哀川翔とは?

哀川 翔

哀川翔の画像 哀川翔の画像
芸名哀川 翔
芸名フリガナあいかわ しょう
性別男性
生年月日1961/5/24
星座ふたご座
干支丑年
血液型AB
出身地鹿児島県
身長178 cm
URLhttp://showaikawa.com/
デビュー年1984
靴のサイズ26 cm
プロフィール一世風靡セピア一員として『前略、道の上より』でレコードデビュー。 映画デビューは、'88年和泉聖治監督の『この胸のときめきを』。TBS・TVドラマ『とんぼ』、映画『オルゴール』での新人らしからぬ存在感認められ、一躍脚光を浴びる。'90年東映Vシネマ『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ~』(高橋伴明監督)が大ヒット以後、哀川ブランドにはずれなしと『とられてたまるか』『ろくでなし』『極楽とんぼ』『組織暴力』『三匹の竜』『ながれもの』と、ヒットシリーズを生む。'91年の『獅子王たちの夏』で、破滅的なアウトロー力演し、ヒット。『勝手にしやがれ!!』『復習』『修羅がゆく』『借王 シャッキング』『修羅の道』がシリーズ化される。助演では『白い手』『棒の哀しみ』『うなぎ』『鬼火』の好演評価される。'95年に『BAD GUY BEACH』で「あいかわ翔」として監督デビュー。'04年初舞台アボルダージュKANSAI SUPER SHOW』で土方歳道を演じる。尚、'99年に「第8回日本映画プロフェッショナル大賞」、'02年に「第1回DVシネマ大賞」でそれぞれ最優秀主演男優賞を、又'04年には「第13日本映画批評家大賞」でベストパーソナリティー賞を'05年には『ゼブラーマン』で「日本アカデミー賞優秀主演男優賞」を受賞演技以外でも「第17日本メガネドレッサー賞」、「ベストファーザー賞2004」など受賞近年強面キャラクターだけでなく、雑誌テレビ頼りになる芸能人像や、よき上司父親像の視聴者読者投票ランキング上位登場するなど幅広く活躍している。
デビュー作レコード前略、道の上より』
代表作品1年2008
代表作品1映画『SSエスエス主演
代表作品2年2006
代表作品2映画『太陽の傷主演
代表作品3年2006
代表作品3映画『東京ゾンビ主演
職種俳優女優タレント
趣味・特技釣り/ゴルフ

» タレントデータバンクはこちら

哀川翔

以下の映画哀川翔関連しています。
エムエフボックス
ファインフィルムズ
デコトラの鷲」フィルムパートナーズ
デコトラの鷲}フィルムパートナーズ
デコトラの鷲」フィルムパートナーズ
アースラーズ
アーバンタイムス
ギャガ・コミニュケーションズ配給
ギャガ・コミュニケ-ションズ配給
ムービー・ブラザース配給
ムービーブラザース配給
ムービーブラザース配給
スコルピオン=シネマ・ドゥ・シネマ配給
 
ヤングコーポレーション) アルゴ・ピクチャーズ配給
ムービー・ブラザース配給
ムービー・ブラザース配給
東映アストロフィルム


哀川翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 01:13 UTC 版)

哀川 翔(あいかわ しょう、英: Show Aikawa, 1961年5月24日[1] - )は、日本俳優タレント歌手司会者ラリードライバー。本名:福地 家宏[2][3]


  1. ^ a b c d 哀川翔”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ a b 哀川翔 母親に代わりわずか5歳で父の検視に立ち会っていた「どういう思いで生きたかが大事」”. livedoorNEWS (2016年10月28日). 2016年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e 2016年10月27日放送 19:30 - 20:15 NHK総合 ファミリーヒストリー「哀川翔〜哀(かな)しみを川に流して翔びたて 涙の真実〜」”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2021年4月9日閲覧。
  4. ^ PROFILE 哀川翔オフィシャルサイト”. 2020年1月6日閲覧。
  5. ^ a b c 哀川翔・谷岡雅樹『哀川翔 鉄砲玉伝説』2001年、太田出版
    この人物のオモテとウラ 哀川翔(俳優) (ゲンダイネット)[リンク切れ]
  6. ^ 東京地方裁判所 昭和51年(ワ)2908号 判決- 大判例 2021年4月9日閲覧
  7. ^ 哀川翔『Vシネの灯はけさねぇよ…“帝王”が語る Vシネ25年の歩み』”. ORICON NEWS (2014年11月6日). 2021年2月14日閲覧。
  8. ^ a b Response.jp 【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走 2008年11月2日(日) 21時54分
    発売されているDVD(2008/12/26 ASIN:B001GXY4QG)ではライセンス取得からゴール迄のドキュメントを収録
  9. ^ AUTO SPORT web 2009.07.09 ドキュメンタリー番組連動企画「MEN'S TENORAS with Show Aikawa RALLY TEAM 哀川翔、第87回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦」
    ・ドキュメントDVD(2009/12/26 ASIN:B002UCEWO6)
  10. ^ Pikes Peak International Hillclimb official Results 2009 (USAC)
  11. ^ 哀川翔&ヒロミ アジアクロスカントリーラリー2013へ参戦[リンク切れ] - MSN産経ニュース・2013年7月11日
  12. ^ Team Show 86
  13. ^ FLEX RACING TEAM SHOW
  14. ^ Result
  15. ^ a b c “哀川翔 結婚式で長女の実父と横並びに「変な画だった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/16/kiji/K20151016011331220.html 2017年11月6日閲覧。 
  16. ^ a b c “哀川翔、妻・青地公美の前夫と家族ぐるみの付き合い…長男の結婚式には並んで座った”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年1月20日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180120-OHT1T50126.html 2019年1月15日閲覧。 
  17. ^ INLIFE 男の履歴書 哀川翔
  18. ^ 有吉弘行、哀川翔宅でのホームパーティーで隣人のRIKACOを激怒させる”. livedoorNEWS (2015年5月27日). 2016年3月28日閲覧。
  19. ^ “哀川翔夫人“セクハラ訴訟”に全面勝訴”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2004年10月9日). オリジナルの2004年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041208112754/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/10/09/01.html 2019年1月17日閲覧。 
  20. ^ 【エンタがビタミン♪】175R・SHOGOが哀川翔とガールズバンドSCANDALの関係を暴露!”. Techinsight (2009年10月7日). 2016年3月28日閲覧。
  21. ^ 哀川翔と長女minamiが初コラボ”. 日刊スポーツ (2013年5月15日). 2016年3月28日閲覧。
  22. ^ “哀川翔、初ミュージカルで長女と共演「歌って踊ります!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年7月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2056433/full/ 2017年11月6日閲覧。 
  23. ^ “哀川翔、長女とミュージカルで初共演「ビックリだよ」”. シネマトゥデイ. (2015年8月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0075694 2017年11月6日閲覧。 
  24. ^ “哀川翔・MINAMI父娘が地上波初共演&初さんぽ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年10月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2060236/full/ 2017年11月6日閲覧。 
  25. ^ モデルプレス『哀川翔、実の娘と親子役でドラマ初共演』(2014年12月14日配信)- 2015年7月25日閲覧
  26. ^ キズナ・ワーク~親子二人で働こう公式HP
  27. ^ 哀川翔、今度は1万分の1の「雌雄同体」カブトムシ nikkanspoets.com 2015年7月24日
  28. ^ 日本放送協会放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'94』 日本放送出版協会、1994年、163頁。 
  29. ^ “試写室”. 読売新聞: p. 32. (1994年2月7日) 
  30. ^ 哀川翔、編みぐるみのクマ役 『テディ・ゴー』主演は森川葵”. オリコン (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  31. ^ SPECサーガ完結篇「SICK'S 恕乃抄」 [@SICKS_SPEC_SAGA] (2018年5月14日). "カブト虫業者を演じるのは…カブト虫を愛してやまない哀川翔さん!" (ツイート). Twitterより2019年2月20日閲覧
  32. ^ 哀川翔がミュージカル初挑戦 ラサール石井演出『HEADS UP!』が上演”. シアターガイド (2015年7月23日). 2015年7月24日閲覧。
  33. ^ 千葉雄大、哀川翔に誘われ悪に染まる?「ピーターラビット2」吹替キャスト発表”. 映画ナタリー (2020年3月3日). 2020年3月3日閲覧。
  34. ^ 「ピーターラビット2」日本公開は2021年2月5日に、“ワル”なポスターも完成”. 映画ナタリー (2020年10月27日). 2020年10月27日閲覧。
  35. ^ “哀川翔 20年ぶりバク転宣言!長ラン&ボンタンで気分は高校生!?”. スポニチアネックス. (2016年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/27/kiji/K20160727013045760.html 2016年7月27日閲覧。 


「哀川翔」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「哀川翔」の関連用語

哀川翔のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



哀川翔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの哀川翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS