西行とは?

さいぎょう さいぎやう 【西行】

○1118~1190平安末期から鎌倉初期歌僧俗名佐藤義清のりきよ)。法号円位大宝房など。もと北面の武士二三歳で出家陸奥むつ)から四国九州まで諸国を旅し、河内弘川寺没す生活体験のにじみ出た述懐歌にすぐれ、「新古今集」では集中最高の九四首が入集家集山家集」、聞書西公談抄」がある。
西行法師天下遍歴したことから〕 諸所諸国遍歴者。

せい こう -かう [0] 【西行】

( 名 ) スル
西の方へ行くこと。

さいぎょう 【西行】

平安末−鎌倉初期歌僧藤原秀郷末孫俗名佐藤義清法名円位鳥羽院北面の武士だったが二三歳で出家諸国行脚しながら自然と心境を詠み、独自の詠風を築いた。歌集山家集』など。(一一一八~九〇)

西行

作者村上元三

収載図書西行
出版社徳間書店
刊行年月1993.10
シリーズ名徳間文庫


西行

読み方:さいぎょう

  1. にし(辛螺)をいふ、女詞。
  2. 田螺(たにし)を云ふ。

分類 女ことば

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

西行

読み方:サイギョウ(saigyou)

初演 延享2.2(京・中太郎座)


西行

読み方:サイギョウ(saigyou)

分野 室町物語

年代 室町時代

作者 作者未詳


西行

読み方:サイギョウ(saigyou)

分野 浄瑠璃

年代 成立未詳

作者 作者未詳


西行

読み方:サイギョウ(saigyou)

作者 小林秀雄

初出 昭和17年

ジャンル 随筆


西行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 08:44 UTC 版)

西行(さいぎょう)、元永元年(1118年) - 文治6年2月16日1190年3月31日)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士僧侶歌人。父は左衛門尉・佐藤康清、母は監物・源清経女。同母兄弟に仲清があり、子に隆聖、女子(単に西行の娘と呼ばれる)がある。俗名は佐藤 義清(さとう のりきよ)。憲清、則清、範清とも記される。出家して法号は円位、後に西行、大本房、大宝房、大法房とも称す。




  1. ^ a b 「生誕900年 西行展/理想移す多彩な肖像/歌と旅の生涯 ルーツの和歌山で」『毎日新聞』夕刊2018年11月12日(6面)2018年11月18日閲覧
  2. ^ 史実かどうかは不明だが、仏教説話としてオーバーに表現されている面はありうる。
  3. ^ 古来、西行の歌か否か真偽のほどが問われていた歌であるが、1674年(延宝2年)板本系統の『西行上人集』に収録されている
  4. ^ 西行が人造人間を造った話…鬼は人を造る技術を持っていた?!


「西行」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「西行」の関連用語

西行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



西行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS