自由主義経済とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自由主義経済の意味・解説 

市場経済

(自由主義経済 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 09:27 UTC 版)

市場経済(しじょうけいざい、: market economy)とは、市場を通じて財・サービスの取引が自由に行われる経済のことである[1]。対立概念は、計画経済である。また、市場機能を重視する経済のことを、特に市場主義経済(しじょうしゅぎけいざい)や自由主義経済(じゆうしゅぎけいざい)などと呼ぶことがある。


  1. ^ 松原聡 『日本の経済 (図解雑学シリーズ)』 ナツメ社、2000年、20頁。
  2. ^ a b c 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、178頁。
  3. ^ a b 伊藤元重 『はじめての経済学〈上〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、30頁。
  4. ^ ただし国富論では神の見えざる手という表現は使われていない。
  5. ^ 官業の民間開放をビジネスチャンスに アタックスグループ プロトピックス12月号
  6. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、67頁。
  7. ^ 岩田規久男 『経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1994年、27頁。
  8. ^ 岩田規久男 『経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1994年、105頁。
  9. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、229頁。
  10. ^ a b 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、32頁。
  11. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、84頁。
  12. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、77頁。
  13. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、168頁。
  14. ^ 小塩隆士 『高校生のための経済学入門』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2002年、94頁。
  15. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、175頁。
  16. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、20頁。
  17. ^ a b 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、21頁。
  18. ^ 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、204頁。
  19. ^ 伊藤修 『日本の経済-歴史・現状・論点』 中央公論新社〈中公新書〉、2007年、190-191頁。
  20. ^ 伊藤修 『日本の経済-歴史・現状・論点』 中央公論新社〈中公新書〉、2007年、191頁。
  21. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、110頁。
  22. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、113頁。
  23. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、115頁。
  24. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、169-170頁。
  25. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 85-88頁。
  26. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 189頁。
  27. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、69頁。
  28. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、232頁。
  29. ^ 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、23-25頁。
  30. ^ 日本経済新聞社編 『世界を変えた経済学の名著』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、76-77頁。
  31. ^ 野口旭 『グローバル経済を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、231頁。
  32. ^ 竹中平蔵 『経済古典は役に立つ』 光文社〈光文社新書〉、2010年、211-212頁。
  33. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、33頁。
  34. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、31頁。
  35. ^ a b 市場と経済発展―途上国の貧困削減に向けて RIETI 2006年9月12日
  36. ^ 市場経済と民主主義の間の緊張感の高まり NIRA 総合開発研究機構 2013年5月
  37. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、11頁。
  38. ^ a b 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる--大竹文雄・大阪大学教授 東洋経済オンライン 2011年8月16日
  39. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 35-37頁。
  40. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 65頁。
  41. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 67頁。
  42. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 69頁。
  43. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 84-85頁。
  44. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、68-69頁。
  45. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、127頁。
  46. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、111頁。
  47. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、6-7頁。
  48. ^ 小塩隆士 『高校生のための経済学入門』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2002年、98頁。
  49. ^ 竹中平蔵 『経済古典は役に立つ』 光文社〈光文社新書〉、2010年、189頁。
  50. ^ 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、174頁。
  51. ^ 竹中平蔵 『経済古典は役に立つ』 光文社〈光文社新書〉、2010年、27頁。
  52. ^ インフレが日本を救う 消費増税先送りで、アベノミクスは復活する 東洋経済オンライン 2014年9月8日





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自由主義経済」の関連用語

自由主義経済のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自由主義経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市場経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS