2018とは? わかりやすく解説

2018

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 23:41 UTC 版)

2018二千十八二〇一八、にせんじゅうはち)は、自然数または整数において、2017の次で2019の前の数である。




「2018」の続きの解説一覧

2018 -(J2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 01:13 UTC 版)

大宮アルディージャ」の記事における「2018 -(J2)」の解説

2018年 クラブスローガン「ONE 勝利のために」 石井体制2年目スローガン石井中心に考案された)。原崎政人大塚真司藤原寿徳大塚慶輔コーチに就任。岩上祐三江坂任瀬川祐輔大屋翼高瀬優孝長谷川アーリアジャスール播戸竜二松井謙弥和田拓也が完全移籍で、黒川淳史清水慶記藤沼拓夢山田陸期限付き移籍チーム離れる一方笠原昂史酒井宣福嶋田慎太郎ロビン・シモヴィッチ富山貴光中村太亮三門雄大が完全移籍加入し佐相壱明新加入、奥抜侃志ユースから昇格した石井4-4-2基本戦術とし開幕前からそれまで渋谷伊藤時代にあまり見られなかったサイド攻撃意識させた練習繰り返しDFの裏を狙うなどシンプル且つアグレッシブに攻めスタイル確立しようとする。開幕当初は特に守備面選手間の連携構築時間かかったこともあり第9終了時点では2勝1分5敗と黒星大きく先行し19位まで順位落とす。一方で攻撃面で大前元紀を軸としてシモビッチまたは冨山を配置した2トップ徐々に功を奏し、第10節から第12節まで3連勝しシーズン初の連勝記録する守備面でも三門大山啓輔ダブルボランチ攻守オーガナイズできるようになると、第16節からは第23節まで8戦負無し記録するなど好調さを取り戻し順位徐々に上げていき、J1昇格プレーオフ圏を狙える順位となる。迎えた最終節、7位大宮アウェイ岡山数的不利の状況から勝ち越し成功し引き分けた5位東京V・6位福岡逆転して5位でJ1参入プレーオフ進出決める。しかし、プレーオフでは1回戦東京V0-1敗れ1年でのJ1復帰はならずこの年限り石井退任した大前24得点リーグ得点王輝きチーム総得点65と大分・千葉に続くリーグ3位となる一方失点4811番目、優勝した松本14点下回る)と守備面での課題浮き彫りになったシーズンであった2019年 クラブスローガン「121ORANGE」 前長崎監督高木琢也監督招聘大規模改革人事異動などは行われずコーチ陣続投移籍少数に留まった。 金東秀マルセロ・トスカーノ契約満了で、加藤順大マテウス横谷繁が完全移籍で、清水慎太郎期限付き移籍チーム離れ藤沼拓夢山田陸引き続き期限付き移籍一方で前年夏から期限付き加入していた畑尾大翔が完全移籍残留石川俊輝フアンマ・デルガド獲得したほか、小島幹敏清水慶記期限付き移籍から復帰小野雅史新加入、吉永昇偉ユースから昇格した高木大宮長年採用した4バックではなく3バック採用、3-4-2-1を基本フォーメーションとした。3バックへの変更によりサイド攻撃減少しカウンターによる中央攻撃多くなり、前年度よりもポゼッション比率減少序盤4試合1勝1分け2敗とスタートダッシュとは行かなかったものの、第5節水戸戦から第20節金沢戦までの3ヶ月間で5連勝を含む16戦無敗(8勝8分)を記録し上位争い演じる。第29節から4戦未勝利(2分2敗)となって6位にまで後退するが、第33節から3連勝して再び上位争い食い込むも、その後ラスト3試合引き分け2位横浜FC捉えることは出来ず3位J1参入プレーオフ出場となった。しかし、J1参入プレーオフ1回戦にて山形対戦し後半の2失点敗北2020年 クラブスローガン「WIN☆WIN」。 高木琢也体制2年目原崎政人藤原寿徳コーチ退任し北嶋秀朗松本拓也コーチに就任。開幕前からシーズン終了までの入団選手19名に上り開幕退団選手においては主将エース背番号10番兼任していた大前元紀を始め得点源のフアンマ・デルガド・ベテラン選手・成績不振選手放出し合計17名の大量放出となった基本フォーメーションは3-4-2-1を継続しポゼッション取り入れた開幕4連勝スタートダッシュ決めるものの、その後徐々に成績落とし第9福岡戦から7戦勝ちなし(2分5敗)に陥り13位へ後退イバ補強したが、その後1勝3分2敗と調子上がらず15位で前半戦終える。後半戦は2連勝スタートするも、第24東京V戦から再び7戦勝ちなし(5分2敗)に陥り第28節終了時点17位まで後退する怪我人続出し、他チームへの期限付き移籍選手呼び戻すなどの緊急補強が行われたが、終ぞ成績上向かず、最終順位クラブ最低のJ2 15位に終わった2021年 クラブスローガン「SHOW 勝つ、笑う、昇格する」。 森正志が代表取締役退任2月1日付で佐野秀彦代表取締役に就任、岩瀬健監督に就任。岩瀬監督歴は約2ヶ月であり開幕前から指揮初経となったメディアからは「変革」のシーズン評され岩瀬は「勝利」を強く提唱しフォーメーション大宮伝統4バック戻し岩瀬の前所属大分的なポゼッションカウンター二枚刃を武器にした攻撃的戦術採用したが、自陣ポゼッション多くなり岩瀬志向する能動的なサッカー機能しなかった。第5節長崎戦にて4-0勝利第6節琉球戦にて引き分け第7節秋田戦にて引き分けた最下位転落しクラブ側が緊急声明発表する事態となった。 第15北九州戦にて10試合連続未勝利となり5月25日岩瀬監督西脇徹也強化本部長退任大宮トータルアドバイザー・VENTUS総監督佐々木則夫期間限定監督に就任しJリーグ参入後の大宮トップチーム20人目監督となった佐々木Jリーグ参入前大宮トップチームにて監督経験があったが、Jリーグ参入後の大宮トップチーム監督就任初経となった)。秋元利幸が強化部長代理に就任し代表取締役 佐野自らが本部長強化部長兼任する事態となった。新強化部と新監督による体制強化宣言され前年度までの体制比較して代表取締役強化部・監督が総替え一新されることになった佐々木は「能動的に試合進め理想的なサッカー」から「現実的なサッカー」への転換提唱しパスへの意識球際注視した佐々木就任早々チーム再建着手し前へ意識を出すことや声掛け徹底などの基本基礎的な部分からチーム再建を始めた。選手には自身を「佐々木監督ではなくノリさん」と呼ばせ選手との親近感交流重視した5月28日2020年度クラブ経営情報先行発表され大宮が全J2クラブ営業収益1位となった(全Jリーグクラブ中12位)。6月7日霜田正浩監督就任発表霜田は「魂を込める」「ファイト」「デュエル」という言葉用いてチャレンジャーとしてアグレッシブ強気に相手向かっていく精神躍動感ハードワーク提唱6月9日天皇杯2回戦千葉戦にて、佐々木三門雄大をベンチキャプテンに指名した1-0敗戦佐々木体制全敗終了したその後6月11日主将渡部大輔から三門変更した霜田体制初陣となった18栃木戦にて4-1-2-3を使用し引き分け第19節松本戦にても引き分けリーグ戦天皇杯含めて通算15試合未勝利となった6月23日北嶋秀朗ヘッドコーチ就任発表。第20山口戦にて黒川淳史シーズン得点決め16戦ぶりに勝利7月29日3月決算クラブ含めた2020年度クラブ経営情報正式発表され5月28日先行発表と同様大宮が全J2クラブ営業収益1位となったシーズン中断期間に補強した南雄太河田篤秀シーズン後半に活躍し霜田の提唱するアグレッシブさや躍動感基軸活力勢い徐々に取り戻していったが失点増加。第27松本戦にて、復帰した菊地俊介4-2-3-1司令塔起用し勝利し第28節東京V戦にても菊池司令塔起用し2連勝シーズン連勝し降格圏より脱出したが、第34千葉戦より菊池離脱する4-4-2使用増加10月22日河本裕之2021年度限りでの引退発表。第41町田戦まで1勝のみの苦戦続き再度降格危機立たされた。12月1日2007年より約14年在籍したフットボール本部育成部長中村順契約満了発表した霜田体制初戦よりDFよりビルドアップするポゼッションフットボール使用していたが、対戦相手カウンターアタックにより失点することが多く降格危機立たされた。最終6試合手堅く現実的な堅守速攻サッカーへの転換によるJ2残留目指し第42節群馬戦にて7試合ぶり勝利を挙げJ2残留確定した前年記録したクラブ最低順位J2 15位を下回る16位でシーズン終了降格した19位相原との勝点差は僅か「4」であった試合終了後クラブ声明発表しシーズン当初掲げたJ1昇格という目標とはかけ離れた最終節まで残留決まらないシーズンになり、この悔し現実しっかりと受け止めて2022シーズンクラブ全体で甘い部分全て捨て覚悟臨み2022シーズン強くて魅力的なクラブになるために大宮アルディージャ歴史的な変革踏み出す覚悟である」こと、「J1時代仕様が多く残った体質継続主義変え筋肉質なクラブ目指し聖域なき選択と集中大胆な廃止行い最適化されたコストバランスによりひたむきにクラブ成長目指し攻守においてハードワーク走り切るサッカースタイルに取組み事業面ではこれまでクラブ独自に取り組んできたチケットシステム・グッズ販売・スマートスタジアム事業見直してJリーグID基軸としたサービス移行し変革覚悟を持ってチャレンジする」と大宮変革表明し霜田は「今年悔しさ絶対に忘れず新し大宮アルディージャ作っていかなくてはならなく、魂の伝わ試合をしたい」ということ語り主将三門試合後のインタビューにて涙を流した河本引退セレモニーでは三浦知良よりビデオメッセージ送られ霜田監督続投秋元強化部長就任発表12月6日霜田会見が行われ、「山口時代のつなぐサッカー自己満足だった。最後の6試合リスク考えて現実的な堅守速攻サッカーに)変えた。膿が溜まっているし、原因がわからないから膿は溜まる。まっとうなクラブしていきたい選手のクオリティだけでは勝てないクラブの格やスポンサー多寡とかも関係なく松本J3落ち秋田あれだけやれている。クラブの中で何が起きているか。それが順位反映されている」と語った2022年 クラブスローガン「ひたむき」。 霜田正浩体制2年目2021年最終戦後の変革についての声明続き新年の挨拶にて代表取締役佐野秀彦大宮変革再度表明し前年度報道機関に「変革シーズン」と評されていたが2022年度本格的公式的変革乗り出すこととなった河本裕之ユース含めて2002年より約20年在籍した渡部大輔黒川淳史イバ翁長聖笠原昂史河面旺成櫛引一紀フィリップ・クリャイッチネルミン・ハスキッチ松田詠太郎馬渡和彰、約12年大宮在籍したコーチ大塚真司23年在籍したGKコーチ渡邉英豊など多くの主力選手長期在籍スタッフ退団しクラブ高開幕前退団選手22名を記録期限付き移籍期限付き移籍選手の移籍などを含む)。一方で前年度主将三門雄大河田篤秀中野誠也菊地俊介奥抜侃志小野雅史小島幹敏柴山昌也西村慧祐などの主力選手契約更新し、2016年度まで大宮所属していた泉澤仁元日本代矢島慎也が完全移籍加入スタッフでは、秋元利幸が強化部長2019年大宮にて引退した金澤慎コーチに就任した大宮毎年豊富な資金力外国籍選手揃えていたが方針転換クラブ初の外国籍選手開幕時無在籍シーズンとなり、霜田は「強い大宮取り戻リスタート年にしたい」と語った1月14日2003年大宮応援番組Ole! アルディージャ』が『オレアル』に、約19年ぶりに改題された。1月15日新体制発表会にて、攻守共にひたむきにハードワークして走り勝つサッカー提唱しフットボールビジョンとスタイル制定したフットボールビジョンとスタイルを参照)。 しかし開幕から怪我人続出するなど成績低迷。第18終了時点20位(4勝9敗5分)とJ3降格スレスレとなり、5月26日霜田監督解任同日2021年鹿島指揮した相馬直樹監督就任発表した

※この「2018 -(J2)」の解説は、「大宮アルディージャ」の解説の一部です。
「2018 -(J2)」を含む「大宮アルディージャ」の記事については、「大宮アルディージャ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2018」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2018」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2018のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2018のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2018 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大宮アルディージャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS