. 2. pp. 234–257. JSTOR 27897062
  18. ^ 大久保 紀子 (1996). “本居宣長の神の定義について”. 日本思想史学 28. http://ajih.jp/backnumber/pdf/28_02_04.pdf. 
  19. ^ 平凡社 2021a, p. 「トーテム」.
  20. ^ 南方熊楠 『南方熊楠全集』第2巻 119頁
  21. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021a, p. 「八万四千の法門」.
  22. ^ 「我國家之王天下者 恆以天地社稷百八十神 春夏秋冬 祭拜為事 方今改拜蕃神 恐致國神之怒」日本書紀、仏教公伝
  23. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021b, p. 「蘇我稲目」.
  24. ^ 長塩智恵 (2013). “斎王の仏教忌避思想の形成”. 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要 史学編 12. http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/handle/11173/192. 
  25. ^ 巳波利江子 (1985). “8・9世紀の神社行政 : 官社制度と神階を中心として”. 寧楽史苑 (奈良女子大学史学会) 30. https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/TD00001387. 
  26. ^ 小学館 2021d, p. 「死霊崇拝」.
  27. ^ a b ブリタニカ・ジャパン 2021c, p. 「怨霊」.
  28. ^ 生身天満宮|由緒 - 日本最古の天満宮のいわれ
  29. ^ 武田佐知子編『太子信仰と天神信仰 信仰と表現の位相』思文閣出版、2010年、312頁。ISBN 978-4-7842-1473-0
  30. ^ 今泉淑夫島尾新編集『禅と天神』吉川弘文館、2000年、231-233頁。ISBN 978-4-7601-1299-9
  31. ^ 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店p.3(国立国会図書館)
  32. ^ 山本 寿夫 (1963). “四魂についてー宣長と隆正ー”. 岡山県立短期大学研究紀要 (7). doi:10.15009/00001360. https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1376&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1. 
  33. ^ 延喜式. 第1』藤原時平 他 日本古典全集刊行会 p.79(国立国会図書館)
  34. ^ 山本 陽子 (2016). “見てはならない神々の表現と受容 -日本の神々はどのように表されてきたか-”. 早稲田大学総合人文科学研究センター研究誌 4. http://hdl.handle.net/2065/00051814. 
  35. ^ a b 是澤 紀子 (2014). “近世初期三輪山における禁足の制定とその景観”. 日本建築学会計画系論文集 79 (700). doi:10.3130/aija.79.1433. https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/79/700/79_1433/_pdf/-char/ja. 
  36. ^ 中村久美 (2015). “月と鏡に関する東西考”. 天理大学学報 66 (2). ISSN 03874311. https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/repository/metadata/3690/. 
  37. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第二卷』 平凡社 p.276(国立国会図書館)
  38. ^ 古記録・古文書抄』p.52 魚澄惣五郎 編 星野書店(国立国会図書館)
  39. ^ 岡田精司 2011年 10ページ
  40. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院 p.4-5(国立国会図書館)
  41. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』黒板勝美 編 岩波書店 p.20-2(国立国会図書館)
  42. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院 p.6-8(国立国会図書館)
  43. ^ 岡田精司 2011年 10ページ
  44. ^ a b 岡田精司 2011年 7-9ページ
  45. ^ 延喜式. 第2』日本古典全集刊行会 p.50-2(国立国会図書館)
  46. ^ 古語拾遺』加藤玄智 校訂 岩波書店 p.28 p.54(国立国会図書館)
  47. ^ 小村 宏史 (2005). “「妣国根之堅州国」をめぐって -「黄泉国」との関係-”. 国文学研究 (早稲田大学国文学会) 145. http://hdl.handle.net/2065/43928. 
  48. ^ 上田 賢治 (1988). “日本神話に見る生と死”. 東洋学術研究 (東洋哲学研究所) 27 (2). http://www.totetu.org/assets/media/paper/t115_048.pdf. 
  49. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院 p.12-3(国立国会図書館)
  50. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』p.107 黒板勝美 岩波書店(国立国会図書館)
  51. ^ 原武史 (2001). “出雲神道と国家神道”. 東洋学術研究 (東洋哲学研究所) 40 (1). http://www.totetu.org/assets/media/paper/t146_178.pdf. 
  52. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』p.109 黒板勝美 岩波書店(国立国会図書館)
  53. ^ 岡田莊司. 古代・中世祭祀軸の変容と神道テクスト (Report). 名古屋大学グローバルCOEプログラム「テクスト布置の解釈学的研究と教育」. https://www.gcoe.lit.nagoya-u.ac.jp/result/pdf/230-235岡田.pdf. 第4回国際研究集会報告書
  54. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』 黒板勝美 編 岩波書店p.56(国立国会図書館)
  55. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院p.21(国立国会図書館)
  56. ^ 古事記』 鈴木種次郎 編 三教書院p.49(国立国会図書館)
  57. ^ 樋口達郎 (2017). “言語神の落日 : 記紀言語神から言霊へ”. 倫理学 (筑波大学倫理学研究会) 33. https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/records/41626#/.YUuaM-TXclQ. 
  58. ^ 葛城一言主神社”. 御所市観光ガイド (2020年12月25日). 2021年9月23日閲覧。
  59. ^ 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店 p.120(国立国会図書館)
  60. ^ 「上古史の流れの概観試論」『古樹紀之房間』、2009年
  61. ^ 南方熊楠全集 第3巻 446頁
  62. ^ 南方熊楠 『南方熊楠全集』第2巻 119頁
  63. ^ 少年社、後藤然、渡辺裕之、羽上田昌彦 『神道の本 八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界』 学研、56,57頁。
  64. ^ 劉 建華 (2019). “怨霊の神格化 ─ 和霊信仰を事例に ─”. 東北文化研究室紀要 60. http://hdl.handle.net/10097/00127845. 
  65. ^ a b 古事記』鈴木種次郎 編 三教書院 p.86-8(国立国会図書館)
  66. ^ 訓読日本書紀. 中』 黒板勝美 編 岩波書店 p.44-7(国立国会図書館)
  67. ^ 小林宣彦 (2015). “律令制の成立と祭祀 : 出雲神郡の成立を中心に”. 國學院雑誌 (國學院大學) 116 (9). https://opac.kokugakuin.ac.jp/webopac/TC01619089. 
  68. ^ 古語拾遺』 加藤玄智 校訂 岩波書店 p.49-50 p.66(国立国立図書館)
  69. ^ a b 佐藤 弘夫 (1999). “祟り神の変身--祟る神から罰する神へ”. 日本思想史学 (日本思想史学会) 35. http://ajih.jp/backnumber/pdf/31_02_01.pdf. 
  70. ^ 祝詞宣命 : 校註』次田潤 著 明治書院 p.86(国立国会図書館)
  71. ^ 木村大樹 (2016). “御体御卜の成立と変遷に関する一考察”. 國學院大學大学院紀要 文学研究科 47. https://opac.kokugakuin.ac.jp/webopac/TC01619134. 
  72. ^ 國分篤志 (2015). “史料・神事にみる卜占の手法 : 考古資料との比較を中心に”. 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 (千葉大学大学院人文社会科学研究科) 290. https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/100266/. 
  73. ^ 浅岡 悦子. (2017). “古代卜部氏の研究 : 『新撰亀相記』からみる祭祀氏族の系譜”. 人間文化研究 (名古屋市立大学) 27. http://id.nii.ac.jp/1124/00001614/. 
  74. ^ フェティシズム(呪物崇拝物神崇拝)をアニミズムの一部としてみる人類学者タイラーの説が一般的なコンセンサスとして受け入れられており、呪物崇拝は人工物に宿る神霊の崇拝を含む。
  75. ^ a b 小学館 2021j, p. 「フェティシズム」.
  76. ^ Kato Genchi— A Neglected Pioneer in Comparative Religion — Naomi Hylkema-Vos, Japanese Journal of Religious Studies 1990 17/4. p384
  77. ^ Dr. Genchi Kato's monumental work on Shinto, Daniel C. Holtom. 明治聖徳記念学会第47巻、昭和12年 1937/04/ p7-14
  78. ^ 黄川田啓子「竈神信仰の研究」『東北民俗』五輯、1970年、東北民俗の会
  79. ^ 小学館 2021h, p. 「呪物崇拝」.
  80. ^ 小学館 2021i, p. 「呪物崇拝」.
  81. ^ ポール=ロラン・アスン『フェティシズム』白水社(文庫クセジュ)、2008年
  82. ^ a b 小学館 2021k, p. 「フェティシズム」.
  83. ^ a b c d e f g h i j k A Study of Shinto: The Religion of the Japanese Nation, By Genchi Katu, Copyright Year 2011, ISBN 9780415845762, Published February 27, 2013 by Routledge , Chapter III Fetishism and Phallicism
  84. ^ 世界宗教用語大事典、中経出版 URL=https://www.weblio.jp/content/%E5%BE%A1%E9%8D%AC%E7%A5%AD?dictCode=SSYGD
  85. ^ a b c d e f SHINTO (THE WAY OF THE GODS) BY W. G. ASTON, C.M.G, D.Lit., LONGMANS, GREEN, AND CO. 39 PATERNOSTER ROW, LONDON NEW YORK AND BOMBAY, 1905, p.65-75, p.73, p.159
  86. ^ KOKUTAI - POLITICAL SHINTÔ FROM EARLY-MODERN TO CONTEMPORARY JAPAN, Klaus Antoni, Eberhard Karls University Tübingen: Tobias-lib Tübingen 2016, p259
  87. ^ 桜井徳太郎編『民間信仰辞典』東京堂出版、1980年、85-86頁。ISBN 978-4-490-10137-9
  88. ^ ご祭神とご神徳”. 荒神山神社. 2021年9月20日閲覧。
  89. ^ お釜締め”. 国領神社. 2021年9月20日閲覧。
  90. ^ 古事記』鈴木種次郎 編 三教書院 p.39(国立国会図書館)
  91. ^ 山田 知子 (1989). “土俵まつり考”. 大谷学報 69 (3). http://id.nii.ac.jp/1374/00001530/. 
  92. ^ 鈴木正崇 (2021). “相撲の女人禁制と伝統の再構築”. 哲學 (三田哲学会) 147. https://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00150430-00000147-0103. 
  93. ^ 田村 明子 (2011). “文献資料から見る石上神宮の鎮魂と鎮魂祭 : 古代から近現代の資料を中心とした考察”. 常民文化 34. http://id.nii.ac.jp/1109/00000874/. 
  94. ^ 松田 章一 (1963). “古事記における物部伝承の考察”. 金沢大学法文学部論集. 文学篇 17. http://hdl.handle.net/2297/43584. 
  95. ^ “古代語る刀 なお神秘の衣 石上神宮の神剣渡御祭(時の回廊)”. 日本経済新聞. (2014年7月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2901F_Q4A630C1AA1P00/ 
  96. ^ 黒田迪子 (2015). “ふいご祭りの伝承とその重層性について : 祭日・祭神・供物を中心に”. 國學院雑誌 116 (8). https://kaiser.kokugakuin.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=v3search_view_main_init&block_id=323&direct_target=catdbl&direct_key=%2554%2543%2530%2531%2536%2531%2539%2530%2538%2533&lang=english#catdbl-TC01619083. 
  97. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』p.108 黒板勝美 岩波書店(国立国会図書館)
  98. ^ 古事記』鈴木種次郎 編 三教書院 p.22-3(国立国会図書館)
  99. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』 黒板勝美 編 岩波書店 p.44-6(国立国会図書館)
  100. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』 黒板勝美 編 岩波書店 p.30(国立国会図書館)
  101. ^ 世界神話事典 p151-152、吉田
  102. ^ 人に振る舞われた大物主の恵みし神酒”. 奈良県のウォーキングポータルサイト「歩く・なら」. 2021年9月21日閲覧。
  103. ^ 加藤 百一 (1981). “酒神と神社 (1)”. 日本醸造協会雑誌 76 (9). doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.76.592. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1915/76/9/76_9_592/_pdf/-char/ja. 
  104. ^ 三輪山の神語り”. 大神神社. 2021年9月19日閲覧。
  105. ^ 訓読日本書紀. 中』 黒板勝美 編 岩波書店 p.47(国立国会図書館)
  106. ^ 宇佐神宮|宇佐神宮について - 由緒
  107. ^ 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店p.3(国立国会図書館)
  108. ^ 村岡典嗣「平田篤胤の神学に於ける耶蘇教の影響」1920年3月、雑誌「芸文」。所収『新編日本思想史研究』2004.5平凡社東洋文庫。
  109. ^ 斎場所 大元宮”. 吉田神社. 2021年4月22日閲覧。
  110. ^ 境外摂末社”. 嚴島神社. 2021年4月22日閲覧。
  111. ^ 重要無形民俗文化財 大元神楽”. 文化庁 国指定文化財等データベース. 2021年4月22日閲覧。
  112. ^ 黒住教教書. 第1輯(教祖訓誡七个条並歌文集)』 p295 (リンク国立国会図書館)
  113. ^ 黒住教について”. 黒住教. 2021年5月23日閲覧。
  114. ^ “天に任せよ。我を離れよ。陽気になれ。”. 臨済宗大本山 円覚寺. (2014年8月27日). https://www.engakuji.or.jp/blog/28907/ 2021年5月23日閲覧。 
  115. ^ 黒住宗忠伝』 (牧放浪 著) p28 (リンク国立国会図書館)
  116. ^ 道の志るべ : 国民精神総動員 支那事変一周年記念』 (黒住教倉吉大教会所)p13 (リンク国立国会図書館)
  117. ^ 安丸良夫「近代転換期における宗教と国家」(『日本近代思想大系第5巻(宗教と国家)』岩波書店、1988年、p497)
  118. ^ a b Sun 2008, p. 115.
  119. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第二卷』平凡社p.284(国立国会図書館)
  120. ^ a b 神道大辞典 : 3巻. 第三卷』平凡社 p.292-3(国立国会図書館)
  121. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』黒板勝美 編 岩波書店 p.16(国立国会図書館)
  122. ^ 訂正古訓古事記 3巻. 1』河南儀兵衞 [ほか3名] 1803年(国立国会図書館)
  123. ^ 古訓古事記』永田調兵衞 1870年(国立国会図書館)
  124. ^ 古事記』幸田成友 校訂 岩波書店 p.7(国立国会図書館)
  125. ^ 神道大辞典 : 3巻. 第三卷』平凡社 p.4 (国立国会図書館)
  126. ^ 徳川家康 ー将軍家蔵書からみるその生涯ー 家康の神号”. 国立公文書館. 2021年10月2日閲覧。
  127. ^ “家康改葬(1)家康はなぜ日光で「神」になったか 「江戸の真北」に意味がある”. 産経新聞. (2015年1月17日). https://www.sankei.com/article/20150117-VBQP2UW5YNLMRND53IRZNCEY3Y/ 2021年10月2日閲覧。 


「神 (神道)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神_(神道)」の関連用語

神_(神道)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神_(神道)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神 (神道) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS