1979とは? わかりやすく解説

1979

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:56 UTC 版)

スラッシャー映画」の記事における「1979」の解説

テレキネシス題材とした『デビルズ・ゾーン』は当初は成功しなかったが、ファンによる再評価受けた同年公開されたフレッド・ウォルトンの『夕暮れにベルが鳴る』は、北米850万枚チケット売上げその年で最も成功したスラッシャー映画となった。その成功は、ベビーシッターキャロル・ケイン)が「子供たち確認したか?」と繰り返し電話聞いてくる相手挑発され同作オープニングシーン帰するところ大きいとされている。一方でバーレスク題材としたレイ・デニス・ステッカー主演の『The Hollywood Strangler Meets the Skid Row Slasher』とアベル・フェラーラの『ドリラー・キラー』の収益今ひとつであり、両作は浮浪者に対するいわれのない画面上の)暴力扱っている

※この「1979」の解説は、「スラッシャー映画」の解説の一部です。
「1979」を含む「スラッシャー映画」の記事については、「スラッシャー映画」の概要を参照ください。


1979 - (G2時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 00:39 UTC 版)

フライングチルダーズステークス」の記事における「1979 - (G2時代)」の解説

1979: Abeer 1980: Marwell 1981: Peterhof 1982: Kafu 1983: Superlative 1984: Prince Sabo 1985: Green Desert 1986: Sizzling Melody 1987: Gallic League 1988: Shuttlecock Corner 1989: 中止 1990: Distinctly North 1991: Paris House 1992: Poker Chip 1993: Imperial Bailiwick 1994: Raah Algharb 1995: Cayman Kai 1996: Easycall 1997: Land of Dreams 1998: Sheer Viking 1999: Mrs P 2000: Superstar Leo 2001: Saddad 2002: Wunders Dream 2003: Howick Falls 2004: Chateau Istana 2005: Godfrey Street 2006: Wi Dud 2007: Fleeting Spirit 2008: Madame Trop Vite 2009: Sand Vixen 2010: Zebedee 2011: Requinto 2012: Sir Prancealot 2013: Green Door 2014: Beacon 2015: Gutaifan 2016: Ardad 2017: Heartache 2018: Soldier's Call 2019: A'Ali 2020: Ubettabelieveit 2021: Caturra ^ ※馬場陥没ができたため開催中止。 ^ ※ヨーク競馬場開催

※この「1979 - (G2時代)」の解説は、「フライングチルダーズステークス」の解説の一部です。
「1979 - (G2時代)」を含む「フライングチルダーズステークス」の記事については、「フライングチルダーズステークス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1979」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1979」の関連用語

1979のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1979のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスラッシャー映画 (改訂履歴)、フライングチルダーズステークス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS