視力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 眼科 > 視力 > 視力の意味・解説 

し‐りょく【視力】

読み方:しりょく

物を見る目能力外界物体位置形状など認識する目の能力区別し得る二点間の最小距離を測定し、それを視角表し、その逆数比例する数値を視力とする。「—検査

[補説] 視力表を5メートルの距離から見てランドルト環切れ目見分けられる視力を1.0とする。


視力

  
 

視力

私たちは,自分の目を通して見ることができる視覚で生活をしています。もしある基準なければ,かなりボンヤリした見え方でも「こんなもんだ」と思って一生過ごかもしれません。そこで視力という基準決めてあります

この,視力とは,2つの点が離れていることを見分けるいちばん小さな角度表します。これを最小視角といい,切れ目視角1分1度60分の1)のランドルト環見分けられる視力を1.0決めてます。左図ランドルト環5m

の距離から見ると,視角1分になります。つまり視力1.0です。半分の2.5mの距離から見ると視角は2分になるので視角1分にするには,ランドルト環2分の1縮小しなければなりません。

Q.赤ちゃんの視力はどれくらいですか

視力

赤ちゃんの場合は生まれと同時に,視力が1.0あるわけではありません。はう,立つ,などと練習して発達していくのと同じように,目も「見る」勉強をして,少しずつ発達くりかえして十分な視力をもっていきます

一般に乳幼児の視力の発達は(ファンツ1962年),

 生後1カ月  眼の前の手が動くのがわかる

   2ヵ月  0.01  4ヵ月  0.04~0.08

   8カ月  0.1   1歳   0.20.25

   1歳半  0.4   2歳   0.50.6

   3歳   0.8   7歳     1.0

といわれていますが,最近では乳児の場合もっとよく見えているともいわれています。

乳幼児健診の問診項目

目 的
問 診 項 目
生後3~4週

視器、及び付属器先天異常発見

1)くろめ(角膜)の大きさは、左右同じですか。

2)まぶた(眼瞼)または瞼裂は、左右対称ですか。

3)まぶた(眼瞼)がはれて、めやにがたくさ出ていませんか

4)ひとみ(瞳孔)が白くみえるか光ってみえませんか

生後3~4ケ月

視器の先天異常、および視機能発達遅延発見

1)眼前で、明るい光をあててもまぶしがりませんか

2)大きなおもちゃや両親の顔などを追いかけて見ようとしませんか

3)眼球動きが、おかしいことはありませんか。

4)斜視ありませんか。

5)涙や、めやにがいつもたまってませんか

生後6ケ月

視器の先天異常、および視機能発達遅延発見

1)異常なほどに光りいやがりませんか

2)ひとみ(瞳孔)が白く見えるか、光って見えませんか

3)斜視ありませんか。

生後1年

視力、および両眼視機能発達阻害する因子発見

1)異常なほどに光りいやがりませんか

2)ひとみ(瞳孔)が白く見えるか、光って見えませんか

3)斜視ありませんか。

生後1年6ヶ月

視力、および両眼視機能発達阻害する因子発見

1)ひとみ(瞳孔)が白く見えるか、光って見えませんか

2)斜視ありませんか。

生後2年

視力、および両眼視機能発達阻害する因子発見

1)斜視ありませんか。

2)明る戸外に出たときなど、片目つむりをしませんか

3)物を見るとき、異常に近づいてませんか

生後3年

視力、および両眼視機能発達阻害する因子発見

1)物をみるとき、目を細めたり、よこ目でみようとしませんか

2)斜視ありませんか。

3)物をみるとき、首をかたむけてみませんか

生後4年

視力、および両眼視機能発達阻害する因子発見

1)片眼ずつかくしてみて、どちらかがみにくいと言いませんか

2)物をみるとき、目を細めたり、よこ目でみようとしませんか

3)ねむくなったりつかれたときに、片目斜視になることはありませんか。

生後5年

視力、および両眼視機能発達阻害する因子発見

1)片眼ずつかくしてみて、どちらかがみにくいと言いませんか

2)物をみるとき、目を細めたり、よこ目でみようとしませんか

3)斜視ありませんか。

4)色の使い方が、おかしいことはありませんか。


視力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 19:29 UTC 版)

視力(しりょく)とは、で物体を識別できる能力のことである。屈折異常、調節異常で視力が低下した場合は、屈折矯正を行うことで視力を良くすることが可能である。しかし、疾患により視力が低下した場合には、その要因を取り除かない限りの視力を良くすることはできない。なお、似たような言葉の「眼力」や「目力」は別物である。


  1. ^ Godman, Heidi (2022年6月30日). “Corneal transplants becoming more common” (英語). Harvard Health. 2022年6月30日閲覧。
  2. ^ 朝日新聞科学グループ 編 『今さら聞けない科学の常識 : うろおぼえを解消する102項目』講談社ブルーバックス〉、2008年6月20日。ISBN 978-4-06-257603-1 
  3. ^ 視力表を含む眼科医療メーカー(株)ニデックのページ


「視力」の続きの解説一覧

視力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 02:19 UTC 版)

「目」記事における「視力」の解説

目がものを捉える力を視力という。これは具体的には、空間にある2点識別する能力であり、眼球屈折調整能力低下、または眼球透過性網膜の異常、そして視覚伝達神経の不備などがあると低下する

※この「視力」の解説は、「目」の解説の一部です。
「視力」を含む「目」の記事については、「目」の概要を参照ください。


視力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 13:45 UTC 版)

麻原彰晃」の記事における「視力」の解説

弱視であることでは概ね一致しているが、全盲かについて議論がある。 麻原調書によると、左目全盲右目パラリンピック目指していた高等部2年のとき0.3(熊本市立病調べ)、薬事法違反のとき0.1警察病院調べ)で、その後読書困難になり、1989年頃から急激に悪化した男性信者殺害事件ときには被害者の顔見えていた、逮捕時には時々輪郭が見え程度落ち込んでいて(失明しているとはいっていない)報道陣フラッシュは全く分からなかった語ったとされる。また逮捕後、「麻原ノート」(前述)を自分で書いて弁護団渡しているが、文字書けたが解してもらうのに時間かかったという。 表向きには「信者へのシャクティパット繰り返したためエネルギー消耗したうえ相手カルマ負い、さらに目が悪くなり失明した」と説明されていたが、他のオウム関連の裁判証人として出廷した際、宣誓書弁護士言う通り比較短時間で書き上げ余白部分だけ上手に切り取ったり、宮沢りえヌード写真集を持っていたとの報道や、観覧車お化け屋敷行ったり、子どもとキャッチボールをしていた、パトカー察知したり、生物兵器噴霧車に乗り込み指揮をしていた、ガードレール飛び越えたビデオ撮影されている)との証言もあり、失明に関して疑惑がある。取調べの際も目が見えないことを強調し、それを理由供述調書へのサイン拒むなどしていたが、「刑事さん竜雷太みたいでカッコイイですね」や「刑事さん太陽にほえろボスみたいですね」と語ったり的確に障害物避けるなどをしている。麻原の兄は事件当時インタビューに対して「(智津夫は)今でもちっとは見えとる」と推測薬剤師リンチ殺人事件関わった元信者も視力が弱いとは聞いている失明したという話は聞いたことがない証言している。オウムでは「救世主盲目の人」という予言があり、これに沿うために全盲である必要があったのではとの説もある。 対して松本麗華完全に視力を失ったのは1989年秋頃だったとするその頃より、麗華手をつなぎ後に肩に手を置いて歩くようになっている)。なお、左目義眼であるという。著書止まった時計の中でフランスへ行ったとき、村井秀夫石井久子スーツ姿、麗華子供たち普通の格好だったが、麻原だけはクルタ着用していた。もし、麻原に視力があったなら、それなりにまともな格好したのではなかったかと指摘している。これに象徴されるように、オウム社会性なくしていったのも麻原目が見えないことと関連しているのではないか麗華考えている1982年無許可製造医薬品販売容疑麻原取り調べた刑事は「事件後に実は目が見えているとか、そんな報道がずいぶんありましたよね。だけど、あのころからやっぱりほとんど見えていなかったね。どっちだっけな。片方0・06だったね。もうひとつはほとんど見えていなかったよ。」と語っている。また「警察取調べ刑事盛んに媚びていたという情報ありました刑事さん石原裕次郎に似ていますねとか何とか言ったとか」という質問に対して媚びはしないね。そういうタイプじゃないどちらかといえば寡黙でしたよ」と語っている。 1997年1月31日東京地裁行われた第24回公判麻原隣に座っていた刑務官大きくあくびをした際、それをじっと見てニヤリ笑ったことがある

※この「視力」の解説は、「麻原彰晃」の解説の一部です。
「視力」を含む「麻原彰晃」の記事については、「麻原彰晃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「視力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

視力

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 14:37 UTC 版)

名詞

しりょく

  1. 物体識別する能力

発音(?)

し↘りょく

翻訳


「視力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



視力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

視力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



視力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの視力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの目 (改訂履歴)、麻原彰晃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの視力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS