本陣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 本陣の意味・解説 

ほん‐じん〔‐ヂン〕【本陣】

陣営で、総大将がいる場所。本営

江戸時代街道宿駅で、大名公家幕府役人などが宿泊した公的旅宿


本陣

読み方:ホンジンhonjin

江戸時代街道宿場に置かれた大旅籠勅使大名公家など貴人宿泊した。

別名 大名宿本亭


本陣

作者佐藤

収載図書夢三十夜
出版社近代文芸社
刊行年月1995.8


本陣

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

本陣

読み方
本陣ほんじん

本陣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 10:45 UTC 版)

本陣(ほんじん)は、 江戸時代以降の宿場で、身分が高い者が泊まった建物。大名旗本幕府役人、勅使宮門跡らが利用した。「大旅籠屋」(おおはたごや)とも[1]。原則として一般の者を泊めることは許されておらず、営業的な意味での「宿屋の一種」とはいえない。宿役人の問屋や村役人の名主などの居宅が指定されることが多かった。また、本陣に次ぐ格式の宿としては脇本陣があった。


  1. ^ 広辞苑』(第3版)2227頁
  2. ^ 草津市立草津宿街道交流館企画『0から学ぶ草津の歴史 宿場町』(草津市立草津宿街道交流館、2019年)p.34
  3. ^ 草津市立草津宿街道交流館企画『0から学ぶ草津の歴史 宿場町』(草津市立草津宿街道交流館、2019年)p.34-35
  4. ^ 神辺本陣 - 広島県の文化財(広島県公式ウェブサイト)
  5. ^ 八雲本陣(公式? ウェブサイト)
  6. ^ 加賀・前田藩の本陣 - 加賀の井酒造(公式ウェブサイト)
  7. ^ 江戸時代から残る建築ではなく、明治時代(1908年)に焼失し、大正時代(1913年)に復元・再建された建物である。「里山の本陣、殿様気分の宿 松本の木造建築、民泊施設に再生」『日経MJ』2021年1月27日2面。
  8. ^ 田中本陣(助松町)- 泉大津市(公式ウェブサイト)


「本陣」の続きの解説一覧



本陣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本陣」の関連用語

本陣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本陣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本陣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS