夜明け前とは?

よあけ‐まえ〔‐まへ〕【夜明け前】

夜が明け直前また、苦難雌伏時期終わり事態好転する直前のたとえ。

[補説] 作品別項。→夜明け前


よあけまえ〔よあけまへ〕【夜明け前】


よあけ‐まえ ‥まへ 【夜明前】

1 〔名〕 夜が明ける前。夜明けになる前。また、そのころ未明

俳諧木曾の谷(1704)「座敷しづまる能のはじまり岱水香箸のからりとしたる夜明前芭蕉〉」

2 (夜明け前) 小説島崎藤村作。昭和四〜一〇年(一九二九三五発表。同七年第一部同一〇年第二部補筆して刊行作者の父をモデルにして、木曾馬籠宿を主な舞台に、幕末から維新への社会的動乱の中で時代の波にもまれ、悲劇的運命をたどる、国学信奉する庄屋青山半蔵半生を描く。


夜明け前

分野
継続の用語
意味:
日の出の前2時間くらい。
言い換え
明け方

八木下 茂:夜明け前

英語表記/番号出版情報
八木下 茂:夜明け前作曲年: 2008年 

夜明け前

作者島崎藤村

収載図書昭和文学全集 2
出版社小学館
刊行年月1988.1

収載図書朗読文学のしずく」 第2巻
出版社中経出版
刊行年月2007.9
シリーズ名楽書ブックス


夜明け前

作者浅見茉莉

収載図書誘惑の肖像
出版社白泉社
刊行年月2000.4
シリーズ名白泉社花丸文庫


夜明け前


夜明け前

作者中西尉一

収載図書南朝の忠臣 児島高徳熊山福山合戦
出版社新風舎
刊行年月2004.9


夜明け前

作者川端裕人

収載図書桜川ピクニック
出版社文藝春秋
刊行年月2007.3


夜明け前

作者万城目学

収載図書Fiction zero/narrative zero
出版社講談社
刊行年月2007.8


夜明け前

作者レイ・ブラッドベリ

収載図書猫のパジャマ
出版社河出書房新社
刊行年月2008.1


夜明け前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 00:41 UTC 版)

夜明け前』(よあけまえ)は、島崎藤村によって書かれた長編小説。2部構成。「木曾路はすべて山の中である」の書き出しで知られる。


注釈

  1. ^ 篠田一士は自著『二十世紀の十大小説』の中で、日本語で書かれた作品として唯一これを選んでいる。
  2. ^ 作者・島崎藤村がモデル

出典

  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 9頁。
  2. ^ 青山半蔵 あおやま はんぞうコトバンク
  3. ^ 島崎正樹 しまざき まさきコトバンク


「夜明け前」の続きの解説一覧



夜明け前と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夜明け前」の関連用語

夜明け前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夜明け前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夜明け前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS