幸田露伴とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 幸田露伴の意味・解説 

こうだろはんかうだ- 【幸田露伴】 ○

1867~1947小説家随筆家考証家。江戸下谷生まれ本名成行しげゆき別号蝸牛庵かぎゆうあんなど。明治20年代尾崎紅葉並び称され、恋愛芸道理想男性的気魄きはく満ち文章表現。のち東洋博学基盤随筆史伝考証に独自の境地開拓小説風流仏」「五重塔」「連環記」、史伝運命」、また「評釈芭蕉七部集」など。

幸田露伴

読み方こうだ ろはん

小説家随筆家東京生。名は成行、号は蝸牛庵電信修技学校卒業電信技手として北海道赴任するが、文学への思いやまず帰京。『露団々』『風流仏』などの作品によって理想派の作家として文名確立写実派の尾崎紅葉人気二分した。代表作に『五重塔』『一口剣』等。芸術院会員文化勲章受章昭和22年(1947)歿、80才。

幸田 露伴 (こうだ ろはん)

1867〜1947 (慶応3年昭和22年)
小説家随筆家】 急速に失われる江戸文化を嘆いた江戸っ子文士兄弟多彩活躍
明治昭和期小説家随筆家考証家。本名成行(しげゆき)。別号蝸牛庵(かぎゆうあん)・脱天子など多数江戸下谷三枚橋幕府表坊主役の家に生まれる。兄弟実業家幸田成常、千島探検郡司成忠歴史家幸田成友音楽家幸田延安藤幸多彩電信修技学校卒業1889年明治22電信技師として赴任した北海道余市から帰京、「露団々(つゆだんだん)」を発表以後風流仏」「五重塔」などで作家地位確立写実紅葉(尾崎紅葉)、理想主義露伴並び称された。

 年(和暦)
1867年 (慶応3年) 大政奉還 0才
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 1才
1869年 (明治2年) 版籍奉還 2才
1871年 (明治4年) 廃藩置県 4才
1871年 (明治4年) 解放令 4才
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 6才
1876年 (明治9年) 廃刀令 9才
1877年 (明治10年) 西南戦争 10
1877年 (明治10年) 東京大学設立 10
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 15才
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 16才
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 22才
1894年 (明治27年) 日清戦争 27
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 36
1904年 (明治37年) 日露戦争 37
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 40
1910年 (明治43年) 韓国併合 43
1918年 (大正7年) 米騒動 51
1923年 (大正12年) 関東大震災 56
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 61
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 65
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 69
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 74
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 78
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 79


 人物
内村 鑑三 1861年1930年 (文久元年昭和5年) +6
二葉亭 四迷 1864年1909年 (元治元年明治42年) +3
津田 梅子 1864年1929年 (元治元年昭和4年) +3
夏目 漱石 1867年1916年 (慶応3年大正5年) 0
山田 美妙 1868年1910年 (明治元年明治43年) -1
川上 貞奴 1871年1946年 (明治4年昭和21年) -4
樋口 一葉 1872年1896年 (明治5年明治29年) -5

幸田露伴

幸田露伴の俳句

名月や露の流るる鉄兜
秋深しふき井に動く星の数
蟇の腹王を呑んだる力かな
長き夜をたたる将棋の一ト手哉
 

幸田露伴

以下の映画幸田露伴関連しています。


幸田露伴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 22:30 UTC 版)

幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日慶応3年7月23日) - 1947年昭和22年)7月30日)は、日本小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん[1])、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。娘の幸田文随筆家・小説家。高木卓の伯父。


  1. ^ 家をもたないカタツムリに擬した命名。度々引っ越しを余儀なくされた自宅を指す。(小林勇『蝸牛庵訪問記』)
  2. ^ a b c d e f 青木玉 『記憶の中の幸田一族』 講談社文庫、2009年、略系図、「母を語る」「祖父のこと、母のこと」など
  3. ^ 『ちくま日本文学023 幸田露伴』 年譜
  4. ^ 「露伴の出世咄」、『思い出す人々』(内田魯庵、岩波文庫)所収。
  5. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)138頁
  6. ^ のち幸田文が小説『おとうと』として発表した
  7. ^ 雑誌「藝林閒歩」1947年(昭和22年)「露伴先生記念号」。ただし、雑誌発行は露伴の没した直後であった
  8. ^ 『新潮日本文学アルバム 幸田文』新潮社
  9. ^ 国指定文化財等データベース 「明治村幸田露伴住宅蝸牛庵」


「幸田露伴」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幸田露伴」の関連用語

幸田露伴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幸田露伴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2018 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幸田露伴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS