田口 卯吉とは?

たぐち‐うきち【田口卯吉】

[1855〜1905]経済学者文明史家江戸生まれ。号、鼎軒(ていけん)。「東京経済雑誌」を創刊自由貿易唱え政府経済政策批判明治27年(1894)より衆議院議員。「群書類従」「国史大系」を編集刊行。著「日本開化小史」など。

田口卯吉の画像

田口卯吉 たぐち うきち

田口卯吉の肖像 その1
安政2年4月29日明治38年4月13日(1855~1905)

東京生まれ経済学者歴史家、政治家。父は幕臣最初医学を志したが、大蔵省翻訳局で英語・経済学を修め、『日本開化小史』(1877~82)、『自由貿易日本経済論』(1878)等を著す。明治11年(1878)辞職翌年経済雑誌社を興し「東京経済雑誌」を刊行多く論説発表する一方東京株式取引所鉄道経営等にも関与した。27年(1894)以降衆議院議員また、群書類従』(1894)、『国史大系』(1901)等、大部史料叢書復刻編集した。法学博士

キーワード 学者
号・別称 鼎軒(ていけん)
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 日本経済論 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明11.1 <YDM40376>
  2. 大英商業史. [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8], [9], [10], [11], [12], [13], [14], [15], [16], [17] / レヲン・レヴィー著 ; 田口卯吉, 藤田静訳 律書房〔ほか〕, 明12.10 <YDM43560>
  3. 経済策 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明15.5 <YDM40175>
  4. 商家必携手形之心得 / 田口卯吉編 ; 望月二郎校 . 2版 経済雑誌社, 明15.6 <YDM35298>
  5. 日本開化小史 巻之1-6. [1], [2], [3], [4], [5], [6] / 田口卯吉著 田口卯吉, 1881-1884 <YDM875>
  6. 日本開化之性質 / 田口卯吉(鼎軒)著 経済雑誌社, 明18.9 <YDM39672>
  7. 読薩長論 / 田口卯吉(鼎軒)著 嵩山房, 明19.5 <YDM28251>
  8. 日本開化之性質 / 田口卯吉著 青木嵩山堂, 明19.1 <YDM27378>
  9. 日本開化之性質 / 田口卯吉著 ; 覚張栄三郎点 明三閣, 明19.12 <YDM39673>
  10. 日本の意匠及情交 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明19.6 <YDM39678>
  11. 経済策 / 田口卯吉著 . 2版 経済雑誌社, 明20.3 <YDM40176>
  12. 支那開化小史 / 田口卯吉著 . 2版 経済雑誌社, 明20.12 <YDM3085>
  13. 支那開化小史 / 田口卯吉著 宮川仁吉, 1888 <YDM3086>
  14. 条約改正論 / 田口卯吉述 経済雑誌社, 明22.10 <YDM29645>
  15. 大家演説集 / 鈴木久鈴木久, 明22.4 <YDM202695>
  16. 処世之方針 / 片桐正雄(苦楽道人)編 交益社, 明22.11 <YDM10481>
  17. 経済策 続 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明23.5 <YDM40177>
  18. 日本外史ト読史余論 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 1892 <YDM970>
  19. 居留地制度と内地雑居 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明26.10 <YDM29621>
  20. 史海 日本之部 第1-9巻,第10-27巻. [1], [2] / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明25, 27 <YDM602>
  21. 帝国財政意見 / 田口卯吉著 大経済社, 明27.5 <YDM40774>
  22. 日本経済論 / 田口卯吉著 . 3版 経済雑誌社, 明29.4 <YDM40377>
  23. 非新貨幣法 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明30.3 <YDM301043>
  24. 楽天録 / 田口卯吉(鼎軒)著 経済雑誌社, 明31.6 <YDM102459>
  25. 商業史歌 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明34.6 <YDM43357>
  26. 古代の研究 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 1902 <YDM1552>
  27. 破黄禍論 / 田口卯吉著 経済雑誌社, 明37.6 <YDM39687>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

田口卯吉


田口 卯吉 (たぐち うきち)

1855〜1905 (安政2年明治38年)
経済学者】 「エコノミスト」の日本版「東京経済雑誌」を20代で主催政府保護貿易徹底して批判した。
明治期経済学者歴史家江戸生まれる。維新後大蔵省翻訳局で経済学を学ぶ。1877年明治10)からを刊行した「日本開化小史」では政府保護貿易批判79年エコノミスト」に範をとった「東京経済雑誌」を刊行英国模範自由貿易主張した。また「群書類従」「国史大系」など史書編纂歴史学にも多大業績を残した。実業界では両毛鉄道経営東京株式取引所などに関係。東京府会議院から94年以後衆議院議員

 年(和暦)
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 0才
1858年 (安政5年) 安政の大獄 3才
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 5才
1862年 (文久2年) 生麦事件 7才
1863年 (文久3年) 薩英戦争 8才
1867年 (慶応3年) 大政奉還 12
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 13
1869年 (明治2年) 版籍奉還 14才
1871年 (明治4年) 廃藩置県 16才
1871年 (明治4年) 解放令 16才
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 18
1876年 (明治9年) 廃刀令 21
1877年 (明治10年) 西南戦争 22才
1877年 (明治10年) 東京大学設立 22才
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 27
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 28
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 34
1894年 (明治27年) 日清戦争 39
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 48
1904年 (明治37年) 日露戦争 49


 人物
Balz E. 1849年1913年 (嘉永2年大正2年) +6
星 亨 1850年1901年 (嘉永3年明治34年) +5
小泉 八雲 1850年1904年 (嘉永3年明治37年) +5
Conder J. J. 1852年1920年 (嘉永5年大正9年) +3
Eckeert Franz Von 1852年1916年 (嘉永5年大正5年) +3
島田 三郎 1852年1923年 (嘉永5年大正12年) +3
高村 光雲 1852年1934年 (嘉永5年昭和9年) +3
明治天皇 1852年1912年 (嘉永5年大正元年) +3
Fenollosa E. F. 1853年1908年 (嘉永6年明治41年) +2
高橋 是清 1854年1936年 (安政元年昭和11年) +1
浅井 忠 1856年1907年 (安政3年明治40年) -1
高木 正年 1856年1934年 (安政3年昭和9年) -1
快楽亭 ブラック 1858年1923年 (安政5年大正12年) -3
田中 長兵衛 1858年1924年 (安政5年大正13年) -3
妻木 頼黄 1859年1916年 (安政6年大正5年) -4
Bigot G. 1860年1927年 (万延元年昭和2年) -5
内村 鑑三 1861年1930年 (文久元年昭和5年) -6

田口卯吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 17:31 UTC 版)

田口 卯吉(たぐち うきち、安政2年4月29日1855年6月12日) - 明治38年(1905年4月13日[1])は、日本経済学者歴史家実業家東京府会議員(明治13年(1880年)12月-明治23年(1890年)7月)、衆議院議員(明治27年(1894年)10月-明治38年(1905年)2月)なども歴任した。名は生年が乙卯であることにちなむ。名は鉉(みつ)。卯吉は通称。字は子玉。号は鼎軒で、『易経』に由来。


  1. ^ 『官報』第6535号、明治38年4月17日、p.660
  2. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 明治45年2月』衆議院事務局、1912年、p.66
  3. ^ 『大日本博士録 第壹卷』発展社、1921年、pp.27-28(法学博士之部)
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)17頁
  5. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.35


「田口卯吉」の続きの解説一覧



田口 卯吉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田口 卯吉」の関連用語

田口 卯吉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



田口 卯吉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2021 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田口卯吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS