混合経済とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 経済 > 混合経済の意味・解説 

こんごう‐けいざい〔コンガフ‐〕【混合経済】

政府公共団体経済機能拡大し、公共部門民間部門と並んで大きな役割を果たしているような経済体制二重経済


混合経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 03:45 UTC 版)

混合経済(こんごうけいざい、mixed economy)とは、計画経済市場経済の混合システムである。自由放任の政治経済の思想に対し、多くの国営企業が市場に参入したり、政府が経済政策などを通したりして、社会経済に多くの影響力を行使するものである。


  1. ^ 1980年代以前の日本の自民党も含むが、公務員の労働者数に占める比率が比較的低く、公共企業体の経済に占める事業規模も小さく、一方外郭団体が多数存在するという点で西欧諸国の混合経済体制とは異なる。


「混合経済」の続きの解説一覧



混合経済と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「混合経済」の関連用語

混合経済のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



混合経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの混合経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS