スクリーニングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > スクリーニング > スクリーニングの意味・解説 

スクリーニング

英語:screening

スクリーニングとは、「審査」「選考」「ふるい分け」といった意味で用いられる表現です。特定の条件などに照らして複数ある対象の中から条件に合致する対象選別する、という動作指します

スクリーニング(screening)は英語の動詞screen接尾辞-ingがついた動名詞です。screenは、名詞としては「遮蔽幕」「仕切り」「表示画面」「銀幕映画スクリーン)」および「ふるい」といった意味があります動詞としては「遮蔽する」「仕切る」「上映するならびにふるいにかける」「ふるい分ける」といった意味があります

英語では screening は「映画上映する」「テレビ番組放映するという意味でも用いられます。

スクリーニングは医学・薬学生物学・物理学などの分野において、おおむね対象選別するという意味合いで、よく用いられる語です。たとえば、医学分野におけるスクリーニングは、集団中から特定の病気かかっている疑いのある者を抜き出すこと、および、そのため比較簡易な検査を指す語として用いられます。

スクリーニングはビジネス用語として用いられることもあります。たとえば、株の銘柄中から投資条件に合った銘柄候補として選出する、というような行動を指してスクリーニングと表現する場合あります。つまり意味はふるい分けると言い換えて差し支えなく、医学・生物学その他の分野におけるスクリーニングと根底同じです

介護福祉分野でも「選別」「ふるい分けの意味でスクリーニングの語が用いられます。介護支援求めている人々どういう困難を抱えていてどういう環境置かれているかを調べ問題困難さ複雑さ緊急性分類する取組みを指す意味でよく使われます。

まれに「スクーリング」(schooling)とスクリーニングが混同されている場合ありますスクーリングは「学校で学ぶこと」「教育を受けるために登校すること」を指す語です。

スクリーニング【screening】

読み方:すくりーにんぐ

[名](スル)

ふるいにかけること。選抜選別。「特定の個体だけを―する」

迅速に結果得られる簡便な検査を行うことによって、集団中から特定の病気疑われる人を選び出すこと。スクリーニング検査


スクリーニング

原子力施設周辺の地域住民等が、原子力災害際に放射能汚染検査や、これに伴う医学的検査必要とする事態生じた場合は、救護所において、国の緊急被ばく医療派遣チーム協力得て身体表面放射性物質付着しているもののふるい分け実施するが、これをスクリーニングという。 スクリーニングは、初期被ばく医療段階行い、スクリーニングを実施した結果放射能汚染等の応急除染が必要と認められるに対しては、救護所要員による応急除染が行われる。残存汚染あるもの、また医療処置が特に必要と認めるものについては、二次被ばく医療施設転送される

スクリーニング

【仮名】すくりーにんぐ
原文screening

症状のない時に行う疾患検査

スクリーニング screening


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 23:08 UTC 版)

スクリーニング (: screening) - 動詞としてのスクリーン (screen) から。




「スクリーニング」の続きの解説一覧

スクリーニング (screening, market screening)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 23:53 UTC 版)

情報の非対称性」の記事における「スクリーニング (screening, market screening)」の解説

情報劣位者が、情報優位者にいくつかの案を示し、その選択を通して情報開示させる。

※この「スクリーニング (screening, market screening)」の解説は、「情報の非対称性」の解説の一部です。
「スクリーニング (screening, market screening)」を含む「情報の非対称性」の記事については、「情報の非対称性」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:56 UTC 版)

代謝異常」の記事における「スクリーニング」の解説

詳細は「新生児マススクリーニングを参照 新生児に対する代謝異常のスクリーニングは、次の方法で行うことができる。 血液検査 皮膚テスト 聴力検査

※この「スクリーニング」の解説は、「代謝異常」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「代謝異常」の記事については、「代謝異常」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 11:17 UTC 版)

性腺機能低下症」の記事における「スクリーニング」の解説

無症状男性への性腺機能低下症のスクリーニングは、2018年時点では推奨されない

※この「スクリーニング」の解説は、「性腺機能低下症」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「性腺機能低下症」の記事については、「性腺機能低下症」の概要を参照ください。


スクリーニング(通常の抗体検査)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 20:21 UTC 版)

後天性免疫不全症候群」の記事における「スクリーニング(通常の抗体検査)」の解説

一般にスクリーニング用検査キットとしてさまざまなものが市販されているが、ELISA法またはPA法によるHIV-1抗体HIV-2抗体HIV-1 p24抗原同時測定可能な第4世代キット広く用いられるようになってきている。 検査時期としては、「感染機会があってから3か月検査機関により異なる)以上経過したあと」での検査推奨される。これはHIV感染初期においては抗体十分に作られず、血液検査では検出できない間があるめでありこの期間は「ウインドウ期間(ウインドウピリオド空白期間)」と呼ばれている。ウインドウ期間に個人差があり、スクリーニングでの検出可能なほど血中抗体十分に増加するまでに通1 - 3か月かかるとされているこの間検査行った場合HIV感染していても陰性感染なし)と判断されしまうため、ウインドウ期間が最大の場合考慮し3か月以上としている。

※この「スクリーニング(通常の抗体検査)」の解説は、「後天性免疫不全症候群」の解説の一部です。
「スクリーニング(通常の抗体検査)」を含む「後天性免疫不全症候群」の記事については、「後天性免疫不全症候群」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 23:08 UTC 版)

第一種過誤と第二種過誤」の記事における「スクリーニング」の解説

比較簡易な検査であり、多人数に対していっせいに行うことが多い。症状現れていない人を対象することが多い

※この「スクリーニング」の解説は、「第一種過誤と第二種過誤」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「第一種過誤と第二種過誤」の記事については、「第一種過誤と第二種過誤」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:34 UTC 版)

睡眠時無呼吸症候群」の記事における「スクリーニング」の解説

男性 4点女性 0点 BMI: <21.0; 1点、21.0〜22.9;2点、23.0〜24.9;3点、25.0〜26.9;4点、27.0〜29.9;5点、30.0以上;6点 血圧: 収縮期血圧(SBP)<140 かつ 拡張期血圧(DBP)<90;1点140SBP<160または90DBP<100;2点160SBP<180または100DBP<110;3点SBP180またはDBP110;4点 いびき: いびきをかかない、時々、たまに、わからない; 0点、いびきをよくかく、いつも; 4点 以上4項目の合計点数が11点上でOSASの可能性が高い判断される14点上ではさらに特異度があがる。

※この「スクリーニング」の解説は、「睡眠時無呼吸症候群」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「睡眠時無呼吸症候群」の記事については、「睡眠時無呼吸症候群」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 13:51 UTC 版)

薬物源としての自然」の記事における「スクリーニング」の解説

天然資源から新規生理活性化学物質発見するためには、主に2つアプローチ存在する第一アプローチは、ランダム収集とマテリアルスクリーニングと呼ばれることもあるが、その収集ランダムとは程遠い生物学的 (多くの場合植物学的) 知識は、将来有望ファミリー特定するためにしばしば使用される。このアプローチは、これまでに地球上生物多様性ごく一部しか薬効確認されていないため、効果的である。また、種が豊富な環境生息する生物は、生き残るために防御機構競争機構進化させる必要があるこれらの機構は、有益な医薬品の開発利用される可能性がある豊かな生態系から植物動物微生物サンプル収集することで、医薬品開発プロセス活用する価値のある新し生物学的活性生み出す可能性がある。この戦略成功例一つは1960年代始まった米国国立がん研究所による抗腫瘍剤のスクリーニングである。パクリタキセル太平洋イチイの木Taxus brevifolia (英語版) から同定された。パクリタキセルは、これまで知られていなかった機構 (微小管安定化) によって抗腫瘍活性示し現在では肺癌乳癌卵巣癌カポジ肉腫の治療として臨床使用承認されている21世紀に入ってからは、タキソール親戚であるカバジタキセル (フランスサノフィ社製) が前立腺がん効果的であることが示されている。その他の例としては、次のとおりである。1. Camptotheca (Camptothecin · Topotecan · Irinotecan · Rubitecan · Belotecan); 2. Podophyllum (Etoposide · Teniposide); 3a. Anthracyclines (Aclarubicin · Daunorubicin · Doxorubicin · Epirubicin · Idarubicin · Amrubicin · Pirarubicin · Valrubicin · Zorubicin); 3b. Anthracenediones (Mitoxantrone · Pixantrone). 第二主要なアプローチは、社会における植物の一般的な使用研究である民族植物学と、特に薬用焦点当てた民族植物学領域である伝統医学 (英語版) とを含む。 アルテミシニンは、紀元前200年から漢方薬として使用されてきたヨモギ由来植物であるクソニンジン(Artemisia annua (英語版) )から抽出した抗マラリア薬で、多剤耐性熱帯熱マラリア原虫併用療法 (英語版) の一つとして使用されている

※この「スクリーニング」の解説は、「薬物源としての自然」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「薬物源としての自然」の記事については、「薬物源としての自然」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 13:34 UTC 版)

環境影響評価法」の記事における「スクリーニング」の解説

第4条では、第二種事業について本法律に基づ環境アセスメントを行うかどうか判定する手続き(スクリーニング)について規定している。 第二種事業実施しようとする者は、その事業の許認可を行う行政機関許認可権者)に事業の実施区域概要届出行い許認可権者は、都道府県知事意見聴いて届出から60以内環境アセスメントを行うかどうか判定行い実施に通知する

※この「スクリーニング」の解説は、「環境影響評価法」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「環境影響評価法」の記事については、「環境影響評価法」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/04 17:11 UTC 版)

胸部大動脈瘤」の記事における「スクリーニング」の解説

2010年3月AHAアメリカ心臓協会)、ACCアメリカ心臓病学会)を含む複数学会ガイドライン策定した。その勧告によると、 胸部大動脈瘤患者一親等親族は、無症候性の大動脈瘤有無大動脈造影検査することが望ましい。 胸部大動脈解離示唆する症状を呈するに対してスクリーニング検査を行うべきである。 マルファン症候群診断された者は直ち心臓超音波検査を受けて大動脈径を計測し、更に半年後に大動脈拡大有無チェックすることが望ましい。 日本において2011年改訂された大動脈瘤大動脈解離診療ガイドラインでも、 自覚症状として嗄声(させい)、飲み込みにくいといった症状漠然とした背部痛等がみられる場合胸部CTをまず施行する とし、まずCT大動脈サイズ測定することを推奨している。

※この「スクリーニング」の解説は、「胸部大動脈瘤」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「胸部大動脈瘤」の記事については、「胸部大動脈瘤」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 07:47 UTC 版)

モーズリーの法則」の記事における「スクリーニング」の解説

原子核実効電荷実際の電荷よりも1つ少ないという単純化され説明は、K殻内の不対電子がそれをスクリーニングしているということである。モーズリーのスクリーニングの解釈批判する入念な議論は、Whitaker論文にあり、多くの現代の文献繰り返し議論されている。 実験的に見つかったX線遷移リストNIST入手可能である。ディラック・フォックに基づ方法用いることで、理論的なエネルギーモーズリーの法則よりもずっと高い精度計算することができる。

※この「スクリーニング」の解説は、「モーズリーの法則」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「モーズリーの法則」の記事については、「モーズリーの法則」の概要を参照ください。


スクリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 20:59 UTC 版)

低ガンマグロブリン血症」の記事における「スクリーニング」の解説

CVID選択的IgA欠損症英語版)の患者近縁者の免疫グロブリンレベルのスクリーニングによって、家族遺伝率10%から20%であることが知られているこうした変異保因者子供を持つことを望む場合着床前診断が行われる場合がある着床前診断は、着床前の胚や卵の遺伝的欠陥検査として定義される。これには、体外受精、胚生検、一細胞蛍光in situハイブリダイゼーションまたはポリメラーゼ連鎖反応いずれかが必要であり複雑な手順必要とするこうした人為的選択倫理性疑問視する声もあるが、一般的には出生前診断重要な代替手段してみなされている続発性免疫不全予防には、低ガンマグロブリン血症発症するリスクの高い患者注意深く観察することが必要であるそのためには血液のがん患者化学療法リツキシマブなどの免疫抑制療法を受けている患者免疫グロブリンレベルの測定必要である

※この「スクリーニング」の解説は、「低ガンマグロブリン血症」の解説の一部です。
「スクリーニング」を含む「低ガンマグロブリン血症」の記事については、「低ガンマグロブリン血症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スクリーニング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スクリーニング

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:58 UTC 版)

語源

名詞

スクリーニング

  1. 医学検査選抜選別選別検査一次検査
  2. ふるい分け

発音(?)

す↗くり↘ーにんぐ

「スクリーニング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スクリーニングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「スクリーニング」に関係したコラム

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクリーニング」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スクリーニングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクリーニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの情報の非対称性 (改訂履歴)、代謝異常 (改訂履歴)、性腺機能低下症 (改訂履歴)、後天性免疫不全症候群 (改訂履歴)、第一種過誤と第二種過誤 (改訂履歴)、睡眠時無呼吸症候群 (改訂履歴)、薬物源としての自然 (改訂履歴)、環境影響評価法 (改訂履歴)、胸部大動脈瘤 (改訂履歴)、モーズリーの法則 (改訂履歴)、低ガンマグロブリン血症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスクリーニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS