コーポラティズムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > コーポラティズムの意味・解説 

コーポラティズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 08:44 UTC 版)

コーポラティズム: Corporativismo: Corporatism)とは、政治経済分野における共同体の概念の1つで、国家や社会などの集団の、有機体的な関連性と相互の協調を重視する[1][2]


  1. ^ Wiarda, 1996, p. 27.
  2. ^ Clarke, 2001, p. 113.
  3. ^ Clarke, 2001, p. 113
  4. ^ 稲上他、1997年。
  5. ^ 橘川、島田、2008年。
  6. ^ 定義集 コーポラティズム・市場社会主義・社会民主主義・ヘゲモニー
  7. ^ リーダーズ英和辞典(研究社)、ロイヤル英和辞典(旺文社)、ランダムハウス英和大辞典・プログレッシブ英和中辞典(小学館)
  8. ^ 加藤秀治郎「政治学の基礎」(一藝社、2002年、p138-139)
  9. ^ [1]
  10. ^ Wiarda, 1996, p. 23-24.
  11. ^ Slomp, 2000, p. 81
  12. ^ Adler, 2002, p. 349
  13. ^ Wiarda, 1996, p. 10
  14. ^ Murchison, 1967, p. 150.
  15. ^ Morgan, 2009, p. 14
  16. ^ Wiarda, 1996, p. 28-88"
  17. ^ Wiarda, 1996, p. 31-38, 44, 111, 124, 140.
  18. ^ (Alfredo Rocco
  19. ^ シュミッター、1984年、28-30頁。
  20. ^ たとえばスウェーデンの場合、政策決定過程では、
    • 調査委員会(utredning、kommittéer)
    • レミス(remiss)
      • 利益集団に対する意見聴取手続き。
    政策実施過程では、
    • 行政委員会(Lekmännastyrelse、直訳すると「素人委員会」)
      • 政策実施を担当する行政機関である「庁」(styrelse、verk、イギリスのサッチャー政権下の行政改革におけるエージェンシーに相当)の運営機関に利益集団が参加。具体的には、労働市場庁(Arbetsmarknadsstyrelsen、1948年)の行政委員会を通じた労働組合の影響力行使が有名である。
    などの諸制度が挙げられる。宮本、1999年、64-67頁。
  21. ^ 新川他、2004年、112頁。
  22. ^ Philippe C. Schmitter, "Interest Intermediation and Regime Governability in Contemporary Western Europe and North America," Organizing Interests in Western Europe, Suzanne D. Berger (ed.), Cambridge University Press, 1981. Miriam Golden, "The Dynamics of Trade Unionism and National Economic Performance," American Political Science Review, vol. 87, no. 2, 1993.
  23. ^ David R. Cameron, "Social Democracy, Corporatism, Labour Quiescence, and the Representation of Economic Interest in Advanced Capitalist Society," Order and Conflict in Contemporary Capitalism, John H. Goldthorpe (ed.), Oxford University Press, 1984. (デービッド・R・キャメロン 「社会民主主義・コーポラティズム・穏健な労働運動」 ジョン・H・ゴールドソープ編 『収斂の終焉-現代西欧社会のコーポラティズムとデュアリズム』 稲上毅他訳、有信堂高文社、1987年。)
  24. ^ このほか、
    • 労働組合の集権性と政府の党派性の組み合わせ
    • (労働組合ではなく)経営者側の協調体制
    • 中央銀行金融政策との関係
    を重視する研究などがある。新川他、2004年、121-163頁。
  25. ^ 「賃金交渉における集合行為問題」とは以下のような囚人のジレンマである。
    • 過度な賃上げは労働コストの上昇による国際競争力の低下やコスト・プッシュ・インフレを招く。
    • しかし、労働組合が分権的に組織されている場合、個々の労働組合にとって、他の企業・産業の賃金交渉で賃上げ抑制が実現される保証はない。
    • もし他の企業・産業で大幅な賃上げが実現したにもかかわらず、自分たちだけ賃上げを抑制してしまうと、インフレによって実質賃金が低下してしまう。また、たとえ他の企業・産業で賃上げが抑制されたとしても、自分たちだけ抜け駆けして大幅な賃上げを実現することで、(個々の賃金交渉がマクロ経済全体に及ぼす影響は小さいから)「良好なマクロ経済環境」と「大幅な賃上げ」の両方の果実を得ることができる。
    • このように「良好なマクロ経済環境」は公共財の性格を持つため、多くの労働組合がただ乗りして、大幅な賃上げを要求してしまう。
    • その結果としてマクロ経済が悪化する。
    新川他、2004年、125頁、138頁。
  26. ^ 新川他、2004年、143頁。井戸、2006年。


「コーポラティズム」の続きの解説一覧

コーポラティズム

出典:『Wiktionary』 (2006/11/07 04:59 UTC 版)

名詞

  1. 協調組合主義企業労働組合を、政府経済政策参加させる考え方

語源






コーポラティズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コーポラティズム」の関連用語

コーポラティズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コーポラティズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーポラティズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコーポラティズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS