田中 長兵衛とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 田中 長兵衛の意味・解説 

田中 長兵衛 (たなか ちょうべえ)

1858〜1924 (安政5年大正13年)
実業家日本で初のコークス製鉄技術確立挫折しかけた近代製鉄業を救った。
明治大正期実業家江戸大根河岸鉄金問屋の子として生まれた。製鉄事業には素人なだったが官営行きづまった釜石鉱山買い取り横山久太郎とともに再興尽力した。84年明治17)に認可を受け、2年間の度重なる失敗乗り越えコークス高炉操業に見事成功した。1924年大正13第一次大戦後の不況大震災経営破綻三井鉱山吸収された。

 年(和暦)
1858年 (安政5年) 安政の大獄 0才
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 2才
1862年 (文久2年) 生麦事件 4才
1863年 (文久3年) 薩英戦争 5才
1867年 (慶応3年) 大政奉還 9才
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 10
1869年 (明治2年) 版籍奉還 11
1871年 (明治4年) 廃藩置県 13
1871年 (明治4年) 解放令 13
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 15才
1876年 (明治9年) 廃刀令 18
1877年 (明治10年) 西南戦争 19才
1877年 (明治10年) 東京大学設立 19才
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 24
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 25
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 31
1894年 (明治27年) 日清戦争 36
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 45
1904年 (明治37年) 日露戦争 46
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 49
1910年 (明治43年) 韓国併合 52
1918年 (大正7年) 米騒動 60
1923年 (大正12年) 関東大震災 65


 人物
Conder J. J. 1852年1920年 (嘉永5年大正9年) +6
Eckeert Franz Von 1852年1916年 (嘉永5年大正5年) +6
島田 三郎 1852年1923年 (嘉永5年大正12年) +6
高村 光雲 1852年1934年 (嘉永5年昭和9年) +6
明治天皇 1852年1912年 (嘉永5年大正元年) +6
Fenollosa E. F. 1853年1908年 (嘉永6年明治41年) +5
高橋 是清 1854年1936年 (安政元年昭和11年) +4
田口 卯吉 1855年1905年 (安政2年明治38年) +3
浅井 忠 1856年1907年 (安政3年明治40年) +2
高木 正年 1856年1934年 (安政3年昭和9年) +2
快楽亭 ブラック 1858年1923年 (安政5年大正12年) 0
妻木 頼黄 1859年1916年 (安政6年大正5年) -1
Bigot G. 1860年1927年 (万延元年昭和2年) -2
内村 鑑三 1861年1930年 (文久元年昭和5年) -3
二葉亭 四迷 1864年1909年 (元治元年明治42年) -6
津田 梅子 1864年1929年 (元治元年昭和4年) -6

田中長兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/03 08:44 UTC 版)

田中 長兵衛(たなか ちょうべい、天保5年(1834年) - 明治34年(1901年11月7日)は、幕末・明治期の実業家。日本で初めて洋式の民間製鉄所を設立するなど、日本近代製鉄の礎を築いたとされる。




  1. ^ 駿河国清水(現在の静岡県)の生まれという説もある。
  2. ^ 御用商人であった田中家に婿養子に入ったとも言われる。(長兵衛の本姓は新井との説が有る)
  3. ^ 2008年9月現在。


「田中長兵衛」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田中 長兵衛」の関連用語

田中 長兵衛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



田中 長兵衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中長兵衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS