苦難とは? わかりやすく解説

く‐なん【苦難】

読み方:くなん

苦しみや困難。「―を乗り越える


苦しみ

(苦難 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/05 06:07 UTC 版)

苦しみくるしみあるいは 苦痛 (Suffering or pain)とは、悪的な心境及び物質様態から成る不快さに基づいた基礎的な概念である。悩み悲しみ、悔しみ、悪感、不安後悔緊張感情傷害などからなる精神辛さや、物質的傷害や生体科学傷害などからなる痛みや不快さに基づいた心身における悪的な様態を指す。の痛みにおける症状や、危害と結び付けられた嫌悪あるいは個人における危害の恐れを指す場合もある。


  1. ^ Crane Brinton, article Humanitarianism, Encyclopaedia of the Social Sciences, 1937


「苦しみ」の続きの解説一覧

苦難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 23:08 UTC 版)

ブラックフット族」の記事における「苦難」の解説

連邦政府雇われヨーロッパ系アメリカ人ブラックフット居留地残っていたバッファロー狩猟したため、1800年代半ばブラックフット食糧調達じり貧になっていった。開拓者たち部族領域侵入していた。バッファローを狩れないので、ブラックフット連邦政府からの食料供給に頼ることを強いられた1855年ブラックフットのレイム・ブル酋長連邦政府平和条約結んだ。レイム・ブルの条約の内容は、ブラックフット居留地移動する代わりに年間2ドル支援をするというものだった1860年には、ごくわずかバッファローしか残っておらず、ブラックフット完全に政府食糧援助依存していた。食糧が彼らのもとに到着する前に腐っていたり、または全く届かないこともしばしばあった。飢えと絶望から、ブラックフット食糧求めて白人襲撃し双方無法者たちによる争い起きた1867年、若いピーガン族の戦士オウル・チャイルドがアメリカ人商人マルコム・クラークから数頭の馬を盗んだことが引き金となり事件起きたクラークはオウル・チャイルドを追跡し報復としてオウル・チャイルドの宿営地から丸見えの場所で彼を激しく殴打し屈辱与えた。ピーガン族の口述歴史によればクラークはオウル・チャイルドの妻を強姦したとされる。しかし、クラークはオウル・チャイルドのいとこでもあるCoth-co-co-naというピーガン族の女性長い間婚姻関係にあった強姦された女はその子供を産んだが、死産となったバンドの年長者殺されたとされる2年後1869年、オウル・チャイルドと彼の仲間数名夕食後クラーク農場襲撃し殺害した彼の息子ホレス重傷負った。この事件知らせ聞いた人々激しく抗議しフィリップ・シェリダン将軍騎兵隊派遣することになった。オウル・チャイルドを追跡して捕らえ罰するための騎兵隊はユージン・ベーカー少佐率いた1870年1月23日騎馬隊はピーガン族の宿営地についての情報提供受けたが、誤って違うバンドを敵と認識してしまった。夜明けとともに200人前後兵士キャンプ囲み奇襲準備をした。射撃号令出る前、ヘビーランナー酋長宿営地の上雪が積もった崖に展開する兵士たち警戒していた。彼は全通証紙携え断崖の方へと歩いて行った。ヘビーランナーと彼のバンドのピーガン族はアメリカ人開拓者や軍と友好的な関係築いていた。ヘビーランナーはジョー・コベルに銃撃され殺害された彼の仲間のジョー・キップは誤り気づき、隊にシグナル送った彼は騎馬隊友好的な人々攻撃した報告されることを恐れた。 ヘビーランナーが死んだ後兵士たち宿営地襲撃した173人のピーガン族が死亡したが、騎兵隊死亡者落馬して足を骨折した後に合併症死亡した1人けだった犠牲者大半は、女と子供老人だった。若い男たちはほとんど猟に出かけていた。140人のピーガン族が捕らえられたが、すぐに解放された宿営地所有物破壊された彼らは亡命者となり、フォートベントン向かったが、多く凍死した大虐殺報告徐々に東部に認知され連邦議会議員メディア憤慨させた。ウィリアム・シャーマン将軍殺害されたのはほとんどがマウンテン・チーフに率いられ戦士だと報告した政府公式な調査行われず大虐殺があった場所を示す記念碑存在しないウンデット・ニーの虐殺サンドクリークの虐殺比較して、マライアスの大虐殺広く知られていないまである。しかし、ユリシーズ・グラント大統領陸軍インディアン事務局引き継ぐことを承認せず、インディアン事務局堕落食い止めるように提案したグラント大統領ネイティブアメリカンとの平和政策を遂行するために、多数クエーカー教徒インディアン事務局任命したクリー族アシニボイン族バッファロー減少苦しんでいた。1850年までにはバッファローもっぱらブラックフット領域だけにしか見られなくなっていた。それゆえ1870年アイアン同盟複数バンド戦闘を始めることによって、獲物見つけるための最後の努力をした。彼らは天然痘弱体化したブラックフット倒し、ウープアップ砦近く宿営地襲撃することを期待した。しかし、レスブリッジ近く起きたベリー川の戦いでブラックフット敗れ300人以上の戦士死んだ。冬になると飢えのためにブラックフットと交渉することを余儀なくされ、最終的かつ永続的な和平結ばれた連邦政府ブラックフット不利な影響を与える法案通過させた。1874年連邦議会ブラックフットとの話し合いをせずに居留地境界変更することを投票決定したブラックフット失った土地代替地補償を受けることはなかった。カイナイ族、シクシカ族、ピーガン族はカナダへ移動し、南ピーガン族(ピクニ)だけがモンタナ州残った1883年から1884年にかけての冬は政府からの物資届かずバッファローもいなくなったため、「飢餓の冬」として知られるようになった。冬の間に600人のブラックフット餓死したネイティブアメリカンヨーロッパ系アメリカ人生活様式同化させる目的で政府1898年部族政府廃止し伝統的な宗教慣習禁止したブラックフットの子どもたちはインディアン寄宿学校入らされ、部族言葉話すことも、慣習守ることも、伝統的な衣装を着ることも禁止された1907年居留地土地各家庭の主へ割り当て部族共有地廃止して家族ごとに農業を営むことを奨励する政策連邦政府承認した各家庭65ヘクタール農地受け取り部族必要な土地より余分な残り政府公表し開拓のため公売かけられた。割り当てられ土地は、不毛な平原農業をするにはあまりに狭すぎた。1919年干ばつでは穀物枯れ、牛の価格上昇した多くのネイティブアメリカン割り当てられ土地売却することを強いられた1934年フランクリン・ルーズベルト政権インディアン再編成法を可決し土地割り当て中止し部族が彼ら自身の政府選択することを許可したまた、部族文化を守ることも認められた

※この「苦難」の解説は、「ブラックフット族」の解説の一部です。
「苦難」を含む「ブラックフット族」の記事については、「ブラックフット族」の概要を参照ください。


苦難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 14:40 UTC 版)

岩永マキ」の記事における「苦難」の解説

マキ孤児育成において、困難や課題多く決し順調ではなかった。人工栄養頼らざるを得なかったこと、捨て子多く健康状態悪かったこと、障害病気抱え児童多かったことで、短期間で死亡する児童多く、3か月以内死亡ときには10日以内死亡することも多かったそのためにマキたちの施設は、「子供捨て場」と誤解されることもあった。 僧侶警官のように、社会的に地位のある者が、表沙汰できない子供を預けることもあった。施設逃走してそのまま失踪する児童もいた。施設育ちの者は差別されがちのため、施設から社会出た後はマキ側から接触しないなど配慮をしていたが、姓が「岩永」のために、施設育ちだと知られてしまうという問題もあった。育ちを隠すために姓を変えよう苦心する者もおり、それを耳にしたマキは「不憫堪りません」と憂いていた。 「貧乏で育てられないといって子供施設預けた後、2歳3歳になると取り戻しに来る親もいた。マキはそれを身勝手として責めことはなく、「その子にとって生みの親以上の幸せはない」といって子供を親に返した日露戦争中は、マキは「自分の手がけた者が成長して18人も出征した」と、新聞記事上で誇らしげに語っていた。子供行動能力について、親の社会層判断していたこともあった。時代と共にマキ考え方にもある程度変化あったようで、国家主義などの当時風潮克服できなかったようだが、子供にとって最善の道を考え続けていたことは、確かであった

※この「苦難」の解説は、「岩永マキ」の解説の一部です。
「苦難」を含む「岩永マキ」の記事については、「岩永マキ」の概要を参照ください。


苦難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 02:11 UTC 版)

大きすぎて潰せない」の記事における「苦難」の解説

コンチネンタル・イリノイ国立銀行信託会社は、1980年代初頭にその資産の質が全体的に低下する憂き目にあった資金ひっ迫や、メキシコデフォルト1982年) 、原油価格急落が、同行積極的に商業貸付事業ラテンアメリカでのシンジケートローン事業エネルギー部門への貸付参加追求していた時期続いた事態をさらに複雑にしたのが、同行資金調達構成譲渡性預金外貨短期金融市場大きく依存しており、すなわち預金者米国平均的な個人預金者よりもリスク回避的であったことである。

※この「苦難」の解説は、「大きすぎて潰せない」の解説の一部です。
「苦難」を含む「大きすぎて潰せない」の記事については、「大きすぎて潰せない」の概要を参照ください。


苦難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 03:48 UTC 版)

シルクレーシング」の記事における「苦難」の解説

しかし、その頃すでに早田牧場経営危機に瀕していた。1999年平成11年)に福島県天栄村開設した育成牧場天栄ホースパーク巨額の建設資金などの多くの負債抱えており、日本経済景気悪化ライバル社台グループ導入したサンデーサイレンス大成功などにも圧され経営悪化2002年平成14年)に破産宣告を受け経営破綻した。 これに先立つ2001年平成13年)には、グラスワンダー馬主として知られる福島県伊東純一半沢一磨共同で早田牧場支援のため天栄ホースパーク買収した以後シルクの馬は天栄で育成調教を行うようになった。 しかしクラブの成績悪化し会員数減少していった。この時期、倒産した早田牧場から購入した最後の世代であるシルクフェイマス数年に渡ってトップクラス競走馬として活躍GII競走を3勝し、GI競走でも宝塚記念2着有馬記念天皇賞(春)で3着になるなど4億7000万円あまりを稼ぎクラブ経営支えたという。 クラブでは2003年平成15年)に阿部幸也を代表に据えて改革乗り出した楽天競馬提携したり、北海道ばんえい競馬にも進出するなどの試行錯誤行ったばんえい競馬後に撤退)。 しかし、2010年金融庁指導で、それまで行われてきたクラブ会員への補償制度撤廃されることになり、クラブ苦境追いやった。この補償制度は、クラブ会員出資した競走馬未出走未勝利のまま引退し場合に、出資金一部還元し次の競走馬出資充当できる制度だった。この制度クラブ会員にとってはリスク軽減になるし、クラブ法人側にとっても会員離れを防ぐメリットがあった。しかし、共同馬主制度クラブ法人馬主)は法律上投資ファンド枠組み成り立っており、金融商品取引法規制を受ける。金融庁未出走未勝利馬補償制度を、金融商品取引法禁じられている「損失補填にあたるしたのである。全てのクラブ法人補償制度廃止せざるを得なくなり、結果として会員募集がさらに困難になった。 さらに追い打ちをかけたのが翌2011年平成23年)の東日本大震災である。地震による直接的被害として天栄ホースパーク調教坂路コース破壊され、さらに福島第一原子力発電所事故放射線の影響で、ここに競走馬預託するのを忌避されるようになった当時、天栄ホースパークには約260馬房があり、そのうち160室で外部からの競走馬預託受け入れていたが、これが立ち行かなくなってしまった。

※この「苦難」の解説は、「シルクレーシング」の解説の一部です。
「苦難」を含む「シルクレーシング」の記事については、「シルクレーシング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「苦難」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

苦難

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:16 UTC 版)

名詞

(くなん)

  1. 苦しみ難儀

「苦難」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「苦難」の関連用語

苦難のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



苦難のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの苦しみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラックフット族 (改訂履歴)、岩永マキ (改訂履歴)、大きすぎて潰せない (改訂履歴)、シルクレーシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの苦難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS