期待効用とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > 効用 > 期待効用の意味・解説 

期待効用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 18:28 UTC 版)

期待効用(きたいこうよう、: Expected Utility、EU)とは、ミクロ経済学で、不確実性の議論の際に用いられる概念である。市場において不確実性が存在し、複数の状態i (i = 1, ... , n ) があり、それぞれの状態i が起きる確率αi が与えられている、という環境の元で得られる効用期待値を表している。ミクロ経済学では一般に、不確実性下にある個人は、期待効用最大化公準に基づいて(この期待効用を極大化するように)行動すると仮定する。この仮定を期待効用仮説[1]と呼ぶ。




  1. ^ 荒井一博、花井敏 『経済学入門 第2版』 中央経済社、2010年、87頁。ISBN 978-4-502-67880-6


「期待効用」の続きの解説一覧



期待効用と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「期待効用」の関連用語

期待効用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



期待効用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの期待効用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS