鳥居とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 鳥居の意味・解説 

とり‐い〔‐ゐ〕【鳥居】

神社神域象徴する一種の門。2本のの上笠木(かさぎ)を渡し、その下に貫(ぬき)を入れて連結したもの笠木の下に島木(しまぎ)のある明神鳥居系統と、島木のない神明(しんめい)鳥居の系統大別される。

鳥居の画像
鳥居をした紋所
鳥居の画像
鳥居を示す地図記号
鳥居の画像

とりい〔とりゐ〕【鳥居】


鳥居

読み方:トリイtorii

神社参道入口社殿周囲玉垣の入口に建て、神域を示す一種の門。


とりい 【鳥居】

神社参道入口などに立てて神域を示す一種の門。伊勢神宮鹿島神宮神明鳥居基本とし、明神鳥居春日鳥居山王鳥居稲荷鳥居三輪鳥居両部鳥居など種々の様式がある。木製本式だが石製青銅製・鉄製・陶製もあり、近年では鉄筋コンクリート製もある。起源語源についてはインドトラーナ(塔を囲む垣の門)からとか、中国華表(墓・城・役所石門)からとか諸説がある。日本では奈良時代以前からあり、二本注連繩渡したのが原型とか、名称は〈通り入る〉からとか、〈がとまり居る〉とか多説をみる。

鳥居(とりい)

神域表示あるいは神社の門などとして建設する特殊建築独立して建てられ、神域表示する場合も多いが、発達次第からみると垣(玉垣)や塀の間に設け門柱としてできたものが様式化された。

鳥居

読み方:とりい

神社入り口に建つ大きな門の役割をしているものです。鳥居は神さま神域人間界境界を表しています。一つ神社二つ上の鳥居をもつところでは、入り口に近いものから順に一の鳥居、二の鳥居となります。鳥居をくぐるときには軽くお辞儀をするのが一般的な礼儀となっています。

鳥居

読み方:とりい

  1. 絹物衣服一切。〔第二類 人物風俗
  2. 着物を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鳥居


鳥居

読み方:トリイtorii

所在 兵庫県加東市


鳥居

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鳥居

読み方:トリイtorii

所在 愛知県(JR飯田線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鳥居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 03:07 UTC 版)

鳥居(とりい)とは、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)であり、神域への入口を示すもの。一種の「」である。


  1. ^ a b 武光誠著『日本人なら知っておきたい神道』河出書房新書出版 2003年
  2. ^ 2本の門柱を立てたのみの門で、平行材(貫や笠木)を渡さない。
  3. ^ a b c 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  4. ^ 地図記号一覧|国土地理院
  5. ^ 金峰神社”. やさしい鹿児島スイスイなび. 鹿児島県障害福祉課. 2017年11月11日閲覧。
  6. ^ 監修 神社本庁教学研究所『神道いろは』神社新報社、東京都渋谷区代々木1-1-2、2004年4月1日、第4版、132ページ。ISBN 4-915-265-99-4
  7. ^ 京都大学附属図書館所蔵 平松文庫『皇太神宮儀式帳』7/76面右から5行目(?)(京都大学)(PDFファイル)
  8. ^ 『神道大辞典』昭和12年7月15日初版発行平凡社、臨川書店、京都市左京区、1986年4月25日(原著1937年7月15日)、復刻版、1060頁。ISBN 4-653-01347-0
  9. ^ a b 根岸榮隆「第二節鳥居とは何か、紛々たる諸説、鳥居の起源」『鳥居の研究』第一書房、東京都文京区本郷、1986年10月6日(原著1943-02-11、初版、厚生閣、東京市麹町区)、復刻版、368頁。
  10. ^ a b 『古代朝鮮と倭族 - 神話解読と現地調査』鳥越憲三郎(大阪教育大学名誉教授他)、中央公論(原著1992年12月25日)、初版、129頁、アカ族の習慣。ISBN 978-4-12-101085-8
  11. ^ 『古代中国と倭族 - 黄河・長江文明を検証する』鳥越憲三郎(大阪教育大学名誉教授他)、中央公論(原著2001年1月25日)、初版、222頁アカ族に関する出典ISBN 4-12-101517-7
  12. ^ a b 『雲南からの道 - 日本人のルーツを探る』鳥越憲三郎(大阪教育大学名誉教授他)、講談社(原著1983年4月25日)、初版、68-70頁アカ族に関する出典ISBN 4-06-200361-9
  13. ^ 日本とヘブライの共通点
  14. ^ ラビ・マーヴィン トケイヤー、「聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史」。出エジプト記にある、モーセが玄関口の二本の柱と鴨居に羊の血を塗らせ、災いが静かに通り過ぎるまで家の中で待つように指示した故事が鳥居のルーツであるという。
  15. ^ 満州写真館 風俗風習その1”. 2016年2月6日閲覧。
  16. ^ "アカ族のパトォー・ピー(精霊の門)の写真http://maesai.main.jp/page068.html
  17. ^ "アカ族のパトォー・ピー(精霊の門)の写真http://akon.sakura.ne.jp/torii/torii.html
  18. ^ "アカ族(Akha)のパトォー・ピー(精霊の門)の写真http://en.wikipedia.org/wiki/File:Gate_leading_to_the_akha_hilltribe_village.jpg
  19. ^ 弥生・古墳時代の鳥形製品 (PDF)”. 愛知県埋蔵文化財センター. pp. 3/4頁 (2000年1月31日). 2010年1月10日閲覧。
  20. ^ 長山靖生『偽史冒険世界 カルト本の百年』ISBN 448003658X
  21. ^ この項目については三田克彦「16.鳥居の原型と冠木、唐居敷の変遷 : 門にみられる長押構造」『日本建築學會論文集』第48号、社団法人日本建築学会、1954年3月30日、 121-129頁、 NAID 110004854032から引用している。
  22. ^ 和名類聚抄伊呂波字類抄、塩尻、筆のみたま、神祇堤要などの古典的辞書はこの説をとる
  23. ^ Otto Karow und Dietrich Seckel:Der Ursprung des Torii,1942,Tokyo
  24. ^ 高田与清(松屋筆記巻六八、文政年間)、平田篤胤(俗神道大意、万延元年)、喜田貞吉(鳥居の新研究、昭和11年11月)、福山敏男(鳥居に就いて、昭和17年4月)
  25. ^ “鳥居、安価な塩ビ製に 県内神社、建て替えなどで採用”. 信濃毎日新聞. (2016年5月9日). http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160509/KT160428FTI090048000.php 2016年5月9日閲覧。 
  26. ^ 『京・伏見歴史の旅』 山本眞嗣、山川出版社、新版、 155頁
  27. ^ inari torii 稲荷鳥居” (英語). Japanese Architecture and Art Net Users System. 2010年1月10日閲覧。
  28. ^ ナヴィ インターナショナル『あなたは3つ言えますか? 日本の三大雑学236』幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2003年7月、370-372頁。ISBN 978-4344403925
  29. ^ Google検索結果
  30. ^ 日本経済新聞 電子版 2014年2月2日
  31. ^ 朝日新聞 DIGITAL 2009年3月17日
  32. ^ 朝日新聞 DIGITAL 2009年1月3日 ※ページは消去



Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




鳥居と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥居」の関連用語

鳥居のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2020 (C)Okayamaken Jinjacho
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2020 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥居 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS