鹿島とは? わかりやすく解説

かしま【鹿島】


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島

読み方:シカジマ(shikajima)

対馬海峡無人島

所在 長崎県下県郡美津島町

位置・形状 対馬島沿岸


鹿島

読み方:シカノシマ(shikanoshima)

対馬海峡無人島

所在 長崎県下県郡美津島町

別名 鹿ノ島(シカノシマ)

位置・形状 対馬島沿岸

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

香取・鹿島(かとり・かしま)

香取神社には経津主神(ふつぬしのかみ)を祭り鹿島神社武甕槌命(たけみかづちのみこと)をお祭りして、ともに武神を祭る神社として尊崇され、武の発祥地とされている。
飯篠長威斎家直はこの地に天真正伝神道流興し日本剣道源流として知られてる。全国道場には香取・鹿島の御神霊武神として移祭しているところが多い。

鹿島

読み方:カノシマ(kanoshima)

所在 富山県砺波市


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島


鹿島

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鹿島

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:06 UTC 版)

鹿島(かしま、かじま、ろくとう)




「鹿島」の続きの解説一覧

鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 18:09 UTC 版)

石油コンビナート」の記事における「鹿島」の解説

鹿島には石油精製設備では鹿島石油プラント立地するまた、石油化学設備では三菱化学プラント立地する三菱化学コンビナートプラントナフサ他を提供する製油所鹿島石油(株)鹿島製油所中核施設であるエチレンプラント擁する事業所三菱化学(株)鹿島事業所誘導工場JSR(株)鹿島工場(株)トクヤマ鹿島工場日本ポリエチレン(株)鹿島工場日本ポリプロ(株)鹿島工場旭硝子(株)鹿島工場鹿島塩ビモノマー(株)本社工場(株)ティーエムエアー鹿島工場、鹿島ケミカル(株)本社工場花王(株)鹿島工場日本乳化剤(株)鹿島工場(株)カネカ鹿島工場(株)ADEKA鹿島工場信越化学工業(株)鹿島工場(株)クラレ鹿島事業所ライオンケミカル(株)鹿島工場(株)ユポ・コーポレーション鹿島工場(株)油化スケネクタディー鹿島工場三菱ガス化学(株)鹿島工場JSRクレイトンエラストマー鹿島工場(株)クラレ鹿島事業所三井化学(株)鹿島工場日本ブチル(株)鹿島工場

※この「鹿島」の解説は、「石油コンビナート」の解説の一部です。
「鹿島」を含む「石油コンビナート」の記事については、「石油コンビナート」の概要を参照ください。


鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:20 UTC 版)

福島第一原子力発電所1号機の建設」の記事における「鹿島」の解説

上述のように1966年4月にはGEへの特命発注確実視されたが、GE側は東京電力からの正式発注見越し1号機本館事務本館建設工事について清水建設竹中工務店鹿島建設間組の4社に指名発注4月21日見積書徴収を行うこととした。1966年12月東京電力GEが正式契約した際、『電気産業新聞』は「下馬評」として竹中工務店挙げていた。その後、この4社の中で鹿島建設間組競争が後にクローズアップされ、鹿島が原子炉建屋本館工事受注した。『日刊建設工業新聞』は1966年12月には鹿島決定報じ解説記事にて「一歩先輩格の敦賀原子力建屋竹中工務店決まっていることから見てまずは当然の落着ぶり。(中略今後エバスコ社と日本業者のからみも関心マトとなる」と評している。 当時会長だった鹿島守之助自由民主党参議院議員として様々な提言時の建設大臣提出するロビー活動行った1966年4月13日出された「設計施工一本化に関する件」では、当時設計者施行者が完全に分割発注されていた慣習危機感持ち欧米様々な契約形態引き合いしながらその一本化求めていたが、ターンキーについは「大企業の持つ調査研究技術資本力等の能力十二分に活用する方式として戦後欧米各国大手建設業者自前設計能力備え最新技術導入する能力備えているためであると説明し設計施工分離方式時代遅れ批判している。ただし、この考え背景には国内中小業者施工能力低く見ている視点もあり、分割発注批判について同時期に提出した別の意見書にも盛り込んだ結果全国中小建設業協会より批判受けた。同協会は「JV工事大型化図り大手工事発注する方便に過ぎない」「日本のような小さい国の業者世界一工事実績を持つということは(略)中小業者踏み台にしてのし上がったものだ。(略)国内受注がほとんど」と米国との国情相違挙げ分割発注はむしろ工事迅速化するとし伊勢湾台風復旧の例を挙げている。 当機の受注活動において当初鹿島はJV方式提案したが、同社社史によると「業者間の足並み乱れ、むしろはげしい競争がおこり、それをGE巧みに利用するなどスッキリしない動き多かった」とされ、契約までのイザコザによる遅れも発生したという。また、鹿島内ではGE元請けになった工事応札するべきか激論交わされ一時的に撤退論も優勢となったGE日本的な談合文化とは無縁で、応札する国内ゼネコン各社は本気で見積もり価格叩き合い迫られていたからである。受注当時『日刊工業新聞』1967年4月22日)によると、鹿島は当初22億円の価格提示したものの、GETESCOはこの提案一蹴、鹿島はこれを受け「これ以上下げるのは不可能」として18億円を再提示したが、GETESCOはこの案も一蹴し14億円で落札するように迫ったという。しかしながら受注いたった要因としては下記挙げられている。 1966年契約後、日立東芝機器下請として使う決定同時に鹿島が建設下請けに就くことも早々に内定していたとされること 1967年1月より一号機の準備工事着手されており、鹿島はこの際Letter of Comittment(事前了解)を承認していたこと 競合相手間組14億円で落札する姿勢見せ始めたこと 鹿島守之助から「赤字でもやれ」と鶴の一声下ったこと 日立東芝三井物産、および東京電力の強い希望があったこと。 1号本館受注GE東京電力契約の後、1967年2月初旬報じられた。落札した鹿島は受注のため石川六郎副社長当時)を訪米する念の入れようで、その背景には原子力発電所場合関連設備含めると巨大な建設市場となるという共通認識があったという(石川は「将来見越して」とコメントしている)。入札時より認識されていた技術的新規性としては、下記のような点が挙げられ従来建設技術では対応出来ず新技術開発促進するものと見られていた。 建物コンクリート部分大幅に厚くなる 内部構造特殊な形式をとる 鹿島が受注成功した要因として池亀亮は『日経産業新聞に対して耐震構造研究他社より重視したことを挙げている。鹿島は本機受注10年前に当たる1956年には社内原子力室を設けていた。日本原子力発電草創期には地震動衝撃炉心及ばないようにエネルギーを逃がす軟構造か、反対に剛構造として敷地固定するかで見解分かれていたが、早期岩盤直接固定する方針技術的詳細後述)を打ち出し先行したと言う。 なお、鹿島はこれに先立つJRR-1,JPDR建屋工事赤字受注しており、技術蓄積するための先行投資として割り切った。そこには上述のような巨大産業発展する」という読みがあったが、短期的に読みは当たり、2号機では東京電力国産化方針から発注者東京電力からの直接受注切り替わり、この福島経験原子炉ビジネスでの転機となった結果1989年までに日本の電力会社発注したBWR19基の内16基を鹿島が占めた取締役の名井透は「過去投資見合ったリターンはあった」「原発建屋技術一般建屋にも応用してきたので数字表れないメリット大きい」と述べている。ただし、『原子力通信』によると、鹿島の取った安値入札非難する向きもあった。 鹿島守之助政治家外交史研究者としての側面を持つ人物であったが、日本潜在核武装能力獲得という目標持っており、東京電力GEが当機の正式契約結んだ2日後12月10日、『電気協会雑誌』にて中華人民共和国核開発への対抗西独核戦力参加要求材料に「非核保有国日本も(中略原子力の平和利用によって、核兵器の製造能力をも十分具備している。そして将来中共そうした発言権はねかえすためには、今後このような能力保持するだけの国力、すなわち技術力科学力経済力不断に養っておかねばならない。」と述べている。 別記のように敷地造成後、1号機建屋建設鍬入れ式1967年4月1日執り行われ、これを以って工事着手とされているが、GEと鹿島の契約調印1967年6月19日であった。 なお、鹿島は当時建設大手6位のモリソン・クヌードセン(Morrison Knudsen,MK)社と密接な関係にあり、本発電所建設においてMK社も関与していた。更に、鹿島は1号機建設においてGEEBASCOより現地指導受けた他、米国EBASCO社に技術者を8名ほど派遣して原子力発電所設計・施工についての技術修得行い1969年に入る頃には自主的に建屋建設受注出来レベルまで自信をつけてきていた。1968年2月同社武藤研究室EBASCO視察行った時点では出向社員は4名であった武藤清出張報告にて、当時自社計算機容量が32Kに更新されたこともあり「電子計算機施設計算機容量24K)および耐震関係の保有プログラム等は当社の方が、はるかに優れていることが分かりました耐震解析にさいしては、その現象解析実際建物に対して忠実に行なうということをわれわれは常々考慮しておりますその結果原子炉建物等振動系は非常に複雑なモデルとなりますが、EBASCO社では現在のところこの種の解析不可能と考えられます。日本建設される原子炉建物耐震解析EBASCO社から武藤研究室への依頼問題については特に触れずに、(中略訪問終えました。」と述べている。

※この「鹿島」の解説は、「福島第一原子力発電所1号機の建設」の解説の一部です。
「鹿島」を含む「福島第一原子力発電所1号機の建設」の記事については、「福島第一原子力発電所1号機の建設」の概要を参照ください。


鹿島(かしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 14:48 UTC 版)

喰いタン」の記事における「鹿島(かしま)」の解説

寺田異動になった時に高野後任担当になった講談社編集者。しかし、4巻に2回登場してから長らく出番無くいつの間に高野担当ポジション上記武田奪われ次に登場したのは11巻になってからだった。しかも、久しぶり登場だというのに殺人事件の被害者となってしまう。別に顔立ち丹精ではなくというより、むしろ不細工描かれているが、若い同僚年上寮母とで二股をかけていた。その為に別れ話をきり出された方の女性から殺されてしまったはずなのだが、15巻収録分の話で生きて再登場してきた。今では3人で仲良くやっており、講談社種馬呼ばれている。

※この「鹿島(かしま)」の解説は、「喰いタン」の解説の一部です。
「鹿島(かしま)」を含む「喰いタン」の記事については、「喰いタン」の概要を参照ください。


鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 15:07 UTC 版)

倉敷海底トンネル事故」の記事における「鹿島」の解説

鹿島は事故後、設計・施工中の全てのシールドトンネル調査し構造設計設計基準満たしていることを確認している。また停電時のバックアップ体制確立し避難誘導器具充実図った安全環境部人員権限強化している。 鹿島・大林JV施工し国道357号東京港トンネル西行きトンネル羽田空港方面)は、事故同様にシールドトンネル工法海底掘進することから東京港トンネル施工技術検討委員会指導を受け、「シールドマシンのテールシールブラシを3段から4段増やす」「3箇所監視カメラ24時間録画機能付加」「セグメント組立時の停電対策として、非常用発電機設置」という対策取った

※この「鹿島」の解説は、「倉敷海底トンネル事故」の解説の一部です。
「鹿島」を含む「倉敷海底トンネル事故」の記事については、「倉敷海底トンネル事故」の概要を参照ください。


鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 15:07 UTC 版)

倉敷海底トンネル事故」の記事における「鹿島」の解説

鹿島は事故関連する費用として約30億円を特別計上したことなどを合わせ2012年3月期の通期業績予想を、連結ベース当期純利益1年前に比べて86%減の35億円、単体ベース当期純利益12月予想から91億円減額71億円の赤字になると下方修正し、4月18日発表した

※この「鹿島」の解説は、「倉敷海底トンネル事故」の解説の一部です。
「鹿島」を含む「倉敷海底トンネル事故」の記事については、「倉敷海底トンネル事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鹿島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鹿島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鹿島と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「鹿島」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる純利益連単倍率とは

    株式の投資基準とされる純利益連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想純利益が個別財務諸表ベースの予想純利益の何倍かを表したものです。純利益連単倍率は、次の計算式で求めることができます。純利益連単倍率=...

  • 株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは

    株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想売上高が個別財務諸表ベースの予想売上高の何倍かを表したものです。売上高連単倍率は、次の計算式で求めることができます。売上高連単倍率=...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鹿島」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鹿島のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2024 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹿島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの石油コンビナート (改訂履歴)、福島第一原子力発電所1号機の建設 (改訂履歴)、喰いタン (改訂履歴)、倉敷海底トンネル事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS