宮沢りえとは?

宮沢りえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 23:07 UTC 版)

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日[1][3] - )は、日本女優ファッションモデル歌手東京都練馬区出身[4]。身長167cm、血液型はB型[3]。エムツー企画所属。女優として映画舞台テレビドラマなどに出演。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ[5]V6森田剛




  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.118.
  2. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.73.
  3. ^ a b 宮沢りえ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月19日閲覧。
  4. ^ 宮沢りえ - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年1月19日閲覧。
  5. ^ “宮沢りえ「すったもんだ」から実力派へ”. nikkansports.com. (2009年2月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090213-460578.html 
  6. ^ a b c d “CM依頼が続々…人気完全復活、宮沢りえの魅力”. ZAKZAK. (2006年11月14日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111414.html 
  7. ^ 「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー
  8. ^ “宮沢りえ妊娠!結婚!お相手は実業家男性”. sponichi Annex. (2009年2月13日). オリジナルの2009年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090214180327/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/13/01.html 
  9. ^ “りえ発表全文「赤ちゃんを授かりました」”. asahi.com. (2009年2月13日). オリジナルの2009年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090310032351/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200902130116.html 
  10. ^ “宮沢りえ 結婚相手は40代“ゴツイ系”男性”. sponichi Annex. (2009年2月20日). オリジナルの2009年2月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090222015220/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/20/01.html 
  11. ^ ““ママ”になっても美しさはその“まま”宮沢りえ”. ZAKZAK. (2009年8月29日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20090829/enn0908291506005-n1.htm 
  12. ^ “【芸能ニュース舞台裏】幸せいっぱい!宮沢りえ出産後わずか3カ月で復帰”. ZAKZAK. (2009年9月5日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-column/news/20090905/enc0909051246004-n1.htm 
  13. ^ “大賞は『レ・ミゼラブル』スタッフ・出演者一同へ 「第39回菊田一夫演劇賞」発表に”. シアターガイド. (2014年4月4日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/04/04.php 
  14. ^ 宮沢りえが映画「紙の月」で東京国際映画祭・最優秀女優賞を受賞 シアターガイド
  15. ^ “宮沢りえ「大きな夢」かなった!幸せ報告”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年2月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/14/kiji/K20090214Z00001620.html 2021年1月20日閲覧。 
  16. ^ 宮沢りえ 結婚相手は40代“ゴツイ系”男性 - サンケイスポーツ 2009年2月20日
  17. ^ “宮沢りえ 都内で挙式!誕生会には母の姿も”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年4月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/04/15/kiji/K20090415Z00001520.html 2021年1月20日閲覧。 
  18. ^ “りえが女の子のママに!都内病院で20日出産”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年5月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/05/23/kiji/K20090523Z00001490.html 2021年1月20日閲覧。 
  19. ^ “宮沢りえ離婚!結婚3年…すれ違い生活続き(1/2ページ)”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2012年5月8日). オリジナルの2012年5月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120510194101/http://www.sanspo.com/geino/news/20120508/div12050805070000-n1.html 
  20. ^ “宮沢りえが別居、離婚へ向けて協議中”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ/神戸新聞社). (2012年5月8日). オリジナルの2012年5月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120510154557/http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/05/08/0005036890.shtml 
  21. ^ 宮沢りえ離婚成立を発表「役者として、母として、一人の人間としてこれからも前進」 - 東スポWeb 2016年3月18日
  22. ^ “V6森田剛と宮沢りえが結婚 封書でファンに報告”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/16/kiji/20180316s00041000090000c.html 2018年3月16日閲覧。 
  23. ^ 美川、宮沢りえの婚約「ぶっ壊した」 Daily Sports Online 2014年10月6日
  24. ^ 宮沢りえ、クドカンと来年2月公開映画で初タッグ!”. スポーツ報知 (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
  25. ^ 宮沢りえ、杉咲花と母娘役で“初合体”!熱演誓う「燃え尽きたい」”. SANSPO.COM (2015年6月10日). 2015年6月10日閲覧。
  26. ^ “浅野忠信&宮沢りえが白洲次郎、正子夫妻 小林薫が吉田茂に 「日本独立」12月18日公開”. 映画.com. (2020年10月31日). https://eiga.com/news/20201031/3/ 2020年10月31日閲覧。 
  27. ^ 青春牡丹燈籠 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  28. ^ 番組エピソード 愛の形はさまざま!『恋愛ドラマ特集』-NHKアーカイブス
  29. ^ “グーグーだっ て猫である”. http://www.wowow.co.jp/dramaw/gou-gou/ 2014年10月17日閲覧。 
  30. ^ 宮沢りえ、「きのう何食べた?SP」でシロさん憧れの女優・三谷まみに!まみの登場にケンジは焼きもち…”. ザテレビジョン (2019年12月22日). 2019年12月29日閲覧。
  31. ^ 舞台『海辺のカフカ』公式サイト - cast & staff
  32. ^ “宮沢りえ、見事な三味線を披露”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月6日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/01/06/0008699872.shtml 2016年1月6日閲覧。 
  33. ^ “唐十郎×蜷川幸雄「ビニールの城」に森田剛、宮沢りえ、荒川良々”. ステージナタリー. (2016年5月16日). http://natalie.mu/stage/news/183865 2016年5月23日閲覧。 
  34. ^ “ぼくらの7日間戦争:宮沢りえがカムバック アニメ版で30年後の中山ひとみ演じる”. まんたんウェブ. (2019年9月30日). https://mantan-web.jp/article/20190929dog00m200020000c.html 2019年9月30日閲覧。 
  35. ^ 宮沢りえ「ジャングル・ブック」で実写吹き替えに初挑戦!母性あふれるオオカミに”. 映画.com. 2016年6月8日閲覧。
  36. ^ “宮沢りえが「ルイスと不思議の時計」出演、佐藤二朗とJ・ブラックは「体積が似てる」”. 映画ナタリー. (2018年9月24日). https://natalie.mu/eiga/news/300938 2018年9月25日閲覧。 
  37. ^ “『細野晴臣イエローマジックショー2』に星野源・水原希子・宮沢りえら出演”. マイナビニュース エンタメ (マイナビ). (2018年10月30日). https://news.mynavi.jp/article/20181030-716132/ 2019年1月13日閲覧。 
  38. ^ “たけしが“りえママ”宮沢光子さんを新人賞に選んだ理由”. 東スポWeb. (2014年9月26日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/316295/ 2018年2月17日閲覧。 
  39. ^ “【東スポ映画大賞】主演女優賞りえは努力家、大島優子はこれからが勝負”. 東スポWeb. (2015年1月20日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/357787/ 2018年2月17日閲覧。 
  40. ^ “【報知映画賞】宮沢りえ、「運命的な役」で史上初の3度目主演女優賞”. スポーツ報知. (2016年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161128-OHT1T50163.html 2016年11月29日閲覧。 
  41. ^ “宮沢りえが主演女優賞「あきっぽいんです」映画大賞”. 日刊スポーツ. (2016年12月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747979.html 2016年12月6日閲覧。 
  42. ^ “キネマ旬報ベスト・テン決定、「この世界の片隅に」「ハドソン川の奇跡」が1位に”. 映画ナタリー. (2017年1月10日). http://natalie.mu/eiga/news/216247 2017年1月10日閲覧。 
  43. ^ “【映画大賞】主演女優賞・宮沢りえ「未完成のままでいきたい」”. 東スポWeb. (2017年2月27日). https://www.tokyo-sports.co.jp/eyecatch/656306/ 2018年2月17日閲覧。 
  44. ^ 第40回日本アカデミー賞 最優秀賞” (2017年3月3日). 2017年3月3日閲覧。
  45. ^ 第26回受賞作品”. 2018年2月7日閲覧。
  46. ^ “日本アカデミー賞優秀賞発表 作品賞に『翔んで埼玉』『キングダム』など”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153206/full/ 2020年1月15日閲覧。 
  47. ^ 「相棒season13」など放送文化基金賞受賞”. 東スポWeb (2015年6月10日). 2015年6月11日閲覧。
  48. ^ “第25回読売演劇大賞、大賞に宮沢りえさん”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2018年2月3日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180202-OYT1T50085.html 2018年2月3日閲覧。 
  49. ^ “今年のベストドレッサー賞は宮沢りえ、片岡愛之助、小山薫堂、福原愛、トヨタ社長ら”. FASHION HEADLINE. (2014年11月28日). http://www.fashion-headline.com/article/2014/11/28/8632.html 2014年11月28日閲覧。 


「宮沢りえ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮沢りえ」の関連用語

宮沢りえのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮沢りえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮沢りえ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS