大垣市とは? わかりやすく解説

おおがき‐し〔おほがき‐〕【大垣市】

読み方:おおがきし

大垣


大垣市

読み方:オオガキシ(oogakishi)

所在 岐阜県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大垣市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/13 05:21 UTC 版)

大垣市(おおがきし)は、岐阜県西濃地方に位置する1918年大正7年)市制施行。


注釈

  1. ^ 大規模な飛地のある自治体としては、2014年時点では北海道日高町釧路市の旧音別町地区、群馬県桐生市の旧新里村・旧黒保根村地区があげられる。
  2. ^ 旧・上石津町
  3. ^ 現在の南市橋町。
  4. ^ a b 宇石田・勝沼分・町浦・北田分および堤外・井川上河原畑の各一部
  5. ^ a b 字北浦・村東
  6. ^ a b 手続き上は養老郡に一旦所属し、合併している。
  7. ^ 通称・岩村領北方村。幕末時点で通称・名取領北方村(現・神戸町)とは実質的に別の村であった。明治7年に分立。
  8. ^ a b 字東上面
  9. ^ 明治12年(1879年2月18日からは上石津郡、明治30年(1897年4月1日からは養老郡

出典

  1. ^ わくわく湧き水マップ”. 大垣市. 2024年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 車戸慎夫. “揖斐川の力 地理・地勢学的特徴”. JIA東海支部. 2020年3月8日閲覧。
  3. ^ 国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所. 西南濃地域は「水の都」、その秘密は地層構造にあり! (PDF) (Report). 2020年3月8日閲覧
  4. ^ 水と緑を生かしたまち 大垣”. 国土交通省. 2020年3月8日閲覧。
  5. ^ 濃尾地震130年webパネル展”. 岐阜県 (2021年10月28日). 2021年11月12日閲覧。
  6. ^ 「大垣市で百五戸焼く」『朝日新聞』昭和26年1月11日
  7. ^ 日外アソシエーツ編集部 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年9月27日、81頁。ISBN 9784816922749 
  8. ^ 工事状況|東海環状自動車道|岐阜国道事務所|国土交通省 中部地方整備局”. www.cbr.mlit.go.jp. 2023年3月15日閲覧。
  9. ^ 岐阜県暴力団排除条例の一部改正について”. 岐阜県警察 (2021年). 2023年5月30日閲覧。
  10. ^ 図典 日本の市町村章 p124
  11. ^ a b c d e f g h 令和元年岐阜県統計書” (PDF). 岐阜県. p. 3 (2020年7月). 2020年10月2日閲覧。
  12. ^ 大垣駅北市民サービスセンター アクアウォーク大垣2階に4月21日(木)オープン”. 大垣市. 2022年5月15日閲覧。
  13. ^ (平成31年4月21日執行)大垣市議会議員選挙結果”. 大垣市. 2021年4月19日閲覧。
  14. ^ 鹿児島市(鹿児島県)”. 大垣市. 2012年9月17日閲覧。
  15. ^ 鹿児島市と災害協定を締結”. 大垣市. 2012年9月17日閲覧。
  16. ^ 信長サミット”. 甘楽町 (2011年11月12日). 2016年5月17日閲覧。
  17. ^ 「大垣の木枡」及び「大垣の枡」が地域団体商標登録されました。|大垣商工会議所”. www.ogakicci.or.jp. 2020年11月12日閲覧。
  18. ^ 大垣の隠れた先賢 大垣市長 小川 敏



「大垣市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大垣市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||



9
100% |||||

10
100% |||||

大垣市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大垣市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大垣市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS