主な出演作とは? わかりやすく解説

主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 06:41 UTC 版)

宮尾俊太郎」の記事における「主な出演作」の解説

シンデレラ』の王子ロミオとジュリエット』のロミオパリスラ・バヤデール』のソロル 『海賊』のコンラッド/ランケデム 『くるみ割り人形』のくるみ割り人形王子/ねずみの王様ドロッセルマイヤードン・キホーテ』のバジルエスパーダ白鳥の湖』のジークフリードジゼル』のアルブレヒトパ・ド・シス眠れる森の美女』のフロリムント王子宝石 熊川振付カルメン』のドン・ホセ/エスカミーリョ 熊川振付マダム・バタフライ』のピンカートン 熊川振付クレオパトラ』のアントニウス 熊川振付ベートーヴェン 第九第3楽章主演 熊川振付ウォルフガング』のサリエリ アシュトン振付二羽の鳩』のジプシー恋人 アシュトン振付『レ・パティヌール〜スケートをする人々〜』のホワイトカップル アシュトン振付バレエ ピーターラビット仲間たち』のきつねの紳士 アシュトン振付真夏の夜の夢』のデミトリアス バランシン振付シンフォニー・イン・C第1楽章主演 プティ振付ボレロ』 *これまで熊川哲也宮尾俊太郎しか踊っていない。 プティ振付アルルの女』のフレデリ 服部有吉振付戦慄スカーレット振付Promenade Sentimentale』 山本康振付Thaïs Mēditation』

※この「主な出演作」の解説は、「宮尾俊太郎」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「宮尾俊太郎」の記事については、「宮尾俊太郎」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 14:05 UTC 版)

ノエル・ゴディン」の記事における「主な出演作」の解説

長編映画 パレ・ロワイヤル! Palais royal! (2005年) - 日本では劇場未公開第14回フランス映画祭2006にて上映マムート Mammuth (2010年) - 日本では劇場未公開第19回フランス映画祭2011にて上映

※この「主な出演作」の解説は、「ノエル・ゴディン」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「ノエル・ゴディン」の記事については、「ノエル・ゴディン」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 18:14 UTC 版)

樊少皇」の記事における「主な出演作」の解説

邦題、(原題)、(製作年)の順に記載

※この「主な出演作」の解説は、「樊少皇」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「樊少皇」の記事については、「樊少皇」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 05:45 UTC 版)

フランソワ・クリュゼ」の記事における「主な出演作」の解説

女ともだち Coup de foudre (1983) 殺意の夏 L'Été meurtrier (1983) ラウンド・ミッドナイト 'Round Midnight (1986) ショコラ Chocolat (1988) 主婦マリーがしたこと Une affaire de femmes (1988) ふたり Deux (1989) 美しすぎて Trop belle pour toi (1989) オリヴィエ オリヴィエ Olivier, Olivier (1992) 愛の地獄 L'Enfer (1994) プレタポルテ Prêt-à-Porter (1994) フレンチ・キス French Kiss (1995) プロヴァンスの恋 Le Hussard sur le toit (1995) 最後の賭け Rien ne va plus (1997)日本では2011年劇場公開横浜フランス月間2010の上映題は『賭けはここまで8月終わり9月初め Fin août, début septembre (1998) 見えない嘘 L'Adversaire (2002)日本では劇場未公開第10回フランス映画祭横浜2002にて上映職人クロード・シャブロル Claude Chabrol l'artisan (2002)ドキュメンタリー映画日本では劇場未公開フランス映画祭2011関連企画にて上映ラ・ピエトラ 愛を踊る女 Quand je vois le soleil (2003) 歌え! ジャニス★ジョプリンのように Janis et John (2003) 唇を閉ざせ Ne le dis à personne (2006)日本では劇場未公開。「三大映画祭週間2011」にて上映PARIS Paris (2008) 君のいないサマーデイズ Les Petits Mouchoirs (2010) 最強のふたり Intouchables (2011)第24回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映。 11.6~最強の現金強奪犯 11.6 (2013) ターニング・タイド 希望の海 En solitaire2014

※この「主な出演作」の解説は、「フランソワ・クリュゼ」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「フランソワ・クリュゼ」の記事については、「フランソワ・クリュゼ」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 16:55 UTC 版)

バーサンジャブ」の記事における「主な出演作」の解説

邦題原題役名の順。 映画 東帰英雄伝1993年日本未公開):阿拉坦蒼き狼 チンギス・ハーン英語版) (一代天骄成吉思汗 Genghis Khan1998年):タリフタイ 役 モンゴル2007年):イェスゲイレッドクリフ Part I赤壁2008年) :関羽レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- (赤壁 決戦天下2009年):関羽 役 神なるオオカミ图腾 Wolf Totem2015年テレビドラマ チンギス・ハーン原題成吉思汗2000年):チンギス・ハーン北条時宗2001年):クビライ射鵰英雄伝2003年):テムジン宮廷女官 若曦2011年):蒙古王 役 フビライ・ハン2013年):オゴデイ大明皇妃 -Empress of the Ming-(2019年):エセン・ハン

※この「主な出演作」の解説は、「バーサンジャブ」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「バーサンジャブ」の記事については、「バーサンジャブ」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 06:42 UTC 版)

O・J・シンプソン」の記事における「主な出演作」の解説

タワーリング・インフェルノThe Towering Inferno (1974) 『ダイヤモンドの犬たちKiller Force (1975) 『カサンドラ・クロス』 The Cassandra Crossing (1976) 『カプリコン・1Capricorn One (1978) 『ハンボーンHambone and Hillie (1983) 『裸の銃を持つ男The Naked Gun (1988) また、実現こそしなかったものの、1984年の映画ターミネーター』でアーノルド・シュワルツェネッガー演じたターミネーターの候補にも挙がっていた。

※この「主な出演作」の解説は、「O・J・シンプソン」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「O・J・シンプソン」の記事については、「O・J・シンプソン」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 02:31 UTC 版)

オマール・シー」の記事における「主な出演作」の解説

ミッション・クレオパトラ Asterix & Obelix : Mission Cleopatre (2002年) - 画家 役: 編集カットされ出演シーンはない ザ・レース Le Raid (2002年) - 国連軍伍長 役: DVD題『アドベンチャー・レースSAMURAI Samouraïs (2002年) - タイソン 役: 日本では劇場未公開ビデオスルー ル・ブレ Le Boulet (2002年) - 端役マリ人その3Logorama Logorama (2009年) - ビバンダム 役など: 短編アニメーション声の出演 ミックマック Micmacs à tire-larigot (2009年) - 言語オタクレミントンアーサーと魔王マルタザールの逆襲 Arthur et la Vengeance de Maltazard (2009年) - スノー 役(英語版ではウィル・アイ・アム吹き替え): 声の出演 最強のふたり Intouchables (2011年) - ドリス 役: 日本では第24回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映 アンタッチャブルズ De l'autre côté du périph (2012年) - ボビニー警察経済課のウスマヌ・ディアキテ 役 ムード・インディゴ うたかたの日々 L'Écume des jour (2013年) - ニコラX-MEN:フューチャー&パスト X-Men: Days of Future Past (2014年) - ビショップサンバ Samba (2014年) - サンバパーフェクト・プラン Good People (2014年) - カーンジュラシック・ワールド Jurassic World (2015年) - バリーショコラ 〜君がいて、僕がいる〜 Chocolat (2016年) - ショコラ二ツ星の料理人 Burnt (2016年) - ミシェルインフェルノ Inferno (2016年) - クリストフ・ブシャール 役 あしたは最高のはじまり Demain tout commence (2016年) - サミュエルトランスフォーマー/最後の騎士王 Transformers: The Last Knight (2017年) - ホットロッド 役 ※声の出演 ベルヴィル・コップ Le flic de Belleville (2018年) - バーバウルフズ・コール Le Chant du loup (2019年) - ドルシ氷の国のスイフティ 北極危機一髪! Arctic Dogs (2019年) - レオ役 ※声の出演 Lupin (2020年) Netflix オリジナルドラマシリーズ - アサン・ディオプ 役 野性の呼び声 The Call of the Wild (2020年) - ペロージュラシック・ワールド/新たなる支配者 Jurassic World: Dominion (2022年) - バリー

※この「主な出演作」の解説は、「オマール・シー」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「オマール・シー」の記事については、「オマール・シー」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 15:48 UTC 版)

ジュリアーノ・ジェンマ」の記事における「主な出演作」の解説

剣闘士の反逆 (1958) ベニスと月とあなた (1958) ベン・ハー Ben-Hur (1959) メッサリーナ(1959) ボッカチオ'70 (1961) タイタンの逆襲 ARRIVANO I TITANI (1962) 山猫 IL GATTOPARDO (1962) 史上最大の喜劇 地上最笑の作戦 (1962) 鉄腕マチステ MACISTE L'EROE PIU' GRANDE DEL MONDO (1963) シエラザード Sheherazade (1963) 二人剣闘士 I DUE GLADIATORI (1964) 親衛隊反逆 (1964) ヘラクレス太陽の子 (1964) アンジェリク はだしの女公ANGELICA ALLA CORTE DEL RE ANGELIQUE: MARQUISE DES ANGES(1965) アンジェリク2/ヴェルサイユへの道 ANGELIQUE: MERVEILLEUSE ANGELIQUE (1965) バイキング・エリック ERIK IL VIKINGO (1964) こむすめ LA RAGAZZOLA (1965) 夕陽の用心棒 Una Pistola per Ringo (1965) 荒野の1ドル銀貨 Un dollaro bucato (1965) 続・荒野の1ドル銀貨 Il ritorno di Ringo (1965)※実際には荒野の1ドル銀貨」とは関係なく、「夕陽の用心棒」のスタッフ作品続・さすらいの一匹狼 ADIOS GRINGO (1965) 南から来た用心棒 ARIZONA COLT (1966) さいはての用心棒 PER POCHI DOLLARI ANCORA (1966) キス・キス・バン・バン KISS KISS.....BANG BANG (1967) 星空の用心棒 I lunghi giorni della vendetta (1967) 荒野の一つ星 WANTED (1967) 怒りの荒野 I GIORNI DELL'IRA (1967) バスタード I BASTARDI (1968) 暁のガンマン ...E PER TETTO UN CIELO DI STELLE (1968) ※劇場未公開テレビ放映時にさすらい用心棒」のタイトル放送された。 欲情の島 Blow Hot, Blow Cool (1969) 怒りの用心棒 Il prezzo del potere/The Price of Power (1969) ※「復讐のダラス」「ダラス・ブリット」の名前の表記見られる荒野の大活劇 VIVI O PREFERIBILMENTE MORTI (1969) 火の射手 L'ARCIERE DI FUOCO (1970) 特攻大戦線 CORBARI (1970) 女にしっぽがあったころ QUANDO LE DONNE AVEVANO LA CODA (1970) はるかなる国境 L'AMANTE DELL'ORSA MAGGIORE (1971) 新・さすらいの用心棒 ベン&チャーリー Amico, stammi lontano almeno un palmo (1972) イタリア式恋人アタック作戦 (1972) ザ・ビッグマン UN UOMO DA RISPETTARE (1972) くたばれカポネ ANCHE GLI ANGELI MANGIANO FAGIOLI (1973) アフリカ特急 AFRICA EXPRESS (1975) サファリ特急 SAFARI EXPRESS (1976) ゴールデン・ボーイ 危機また危機 Troppo Rischio Per Un Uomo Solo (1973) 縄張(シマ)はもらった Charleston (1974) ミラノの恋人 Delitto D'amore (1975) ザ・サムライ 荒野の珍道中 Il bianco, il giallo, il nero (1975) カリフォルニア CALIFORNIA (1977) 鉄人長官 IL PREFETTO DI FERRO (1977) ザ・ビッグ・バトル (1977) シルバー・サドル 新・復讐の用心棒"SILVER SADDLE"(1978) 獲物はおまえだ (1979) 警告 (1980) シャドー Shadow Tenebrae (1982) ドン・コルレオーネの娘 禁断 The Man from Corleone Le Cercle des Passions (1983) クラレッタ・ペタッチの伝説 Claretta (1984) 秘宝追え! ―イタリア特捜警察Caccia al ladro d'autore (1984魔境ガン・ファイター Tex e il signore degli abissi (1985) ※劇場未公開邦題ビデオ販売時のもの(2016.06.22現在DVDBDともに国内未発売) アルジェント・ザ・ナイトメア/鮮血イリュージョン (1986) 女たちのテーブル Speriamo che sia femmina (1986) 仁義なき街 Ready To Fight (1987) オポネント (1987) フィレンツェの風に抱かれて 日本映画 (1991) 女王フアナ Juana la Loca (2001) シークレット・ポワゾン 背徳の蜜事 (2001)

※この「主な出演作」の解説は、「ジュリアーノ・ジェンマ」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「ジュリアーノ・ジェンマ」の記事については、「ジュリアーノ・ジェンマ」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 04:41 UTC 版)

劉燁」の記事における「主な出演作」の解説

()内は原題公開年。

※この「主な出演作」の解説は、「劉燁」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「劉燁」の記事については、「劉燁」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 15:04 UTC 版)

ウラジミール・マシコフ」の記事における「主な出演作」の解説

太字主演公開邦題原題役名監督備考1997 パパってなに?Вор トーリャ パヴェル・チュルハイ 1999 ママМама ニコライ デニス・エフスティグニエフ 2000 ブルーイグアナの夜DANCING AT THE BLUE IGUANA サーシャ マイケル・ラドフォード 2001 15ミニッツ15 Minutes ミロス・カルロワ ジョン・ハーツフェルド エネミー・ラインBehind Enemy Lines サシャ ジョン・ムーア 2003 白痴Идиот ロゴージン ウラジーミル・ボルトコ テレビシリーズ、全10話 2006 怒り戦場 CODE:PIRANHAОхота на пиранью キリル・マズール アンドレイ・カヴン 2010 カンダハル 怒り大脱出Кандагар セリョージャ アンドレイ・カヴン 爆走機関車 シベリア・デッドヒートКрай イグナート アレクセイ・ウチーチェリ 2011 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルMission: Impossible - Ghost Protocol アナトリー・シディロフ ブラッド・バードラスプーチン)Распутин / Raspoutine ニコライ2世 ジョセ・ダイアンイラクリー・クヴィリカゼ 仏露合作テレビドラマ 2013 Пепел イーゴリ・ペトロフ V・ペレルマンT・ヴァインシュタイン テレビシリーズ、全10話 2014 Григорий Р. ラスプーチン アンドレイ・マリュコフ テレビシリーズ、全8話 2016 フライト・クルーЕкипаж レオニド・ジンチェンコ ニコライ・レデベフ

※この「主な出演作」の解説は、「ウラジミール・マシコフ」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「ウラジミール・マシコフ」の記事については、「ウラジミール・マシコフ」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 15:04 UTC 版)

エフゲニー・ミローノフ」の記事における「主な出演作」の解説

太字主役

※この「主な出演作」の解説は、「エフゲニー・ミローノフ」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「エフゲニー・ミローノフ」の記事については、「エフゲニー・ミローノフ」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:40 UTC 版)

ダニエレ・ヴァルガス」の記事における「主な出演作」の解説

マラソンの戦い』 (1959) 『ソドムとゴモラ』(1962) 『ダイヤモンド作戦A Man Could Get Killed (1966) 『傷だらけ用心棒Une corde, un Colt... (未公開) 『荒野の一つ星』『ジャンゴ息子』(未ソフト化)(以上1967) 『情無用の復讐』(未公開)(1968) 『マフィア/血の掟』(未公開)(1978) など多数典拠管理 BNE: XX1505861 ICCU: LO1V293861 VIAF: 87232110 WorldCat Identities: viaf-87232110

※この「主な出演作」の解説は、「ダニエレ・ヴァルガス」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「ダニエレ・ヴァルガス」の記事については、「ダニエレ・ヴァルガス」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 09:20 UTC 版)

陳道明」の記事における「主な出演作」の解説

( )内に邦題と製作もしくは放映年を記す。

※この「主な出演作」の解説は、「陳道明」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「陳道明」の記事については、「陳道明」の概要を参照ください。


主な出演作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/19 23:30 UTC 版)

チェスティー・モーガン」の記事における「主な出演作」の解説

1976年:『Fellini's Casanova 』 - Barberina出演シーンカットされた1974年:『ダブル・エージェント73英語版)』 - Jane Tennay 1974年:『デッドリー・ウェポン(英語版)』 - CrystalZsa Zsa名義ハリー・リームス共演) この項目は、俳優男優女優)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:映画/PJ芸能人)。

※この「主な出演作」の解説は、「チェスティー・モーガン」の解説の一部です。
「主な出演作」を含む「チェスティー・モーガン」の記事については、「チェスティー・モーガン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主な出演作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

主な出演作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主な出演作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宮尾俊太郎 (改訂履歴)、ノエル・ゴディン (改訂履歴)、樊少皇 (改訂履歴)、フランソワ・クリュゼ (改訂履歴)、バーサンジャブ (改訂履歴)、O・J・シンプソン (改訂履歴)、オマール・シー (改訂履歴)、ジュリアーノ・ジェンマ (改訂履歴)、劉燁 (改訂履歴)、ウラジミール・マシコフ (改訂履歴)、エフゲニー・ミローノフ (改訂履歴)、ダニエレ・ヴァルガス (改訂履歴)、陳道明 (改訂履歴)、チェスティー・モーガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS