効用とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > 効用 > 効用の意味・解説 

こう よう かう- [0] 【効用】

ききめ。効能。 「の-」
使い道。 「の-は大きい」
〘経〙 財やサービス消費者欲望を満足させる度合。 → 限界効用


効用

読み方こうよう
【英】:utility

任意の2つの選択対象X,Y \,に対し, Y \,よりもX \,を好むことを表す選好関係X \succ Y \,が数の大小関係u(X) > u(Y) \,同値となるような実数値関数u \,を, \succ \,表現する効用関数という. また, 貨幣のように譲渡可能な財があって,そのm \,単位X \,との組(X,m) \,の効用がu(X,m)=U(X)+m \,与えられるとき,U \,譲渡可能効用という. さらに, X \,がくじでU(X) \,X \,期待効用として与えられるとき, U \,譲渡可能なフォンノイマン・モルゲンシュテルン効用となる.

詳しくは基礎編:効用関数を参照.


効用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/25 09:59 UTC 版)

効用(こうよう、: utility)とは、所与の選好関係に対してならばを満たす実数値関数の値である[1]経済学の基本的概念であり、経済主体がある選択をする動機の大きさを意味し、文脈によっては「満足度」と同一視される。




  1. ^ a b 神取 2014, p. 14.
  2. ^ 奥野 & 鈴村 1985, pp. 151-155.
  3. ^ a b c EconPort, "Von Neumann-Morgenstern Expected Utility Theory" http://www.econport.org/content/handbook/decisions-uncertainty/basic/von.html
  4. ^ http://cerebro.xu.edu/math/Sources/NBernoulli/correspondence_petersburg_game.pdf
  5. ^ Stanford Encyclopedia of Philosophy : "The St. Petersburg Paradox by R. M. Martin
  6. ^ 蓼沼 2011, pp. 58-61.
  7. ^ 蓼沼 2011, p. 106.
  8. ^ 蓼沼 2011, pp. 136-140.


「効用」の続きの解説一覧

効用

出典:『Wiktionary』 (2012/02/25 07:50 UTC 版)

名詞

こうよう

  1. 用途効果
    もちろん道徳思想高尚、その道理遠大であろう。しかしその効用目的日々言行現すほど、吾人意識中に浸み込ませるところにあると思う。(新渡戸稲造自警録』)
  2. 経済)人が消費することから得られる満足水準

発音

こ↗うよう

複合語

語義2

翻訳






効用と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「効用」の関連用語

効用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

境界層

パプキン

フェアウエイ ウッド

マルコーニ

5000形車両

輿

テブクロイトヒキヤドカリ

BMW 3 シリーズ・カブリオレ





効用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2018 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの効用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの効用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS