遼河はるひとは?

遼河 はるひ

遼河はるひの画像 遼河はるひの画像
芸名遼河 はるひ
芸名フリガナりょうが はるひ
性別女性
生年月日1976/2/2
星座みずがめ座
干支辰年
血液型A
出身愛知県
身長173 cm
URLhttp://www.p-jinriki.com/talent/ryougaharuhi/
ブログURLhttp://ameblo.jp/ryouga-haruhi
靴のサイズ25.5 cm
プロフィール愛知県出身1994年82期生として宝塚音楽学校入学1996年宝塚歌劇団入団主な出演作は宝塚バウ春ふたたび」』(主演)、宝塚ミー・アンド・マイガール』(ジェラルド役)など。2009年宝塚歌劇団退団退団後も舞台や、ドラマなどで活躍
代表作品1NTV天才!カンパニーレギュラー
代表作品2BS-TBSハイボール万歳!レギュラー
代表作品3年2012
代表作品3舞台時代劇舞台会津の空に残した月影」』主演(山本八重役)
職種タレント俳優女優
資格・免許ビアマイスター/チャイルドマインダー
趣味・特技日本舞踊名取 西川栄綾

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
愛知県出身のタレント  西方凌  伊藤安那  土岐明里  遼河はるひ  加藤百合子  玉木宏

遼河はるひ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 10:10 UTC 版)

遼河 はるひ(りょうが はるひ、1976年2月2日 - )は日本女優タレント。元宝塚歌劇団月組の男役。所属事務所はプロダクション人力舎




  1. ^ 阪急コミュニケーションズ発行「宝塚おとめ」2009年版より
  2. ^ a b 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』p.108(小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日)ISBN 9784484146010
  3. ^ 人力舎移籍後のBeehive公式サイト内プロフィールトップページより参照。また、Beehive公式サイト内アーティスト一覧でも、「広告業務提携」として紹介。
  4. ^ 遼河はるひ:連ドラ初主演 「A.B.C-Z」戸塚祥太も出演”. まんたんウェブ (2015年5月28日). 2015年5月28日閲覧。
  5. ^ “おぎやはぎ・小木博明らが危険トーク連発!「キニナルーム。」がスタート!!”. ウォーカープラス. (2014年9月3日). http://news.walkerplus.com/article/50086/ 2014年9月4日閲覧。 
  6. ^ 上重聡アナ「スッキリ!!」のMCに!松坂投手との“誓い”明かす”. シネマトゥデイ (2015年3月6日). 2015年3月6日閲覧。
  7. ^ 夢と希望の“シンデレラ”紀行(日本放送協会)、2016年3月30日閲覧
  8. ^ 遼河はるひのCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年2月24日閲覧。
  9. ^ 又吉さんと遼河さんが魅力発信 本紙新CM”. 中日新聞 (2016年2月29日). 2016年3月9日閲覧。
  10. ^ ほっとWebHOME > CMギャラリー”. 東京新聞ほっとWeb. 2016年3月7日閲覧。
  11. ^ 「シュミテクト 歯周病ケア」新CMに遼河はるひさんを起用”. グラクソ・スミスクライン株式会社 (2017年10月1日). 2018年2月8日閲覧。
  12. ^ 薬用美白オールインワンジェル SimiTRY (2018-11-12), 女神の姿で熱唱ダンス編, https://www.youtube.com/watch?v=FTdWOnET-jQ 2018年11月15日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遼河はるひ」の関連用語

遼河はるひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



遼河はるひのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遼河はるひ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS