中津川市とは?

なかつがわ‐し〔なかつがは‐〕【中津川市】


中津川市

読み方:ナカツガワシ(nakatsugawashi)

所在 岐阜県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

中津川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/15 15:24 UTC 版)

中津川市(なかつがわし)は、岐阜県の南東部に位置する市である。長野県に隣接しており、古くより木曽谷伊那谷との関係が深いが、近年は名古屋市などとの関係が強くなってきている。市域を断層が縦横に走っているため山地が多く、木曽川に流れ込む河川はどれも小規模だが清流であり、木曽川水系においても水の綺麗さの点では有数の地である。




注釈

  1. ^ 中津川ICの住所は、主に坂本地区で使われる「千旦林」ではあるが、小中学校の学区は中津側に属し、通常は中津地区とみなされる[要出典]
  2. ^ 県内では岐阜市と中津川市の2か所[要出典]
  3. ^ 東濃東部唯一の卸売市場[要出典]
  4. ^ 1958年(昭和33年)に建立された最澄の「遺跡顕彰碑」があり、最澄の遺徳をしのぶ法要が毎年営まれる[1]
  5. ^ 2009年に旧ユニー跡地に新図書館を建設する計画が持ち上がったが、計画に反対する住民グループが計画を推進してきた市長・大山耕二リコールを請求する事態に発展。大山は辞職して2011年末の出直し市長選に出馬したが、計画中止を訴えた青山節児に敗れた。新図書館建設計画は2012年5月に正式に中止が決定[要出典]

出典

  1. ^ a b 森川洋 (2016年11月24日). “街道が結ぶ最澄の縁 旅の難所に宿・顕彰碑前で法要 中津川「延暦寺飛び地」”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 岐阜全県版 
  2. ^ アスペクト編集部『巨石巡礼:見ておきたい日本の巨石22』アスペクト、2011年。ISBN 9784757218734、pp.72-77
  3. ^ 大河ドラマ「いだてん」に登場 可児徳、中津川出身の偉人”. 岐阜新聞 (2019年1月9日). 2019年2月1日閲覧。
  4. ^ 青山節児 (2018年12月1日). “こんなところに!?なかつがわ 日本初参加のオリンピックに寄与 〜可児徳〜”. 中津川市. 2019年2月1日閲覧。
  5. ^ [1]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 第2章 中津川市の現状と課題(2003年時点)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中津川市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

中津川市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中津川市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中津川市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS