理性主義とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 理性主義の意味・解説 

理性主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 17:39 UTC 版)

理性主義(りせいしゅぎ、: rationalism[1]は、確たる知識判断の源泉として(人間全般に先天的に備わっている機能・能力であると信じる)「理性」(: λόγος: ratio: reason)を拠り所とする、古代ギリシア哲学以来の西洋哲学に顕著に見られる特徴的な態度のこと。日本では合理主義とも訳されるが、これだと「理性」(: λόγος: ratio: reason)に依拠するというその原義[1]・特異性が分かりづらくなってしまい、「(考え・議論・物事を)ある道理・理屈・基準に合わせる(適合させる)態度」という全く別の意味にも解釈できる多義的な語彙にもなってしまうため、適切な訳とは言えない。






「理性主義」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「理性主義」の関連用語

理性主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



理性主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理性主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS