津田 梅子とは?

つだうめこ 【津田梅子】


津田梅子 つだ うめこ

津田梅子の肖像 その1
元治元年12月3日昭和4年8月16日(1864~1929)

東京生まれ。教育家。父は幕臣農学者となった津田仙明治4年(1871)開拓使募集した女子留学生一人として岩倉遣外使節とともに数え8歳で渡米初等・中等教育を受け、15年(1882)帰国華族女学校教授になったが、22年1889)再び米国留学し、ブリンマー=カレッジ生物学選科生となる。25年1892)に帰国後は華族女学校教授復帰、のち女子高等師範学校教授兼任33年1900)に辞職し、女子英学塾(現津田塾大学)を創立して、英語教育個性尊重する教育に努め、女子高教育先駆者となった。

キーワード 教育家
号・別称 むめ
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 今世女訓 / 西川政徳三松堂, 明34.10 <YDM9741>
  2. 女学生の栞 / 松原岩五郎博文館, 明36.6 <YDM49067>
  3. 英文小品五題 / Edgeworth著 ; 津田梅子校 . 訂2版 丁未出版社, 明44.2 <YDM83968>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

津田 梅子 (つだ うめこ)

1864〜1929 (元治元年昭和4年)
教育家明治政府派遣した最初の女留学生教育女性地位向上を目指した。
明治大正期教育家江戸牛込生れ1871年明治4)8歳にして岩倉使節団同行して渡米82年帰国日本語忘れ日本生活・文化への適応苦労した。85年から華族女学校教鞭をとるが、男尊女卑日本新しい女教育必要性感じ89年渡米。ブリンマー大学選科生となる。92年帰国すると、自ら寄付金集め1900年女子英学塾(現、津田塾大学)を東京麹町設立した。

 年(和暦)
1867年 (慶応3年) 大政奉還 3才
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 4才
1869年 (明治2年) 版籍奉還 5才
1871年 (明治4年) 廃藩置県 7才
1871年 (明治4年) 解放令 7才
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 9才
1876年 (明治9年) 廃刀令 12
1877年 (明治10年) 西南戦争 13
1877年 (明治10年) 東京大学設立 13
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 18
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 19才
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 25
1894年 (明治27年) 日清戦争 30
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 39
1904年 (明治37年) 日露戦争 40
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 43
1910年 (明治43年) 韓国併合 46
1918年 (大正7年) 米騒動 54
1923年 (大正12年) 関東大震災 59
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 64


 人物
快楽亭 ブラック 1858年1923年 (安政5年大正12年) +6
田中 長兵衛 1858年1924年 (安政5年大正13年) +6
妻木 頼黄 1859年1916年 (安政6年大正5年) +5
Bigot G. 1860年1927年 (万延元年昭和2年) +4
内村 鑑三 1861年1930年 (文久元年昭和5年) +3
二葉亭 四迷 1864年1909年 (元治元年明治42年) 0
夏目 漱石 1867年1916年 (慶応3年大正5年) -3
幸田 露伴 1867年1947年 (慶応3年昭和22年) -3
山田 美妙 1868年1910年 (明治元年明治43年) -4

津田梅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 00:33 UTC 版)

津田 梅子(つだ うめこ、元治元年12月3日1864年12月31日) - 昭和4年(1929年8月16日)は、日本教育者。日本における女子教育の先駆者と評価される。女子英學塾(のちの津田塾大学)創立者。


注釈

  1. ^ 父・津田仙下総佐倉藩の家臣小島氏の出身で、幕臣であった津田家の婿養子となっている。
  2. ^ 当時森有礼が駐米小弁務使であった。
  3. ^ 帰国直後は、家族と挨拶を交わすのにも難儀したといわれる。
  4. ^ 1885年(明治18年)9月、宮内省御用掛、奏任官に准じ取り扱い。同年11月、華族女学校教授に任じる。

出典

  1. ^ Morgan, T. H. ,Tsuda, U. (1894). “The Orientation of the Frog's Egg”. Quarterly Journal of Microscopical Science Vol s2-35, Issue 139: 373-405, plate 24, 25. 
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)18頁
  3. ^ “新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 財務省, (2019年4月9日), https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html 2019年4月9日閲覧。 
  4. ^ “新紙幣を正式に発表 一万円札の裏は東京駅”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年4月9日). https://www.sankei.com/economy/news/190409/ecn1904090008-n1.html 2019年4月9日閲覧。 
  5. ^ 『第10巻 津田梅子: レジェンド・ストーリー』学研プラス, 2015/02/10「私だからこそできること」[要文献特定詳細情報]
  6. ^ 教育の変革を担った女性 津田梅子”. 内閣府. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ Bryn Mawr College Calendar, 1914
  8. ^ 古木 1992, p. 129.
  9. ^ 『官報』第1123号「叙任及辞令」1887年4月1日。
  10. ^ 『官報』第2966号「叙任及辞令」1893年5月22日。
  11. ^ 『官報』第4276号「叙任及辞令」1897年10月1日。
  12. ^ 『官報』第4964号「叙任及辞令」1900年1月22日。
  13. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。
  14. ^ 丹羽基二『姓氏—苗字研究の決定版』(秋田書店、1970年)[要ページ番号]


「津田梅子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津田 梅子」の関連用語

津田 梅子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



津田 梅子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2020 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津田梅子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS