多幸感とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > 多幸感の意味・解説 

た こうかん -かう- [2] 【多幸感】 〔euphoria〕

麻薬などによる)過度幸福感陶酔感


多幸感

【仮名】たこうかん
原文euphoria

大きな幸福感満足感。多幸感は特定の薬物副作用として生じる場合がある。

多幸感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 07:50 UTC 版)

多幸感(たこうかん、英語: Euphoria)とは、非常に強い幸福感や超越的満足感のことである。脳内で、快楽などを司るA10神経のシナプス間に、幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されている状態とされる[要出典]




  1. ^ Key DSM-IV Mental Status Exam Phrases”. Gateway Psychiatric Services. 2013年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  2. ^ "Psychophysical Correlates of the Practice of Tantric Yoga Meditation". Corby, Roth, Zarcone, & Kopell. Archives of General Hackett, 1978.
  3. ^ Euphoria”. Wrong Diagnosis. Health Grades Inc.. 2011年6月23日閲覧。
  4. ^ Rhodri Hayward "euphoria" The Oxford Companion to the Body. Ed. Colin Blakemore and Sheila Jennett. Oxford University Press, 2001. Oxford Reference Online. Oxford University Press. 28 July 2011
  5. ^ NHKクローズアップ現代「“百寿者” 知られざる世界~幸せな長生きのすすめ~」(2014年10月15日放送)”. 2014年10月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g Bearn, Jenny; O'Brien, Matthew (2015). ““Addicted to Euphoria””. Int. Rev. Neurobiol. 120: 205–233. doi:10.1016/bs.irn.2015.02.005. PMID 26070759. 
  7. ^ 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. pp. 47, 49. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf.  (HTML版 introductionが省略されている
  8. ^ Ghelardini, C (2015). “The pharmacological basis of opioids”. Clinical Cases in Mineral and Bone Metabolism (3): 219–21. doi:10.11138/ccmbm/2015.12.3.219. PMC 4708964. PMID 26811699. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4708964. 
  9. ^ Cannabis drug profile”. 欧州薬物・薬物依存監視センター (EMCDDA) (Update: 08 January 2015). 2016年12月28日閲覧。
  10. ^ H. Valerie Curran; Philip Wiffen; David J. Nutt; Willem Scholten= (pdf). Cannabis and Cannabis Resin Pre-Review Report (Report). DrugScience. p. 28. ISBN 978-1-5272-0260-3. http://www.drugscience.org.uk/assets/WHOcannabisreport.pdf 2016年12月28日閲覧。. 
  11. ^ Debruyne, Daniele; Le Boisselier, Reynald (2015). “Emerging drugs of abuse: current perspectives on synthetic cannabinoids”. Substance Abuse and Rehabilitation: 113. doi:10.2147/SAR.S73586. PMC 4622447. PMID 26543389. https://www.dovepress.com/emerging-drugs-of-abuse-current-perspectives-on-synthetic-cannabinoids-peer-reviewed-fulltext-article-SAR. 


「多幸感」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多幸感」の関連用語

多幸感のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



多幸感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多幸感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS