デイヴィッド・ヒュームとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > デイヴィッド・ヒュームの意味・解説 

デイヴィッド・ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 15:39 UTC 版)

デイヴィッド・ヒュームDavid Hume、ユリウス暦1711年4月26日(グレゴリオ暦5月7日) - 1776年8月25日)は、イギリススコットランドエディンバラ出身の哲学者である。ジョン・ロックジョージ・バークリーらに続き英語圏経験論を代表する哲学者であり、歴史学者政治哲学者でもある。生涯独身を通し子供もいなかった。




  1. ^ ジャック・レプチェック著、平野和子訳『ジェイムズ・ハットン -地球の年齢を発見した科学者-』春秋社 2004年 135-136ページ
  2. ^ ラッセル『西洋哲学史 II』(みすず書房)
  3. ^ 千葉雅也、『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』、河出書房新社、2013年、85頁〜126頁、第二章「関係の外在性――ドゥルーズのヒューム主義」。
  4. ^ 千葉雅也、『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』、河出書房新社、2013年、87頁。
  5. ^ 日本語訳は、『経験論と主体性―ヒュームにおける人間的自然についての試論』、木田元財津理共訳、河出書房新社、2000年、など。
  6. ^ 日本語訳は、『無人島 1969-1974』、小泉義之他訳、河出書房新社、2003年、など。
  7. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 181-182頁。
  8. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 182-183頁。
  9. ^ 高田紘二「ヒュームと人種主義思想」奈良県立大学研究季報 12(3・4), 89-94,2002年


「デイヴィッド・ヒューム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デイヴィッド・ヒューム」の関連用語

デイヴィッド・ヒュームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デイヴィッド・ヒュームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデイヴィッド・ヒューム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS