国家独占資本主義とは?

こっか‐どくせんしほんしゅぎ〔コクカ‐〕【国家独占資本主義】

独占資本がその支配体制存続強化を図るために、国家機関最大限利用する体制独占資本主義最新発展段階をいう。


国家独占資本主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/04 05:06 UTC 版)

国家独占資本主義(こっかどくせんしほんしゅぎ、ドイツ語: staatsmonopolistischer Kapitalismus (Stamokap)、英語: state monopoly capitalism)とは、マルクス経済学者たちが主張する概念である。巨大独占資本が現れて資本主義経済の矛盾が顕在化したため、その矛盾を解消するために持続的成長を目指そうと、国家政府が積極的に経済に介入するようになった資本主義の状態を指す。独占資本主義が更に一歩進んだ状態のことである。元来はレーニンの用語であるが、その規定についてはいくつかの説がある。ケインズ経済学ニューディール政策を、マルクス経済学の立場から批判する用語としても用いられた。






「国家独占資本主義」の続きの解説一覧



国家独占資本主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国家独占資本主義」の関連用語

国家独占資本主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国家独占資本主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国家独占資本主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS