持統天皇とは? わかりやすく解説

じとう‐てんのう〔ヂトウテンワウ〕【持統天皇】


持統天皇

持統天皇は、名を野讃良皇女といい、諡を大倭根子天之広野日女という。
657年大海人皇子(天武天皇)の妃となった
中大兄皇子(天智天皇)らが計画した百済救援兵を挙げたときに夫の大海人皇子随行したという。
663年白村江(はくすきのえ・「はくそんこう」ともいう)の戦いで倭国軍百済軍は唐・新羅連合軍大攻勢を受けて大敗北すると、大海人皇子とともに大和帰国した
この間斉明天皇崩御しまた、筑紫草壁皇子生んだ
この後中大兄皇子即位して天智天皇となり近江大津宮遷都したのでとともに移った
天智天皇大友皇子(弘文天皇)を寵愛しているのをみて、大海人皇子吉野出家した持統も草皇子とともに行動を共にした。
この対立は、大海人皇子吉野側が大友皇子(弘文天皇)の近江側を破り大友皇子自害する及んで吉野側の勝利終わった(「壬申の乱」という)。
この後飛鳥入り飛鳥浄御原宮造営し673年即位して夫の大海人皇子天武天皇となった
即位とともに持統皇后となり、686年天武天皇崩御まで天皇を補佐して崩御後皇后身分政治をみた(「称制」という)。
この称制の期間は686年から689年といわれている。
持統皇子草壁擁立して後任を託そうとしたが、天武天皇父母同じくする姉妹大田皇女との間に生まれた大津皇子謀反川島皇子によりもたらされて、強権発動して大津皇子らを捕縛し死罪とした。
これにより安泰にみえた持統であったが、草壁皇子病を得689年薨去した。
690年に自ら即位して持統天皇となる。
694年中国の都を模した藤原京」に遷都
持統朝では、「八省百寮」の選任が行われ、「庚寅年籍」が作成された。
697年草壁皇子阿閉皇女(元明天皇)の間に生まれた軽皇子皇位譲って太上天皇となりその後見をしたが、702年崩御した。


持統天皇 檜隈大内陵
(じとうてんのう ひのくまのおおうちのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第41
天 皇 名 :持統天皇
じとうてんのう
御   父 天智天皇
御   母 :嬪蘇我遠智娘
御 陵 名 檜隈内
(ひのくまのおおうちみささぎ
陵   形 円丘
合   葬 天武天皇合葬
所 在 地 奈良県高市郡明日香村大字野口
交通機関等 近鉄飛鳥下車  東へ0.8km
陵印保管場所 畝傍陵墓監区事務所

持統天皇

読み方:ジトウテンノウ(jitoutennou)

初演 正徳5.夏(大坂篠塚座)


持統天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 09:54 UTC 版)

持統天皇(じとうてんのう、645年大化元年〉 - 703年1月13日大宝2年12月22日〉)は、日本の第41代天皇(在位:690年2月14日〈持統天皇4年1月1日〉 - 697年8月22日〈持統天皇11年8月1日〉)。天武天皇皇后天智天皇の娘、天武天皇のにあたる)。皇室史上3人目の女性天皇[2]


注釈

  1. ^ 同一人である可能性を指摘しつつ「同一人か否かは問題がある」とする説もある[5]
  2. ^ 北山茂夫は、皇族出身の妻のうちただ一人、と限定する[8]
  3. ^ これには新制度が定めた官職を補充するために人材の数が必要になったという事情もあったであろうが、皇位継承のライバルとなる皇族の登用を持統天皇が望まなかったという可能性も指摘される[17]
  4. ^ 本間満はその根拠として軽皇子の立太子に関する記事について、『続日本紀』の文武天皇の即位前紀には記されているものの、肝心の『日本書紀』の持統天皇紀には東宮職員の任命記事こそあるものの立太子と言う重要な出来事には全く触れられておらず、天武天皇の諸皇子の皇位継承を巡る動きの中で、軽皇子の立太子が行い得なかったとする[30]
  5. ^ 『後漢書』明徳馬皇后紀にほぼ同文があると指摘されている[35]
  6. ^ 西郷信友は、壬申の乱の後に詠んだとの注釈によって天武天皇を指して詠まれたと一般に解される大伴御行の2首を、持統天皇による藤原京造営にあてる。そうすると、「大君は神にしませば」とは持統天皇の代に固有のものになる。
  7. ^ 桑田王の母は石川夫人という説もある為、この説に則った場合、桑田王の子孫に持統天皇の血は入っていない事になる。

出典

  1. ^ 直木 1985, p. 1.
  2. ^ 瀧浪貞子『女性天皇』(集英社、2004年)89頁
  3. ^ 告井幸男「名代について」(京都女子大学史学会編『史窓』第71号、2014年)http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/1496/1/0030_071_001.pdf
  4. ^ 直木, pp. 51–53.
  5. ^ 新編古典文学全集『日本書紀』第5巻178頁注2
  6. ^ 『日本書紀』持統紀即位前紀「天命開別天皇元年生草壁皇子於大津宮」
  7. ^ 直木, pp. 122–123.
  8. ^ 北山, p. 132.
  9. ^ 直木, pp. 160–161.
  10. ^ 北山, p. 153.
  11. ^ 北山, pp. 155, 159–160.
  12. ^ 『日本書紀』巻第三十
  13. ^ 北山, p. 165; 直木, p. 206.
  14. ^ 上田 1996, pp. 153–155.
  15. ^ 熊谷 2008, pp. 343–344.
  16. ^ 北山, pp. 184–185.
  17. ^ 直木, pp. 213–215.
  18. ^ 渡辺, pp. 30, 37.
  19. ^ 渡辺, p. 33.
  20. ^ 直木, pp. 217–219.
  21. ^ 直木 1985, p. 193.
  22. ^ 直木 1985, p. 194.
  23. ^ 北山, pp. 177–182.
  24. ^ 『日本書紀』、巻第三十
  25. ^ 直木, pp. 226–227.
  26. ^ 北山, pp. 202–203.
  27. ^ 北山, pp. 210–212.
  28. ^ 直木.
  29. ^ 懐風藻』葛野王の伝。小島憲之・校注『懐風藻・文華秀麗集・本朝文粋』(日本古典文学大系69)81-82頁。
  30. ^ 本間 2014, pp. 222–227, 229.
  31. ^ 北山, pp. 2230–231.
  32. ^ 直木, pp. 257–269.
  33. ^ a b 直木 1985, p. 274.
  34. ^ 直木 1985, p. 275.
  35. ^ 持統即位前紀。新編日本古典文学全集版『日本書紀』474頁注12
  36. ^ 遠山 2007, pp. 38, 42–51.
  37. ^ 直木孝次郎 著「持統天皇と呂太后」、三品彰英 編 『日本書紀研究 第1冊』塙書房、1964年。 
  38. ^ 倉本 2007, pp. 35–36.
  39. ^ 北山, pp. 153–154; 直木, pp. 182–188.
  40. ^ 『万葉集』巻2、109。岩波文庫『新訓万葉集』75頁。
  41. ^ 吉永登「大津皇子とその政治的背景」『日本文学』5巻1号、1956年
  42. ^ 直木孝次郎 『古代国家の成立』中央公論社〈中公文庫 日本の歴史2〉、1973年、377-378頁。 
  43. ^ 外池昇 『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』吉川弘文館、2005年、49-52頁。 


「持統天皇」の続きの解説一覧



持統天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

持統天皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持統天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2022.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2022 Imperial Household Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持統天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS