ケネス・アローとは?

ケネス・アロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 05:12 UTC 版)

ケネス・ジョセフ・アローKenneth Joseph Arrow1921年8月23日 - 2017年2月21日[2])は、アメリカ合衆国経済学者。20世紀経済学史上の最重要人物の一人とされ経済学全般において革命的な論文を書いている。経済学社会学政治学など他学問にも影響を与えている。1972年、51歳という史上最年少でノーベル経済学賞を受賞。1973年、アメリカ経済学会会長。




  1. ^ 経済学発展に貢献 文化勲章の根岸隆氏”. 日本経済新聞 (2014年10月24日). 2014年11月23日閲覧。
  2. ^ K・アロー氏が死去 ノーベル賞経済学者 日本経済新聞 2017年2月23日付
  3. ^ 日本経済新聞社編著 『現代経済学の巨人たち-20世紀の人・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、134頁。
  4. ^ アロー自身の本では「一般可能性定理」という名前だが、「アローの不可能性定理」という名前の方が有名になってしまった。
  5. ^ 1963年にAmerican Economic Reviewで発表された「医療の不確実性と厚生経済学」と題された論文。


「ケネス・アロー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケネス・アロー」の関連用語

ケネス・アローのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ケネス・アローのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケネス・アロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS