精神障害とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 精神障害の意味・解説 

せい しんしょうがい-しやう- [5] 【精神障害】


精神障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 05:43 UTC 版)

精神障害(せいしんしょうがい、英語: mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし[1]アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない[2]精神疾患mental disease)の語が用いられるが[1]、厳密に正しい用語は精神障害である[1][3]。従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある[4]。発達上の問題や統合失調症うつ病双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。知的障害パーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。




  1. ^ 原文: “An imprecise term designating any disorder of the mind, acquired or congenital.” [24]
  2. ^ 用語集には「mental disorder (F99)」と記載されているが、F99自体の説明ではない。F99は「Unspecified mental disorder」または「Mental disorder, not otherwise specified」である。F99自体の説明はICD-10に記載されている。[25]
  3. ^ DSMの前身は『Statistical Manual for the Use of Hospitals for Mental Diseases』である[32]
  4. ^ 日本精神神経学会精神科病名検討連絡会「DSM‒5 病名・用語翻訳ガイドライン(初版)」、『精神神経学雑誌』第116巻第6号、日本精神神経学会、2014年、 429‒457。
  5. ^ 日本精神神経学会・精神科用語検討委員会編 『精神神経学用語集』 (改訂6版) 新興医学出版社、2008年6月15日。ISBN 978-4880026817
  6. ^ 医学・医療関係者による教育、研究、診療、医療行政等における利用を想定しているが、一般利用に向けて一般社会(雑誌、新聞、ラジオ、テレビ、インターネット等)で使用される医学用語にもできる限り対応している[41]
  7. ^ 一般社会の人々を対象とした用語集であり、法令、学会、新聞等で使用される医学用語を収載している[50][51]
  8. ^ 国際連合広報センターは「精神病者の保護と精神保健ケアの改善のための原則」と訳している[62]
  9. ^ 政府刊行物である[70][71]
  10. ^ 「様式」の原語は「characteristic way」である。翻訳書では「characteristic way」「pattern」を「疾患単位」と訳しているが、本項ではクレペリンが定義した「disease entity(疾患単位)」との混同を避ける観点から「様式」と訳している。[105][106]
  11. ^ 原文: “Of course, there is no blood or other biological test to ascertain the presence or absence of a mental illness, as there is for most bodily diseases. If such a test were developed (for what, theretofore, had been considered a psychiatric illness), then, as I noted earlier, the condition would cease to be a mental illness and would be classified, instead, as a symptom of a bodily disease.” [110]
  12. ^ 原語: “Neuropsychiatric conditions”
  13. ^ 原文: “The time when psychiatrists considered that they could cure the mentally ill is gone. In the future, the mentally ill will have to learn to live with their illness.” [145]
  14. ^ 原文: “We do not know the causes (of psychiatric disorders). We don’t have methods of ‘curing’ these illnesses yet.” [145]
  15. ^ 原文: “Perhaps our successors 30 years from now will look back on much of what we believe today with the same rueful perspective.” [149]
  16. ^ 第66条 (省略)精神病者は選挙権及び被選挙権を有しない。
  1. ^ a b c d e f g h i j 世界保健機関 2005, p. 5.
  2. ^ a b アメリカ精神医学会 2014, p. 20.
  3. ^ a b American Psychiatric Association 1996, pp. xxi-xxii.
  4. ^ a b c アメリカ精神医学会 2014, §DSM-5の病名・用語の邦訳について.
  5. ^ a b c d 世界保健機関 2004, Key messages.
  6. ^ a b c 世界保健機関 2004, Introduction.
  7. ^ a b c d e f g 国際神経精神薬理学会 2013.
  8. ^ “Council for Evidence-based Psychiatry launches today with data showing dramatic rise in mental health disability” (プレスリリース), Council for Evidence-based Psychiatry, (2014年4月30日), http://cepuk.org/2014/04/30/council-evidence-based-psychiatry-launches-today-data-showing-dramatic-rise-mental-health-disability/ 2014年6月4日閲覧。 
  9. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  10. ^ Kohn R, Saxena S, Levav I, Saraceno B (2004). “The treatment gap in mental health care”. Bull. World Health Organ. (世界保健機関) 82 (11): 858–66. PMC 2623050. PMID 15640922. http://www.who.int/bulletin/volumes/82/11/khon1104abstract/en/. 
  11. ^ 世界保健機関 1992, p. 11 (翻訳書は 世界保健機関 2005, p. 5)
  12. ^ 清水栄司 et al. 2014, pp. 116-117
  13. ^ 日本精神神経学会精神科病名検討連絡会「DSM‒5 病名・用語翻訳ガイドライン(初版)」、『精神神経学雑誌』第116巻第6号、日本精神神経学会、2014年、 430頁。
  14. ^ ステッドマン医学大辞典編集委員会 2008, p. 546.
  15. ^ a b c d ヒルガードの心理学第15版 2012, §第15章心理障害.
  16. ^ 松下正明 「精神障害」『現代精神医学事典』 弘文堂、2011年10月、589-590頁。ISBN 978-4-335-65143-4
  17. ^ a b c アレン・フランセス 2014, pp. 14-15.
  18. ^ 世界保健機関 2005.
  19. ^ a b アメリカ精神医学会 2004.
  20. ^ a b United States. Bureau of the Census, Theodore Armin Janssen, International Commission for the Decennial Revision of Nosological Nomenclature (1940), Manual of the International List of Causes of Death (Fifth Revision) and Joint Causes of Death (Fourth Edition) 1939, United States Government Printing Office, pp. 13, 24 
  21. ^ World Health Organization (October 6, 2005) (PDF), WHO Business Plan for Classifications, 1.1, World Health Organization, p. 20, http://www.who.int/classifications/BuisinessPlan.pdf 
  22. ^ Jill M. Hooley; John M. Neale; Gerald C. Davison (February 7, 1989), Readings in Abnormal Psychology, John Wiley & Sons, p. 2, ISBN 978-0471631071 
  23. ^ Adam Kuper; Jessica Kuper, eds. (November 24, 2008), The Social Science Encyclopedia (3rd ed.), Routledge, p. 250, ISBN 978-0415476355 
  24. ^ a b World Health Organization 1994, p. 63
  25. ^ 世界保健機関 1992, pp. 22, 228.
  26. ^ 上田敏国際障害分類初版(ICIDH)から国際生活機能分類(ICF)へ: 図1」、『ノーマライゼーション 障害者の福祉』2002年6月号、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
  27. ^ World Health Organization 2001.
  28. ^ 社会・援護局障害保健福祉部企画課 『「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」(日本語版)の厚生労働省ホームページ掲載について』 厚生労働省、2002年8月5日http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html 
  29. ^ World Health Organization 1980, pp. 47, 143.
  30. ^ 佐藤久夫「WHO国際障害分類試案の内容」、『リハビリテーション研究 STUDY OF CURRENT REHABILITATION』第71号、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会1992年4月
  31. ^ 新しい国際障害分類『ICF』」、『週刊医学界新聞』第2453号、医学書院2001年9月17日
  32. ^ American Psychiatric Association 1952, pp. v-vi.
  33. ^ American Psychiatric Association 1952, pp. v-vi, 9, 105.
  34. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 13, 19.
  35. ^ 加藤忠史 『岐路に立つ精神医学』 勁草書房、2013年、39-40頁。ISBN 978-4326299034
  36. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-III-R 精神障害の診断・統計マニュアル』、高橋三郎訳 医学書院1988年ISBN 978-4260117388 
  37. ^ アメリカ精神医学会 2014, pp. 3-5.
  38. ^ アメリカ精神医学会 2014.
  39. ^ 日本精神神経学会・精神科用語検討委員会 2008, p. 60.
  40. ^ G.R. ファンデンボス監修 『APA心理学大辞典』 繁桝算男、四本裕子訳、培風館、2013年、493頁。ISBN 978-4563052348
  41. ^ 日本医学会医学用語管理委員会 2007, pp. vii, ix.
  42. ^ 日本医学会医学用語管理委員会 2007, pp. v-vii, 309, 667, 1234.
  43. ^ 日本精神神経学会・精神科用語検討委員会 2008, pp. i-ii, 59-60, 160.
  44. ^ 日本神経学会用語委員会 2008, pp. 40, 81, 218, 改訂第3版序文.
  45. ^ a b 最新医学大辞典編集委員会 2005
  46. ^ a b 伊藤正男, 井村裕夫 & 高久史麿 2009
  47. ^ 南山堂 2006.
  48. ^ 南山堂 2006, pp. 1364, 2949.
  49. ^ ステッドマン医学大辞典編集委員会 2008, pp. 537, 546, 907, 1519, 和英索引 220.
  50. ^ 文部科学省 & 日本医学会 2003, 序.
  51. ^ a b 文部科学省・日本医学会共編: 学術用語集 医学編”. 日本医学会. 2014年8月6日閲覧。
  52. ^ 文部科学省 & 日本医学会 2003, pp. 346, 831, 917, 序.
  53. ^ JSTシソーラスmap: 精神障害”. 独立行政法人科学技術振興機構. 2014年7月16日閲覧。
  54. ^ JSTシソーラスmap: 精神病”. 独立行政法人科学技術振興機構. 2014年7月16日閲覧。
  55. ^ 精神障害等の労災認定に係る専門検討会 「精神障害等の労災認定に係る専門検討会報告書」 (PDF)、『第4回労働基準法施行規則第35条専門検討会次第』 (厚生労働省)17頁、2009年10月27日http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/10/dl/s1027-11f.pdf 
  56. ^ a b c 周藤真也 2011
  57. ^ a b c デジタル大辞泉精神保健福祉法」、『コトバンク』、朝日新聞社2014年8月19日閲覧。
  58. ^ 周藤真也 2011, p. 6.
  59. ^ a b 障害保健福祉部 「第2回精神保健福祉法に関する専門委員会議事録」、『厚生関係審議会議事録等 大臣官房 障害保健福祉部』 (厚生労働省)、1998年4月8日http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9804/txt/s0408-1.txt 
  60. ^ a b 法律第七十四号(平五・六・一八)”. 衆議院. 2014年8月6日閲覧。
  61. ^ Principles for the protection of persons with mental illness and the improvement of mental health care: Adopted by General Assembly resolution 46/119 of 17 December 1991”. Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights. 2014年11月6日閲覧。
  62. ^ 障害を持つ人々”. 国際連合広報センター. 2014年11月6日閲覧。
  63. ^ 厚生科学研究班 『精神疾患を有する者の保護及びメンタルヘルスケアの改善のための諸原則:国連原則(厚生科学研究班による仮訳)』 厚生省、1993年全国書誌番号:94066488 
  64. ^ 障害保健福祉部 「第1回精神保健福祉法に関する専門委員会議事録」、『厚生関係審議会議事録等 大臣官房 障害保健福祉部』 (厚生労働省)、1998年3月23日http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9803/txt/s0323-3.txt 
  65. ^ 「参考資料」、『新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム(第3R)「保護者制度・入院制度の検討」に係る第9回作業チーム資料』 (厚生労働省)、2011年12月14日http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001y6gv-att/2r9852000001y6mo.pdf 
  66. ^ 公衆衛生審議会 『今後における精神保健対策について』 国立社会保障・人口問題研究所1993年3月17日、115, 119頁。全国書誌番号:94061816http://www.ipss.go.jp/publication/j/shiryou/no.13/data/shiryou/syakaifukushi/461.pdf 
  67. ^ a b 『第126回国会 厚生委員会 衆議院』 国立国会図書館1993年6月2日http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/126/0223/12606020223014a.html 
  68. ^ 『第126回国会 厚生委員会 参議院』 国立国会図書館1993年6月10日http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/126/1210/12606101210013a.html 
  69. ^ 「精神保健法の一部を改正する法律の施行について 各都道府県知事あて厚生省保健医療局長通知」、『厚生労働省法令等データベースサービス』健医発第七八三号、厚生労働省、1995年6月16日
  70. ^ 政府刊行物: 三訂 精神保健福祉法詳解”. 全国官報販売協同組合. 2014年8月18日閲覧。
  71. ^ 政府刊行物について”. 全国官報販売協同組合. 2014年8月18日閲覧。
  72. ^ 『精神保健福祉法詳解』、精神保健福祉研究会監修 (三訂版) 中央法規出版2007年、73-74頁。ISBN 978-4805847428 
  73. ^ 小山善子「今後検討すべき用語――精神病,精神障害(がい),病と症・薬と剤の使い分け,など―― (PDF) 」 、『精神神経学雑誌』第112巻第6号、日本精神神経学会2010年、 601, 603。
  74. ^ 科学研究費助成事業データベース: 小山善子”. 国立情報学研究所. 2014年8月9日閲覧。
  75. ^ 竹島正 et al. 2007
  76. ^ 日本精神神経学会/精神科病名検討連絡会「DSM‒5 病名・用語翻訳ガイドライン(初版) (PDF) 」 、『精神神経学雑誌』第116巻第6号、 429-457頁。
  77. ^ Division of Mental Health and Prevention of Substance Abuse (1996). MENTAL HEALTH CARE LAW: TEN BASIC PRINCIPLES (Report). World Health Organization. WHO/MNH/MND/96.9. http://www.who.int/mental_health/media/en/75.pdf. 
  78. ^ 神庭重信「はじめに」、『医学のあゆみ』第248巻第3号、医歯薬出版2014年1月18日
  79. ^ 疾病、傷害及び死因の統計分類”. 厚生労働省. 2014年7月18日閲覧。
  80. ^ a b 宮岡等 『うつ病医療の危機』 日本評論社、2014年、202頁。ISBN 978-4535984110
  81. ^ a b c d e 宮岡等 2014, p. 97.
  82. ^ a b c アメリカ精神医学会 2004, pp. 181-190.
  83. ^ a b c 世界保健機関 2005, p. 56.
  84. ^ 織田淳太郎 『精神医療に葬られた人びと-潜入ルポ社会的入院』 光文社、2011年、44-47頁。ISBN 978-4334036324
  85. ^ 精神科病院入院患者の状況 (PDF) NCNP 国立精神・神経センター
  86. ^ 小林桜児「統合的外来薬物依存治療プログラム―― Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program(SMARPP)の試み―― (PDF) 」 、『精神神經學雜誌』第112巻第9号、2010年9月、 877-884頁、 NAID 10028059555
  87. ^ a b 松本俊彦 『薬物依存とアディクション精神医学』 金剛出版、2012年、17-18頁。ISBN 978-4772412391
  88. ^ “衆議院厚生労働委員会”. 1. 第175回国会. (2010-08-03). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/175/0097/main.html 
  89. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 5.
  90. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 30-31.
  91. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 239-241.
  92. ^ 中川敦夫 「あとがき Lost in Translation」『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』
  93. ^ アメリカ精神医学会 2014, pp. 39-51.
  94. ^ a b 宮岡等 『うつ病医療の危機』 日本評論社、2014年、36、103。ISBN 978-4535984110
  95. ^ アメリカ精神医学会 2014, pp. 16-17.
  96. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 18-19.
  97. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 14、18.
  98. ^ アレン・フランセス 2014, p. 22.
  99. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 19、22.
  100. ^ アレン・フランセス 2014, p. 19.
  101. ^ アレン・フランセス 2014, p. 143.
  102. ^ アレン・フランセス 2014, p. 20.
  103. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 21-22.
  104. ^ a b c d e アメリカ精神医学会 2004, p. 4.
  105. ^ Allen Frances 2013, pp. 8, 13 (翻訳書は アレン・フランセス 2014, pp. 13, 19)
  106. ^ 白波瀬丈一郎「適応論的観点に基づいたメンタルヘルス支援―産業精神健康活動の現場からの提言―」、『厚生労働省厚生科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 諸外国の産業精神保健法制度の背景・特徴・効果とわが国への適応可能性に関する調査研究 平成25年度 分担研究報告書』、厚生労働科学研究成果データベース2015年5月11日、 504頁、 文献番号 201326002B。
  107. ^ アレン・フランセス 2014, p. 13.
  108. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 8, 13, 19.
  109. ^ Benedict Carey「Can Brain Scans See Depression?」The New York Times 2005年10月18日。(邦訳は『脳スキャンで鬱が見えるか』)
  110. ^ a b Szasz, Thomas (January 1, 1993). A Lexicon of Lunacy: Metaphoric Malady, Moral Responsibility, and Psychiatry: Transaction Publishers. p.33. ISBN 978-1560000655.
  111. ^ てんかんの定義(WHO(世界保健機関)編:てんかん辞典より)」公益社団法人日本てんかん協会、2013年6月13日閲覧
  112. ^ てんかんの診断ガイドライン」日本てんかん学会、2頁、2013年6月13日閲覧
  113. ^ 認知症疾患治療ガイドライン2010「第1章 認知症の定義,概要,経過,疫学」一般社団法人日本神経学会、1頁、5頁。(書籍は『認知症疾患治療ガイドライン2010』医学書院2010年10月。ISBN 978-4260010948。)
  114. ^ 佐藤光源; 森本清 「成人てんかんの精神科診療の現状と問題─ICD-10診断分類の改訂に向けて」、『精神医学』 (医学書院) 第53巻第5号、2011年5月15日http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1405101863 
  115. ^ 「精神医学」編集室編 「DSM-5をめぐって―Dr. Allen Francesに聞く」、『精神医学』 (医学書院) 第54巻第8号、2012年8月15日http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1405102246 
  116. ^ David Healy 2004, p. 2 (翻訳書は デイヴィッド・ヒーリー 2005, p. 10)
  117. ^ Doust, Jenny; Vandvik, Per O.; Qaseem, Amir; et al. (2017). “Guidance for Modifying the Definition of Diseases”. JAMA Internal Medicine 177 (7): 1020. doi:10.1001/jamainternmed.2017.1302. PMID 28505266. 
  118. ^ “Cross-national comparisons of the prevalences and correlates of mental disorders. WHO International Consortium in Psychiatric Epidemiology”. Bulletin of the World Health Organization 78 (4): 413–26. (2000). doi:10.1590/S0042-96862000000400003 (inactive 2015-01-09). PMC 2560724. PMID 10885160. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2560724. 
  119. ^ OECD 2014, pp. 15-18.
  120. ^ OECD 2014, pp. 15-16.
  121. ^ OECD 2012, p. 98.
  122. ^ Somers, Julian M; Goldner, Elliot M; Waraich, Paul; Hsu, Lorena (2006). “Prevalence and Incidence Studies of Anxiety Disorders: A Systematic Review of the Literature”. Canadian Journal of Psychiatry 51 (2): 100–13. PMID 16989109. http://ww1.cpa-apc.org/Publications/Archives/CJP/2006/february/sommers-RP.asp. 
  123. ^ Waraich, Paul; Goldner, Elliot M; Somers, Julian M; Hsu, Lorena (2004). “Prevalence and Incidence Studies of Mood Disorders: A Systematic Review of the Literature”. Canadian Journal of Psychiatry 49 (2): 124–38. PMID 15065747. http://ww1.cpa-apc.org/Publications/Archives/CJP/2004/february/waraich.asp. 
  124. ^ a b Kessler, Ronald C.; Berglund, P; Demler, O; Jin, R; Merikangas, KR; Walters, EE (2005). “Lifetime Prevalence and Age-of-Onset Distributions of DSM-IV Disorders in the National Comorbidity Survey Replication”. Archives of General Psychiatry 62 (6): 593–602. doi:10.1001/archpsyc.62.6.593. PMID 15939837. 
  125. ^ Kessler, Ronald C.; Chiu, WT; Demler, O; Merikangas, KR; Walters, EE (2005). “Prevalence, Severity, and Comorbidity of 12-Month DSM-IV Disorders in the National Comorbidity Survey Replication”. Archives of General Psychiatry 62 (6): 617–27. doi:10.1001/archpsyc.62.6.617. PMC 2847357. PMID 15939839. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2847357. 
  126. ^ The Numbers Count: Mental Disorders in America”. National Institute of Mental Health (2013-05-24 2006). 2013年5月27日閲覧。
  127. ^ a b c d Mind. “Mental health statistics, facts and myths”. Time to challenge. 2014年8月1日閲覧。
  128. ^ Saha, Sukanta; Chant, David; Welham, Joy; McGrath, John (2005). “A Systematic Review of the Prevalence of Schizophrenia”. PLoS Medicine 2 (5): e141. doi:10.1371/journal.pmed.0020141. PMC 1140952. PMID 15916472. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1140952. 
  129. ^ ロバート・ポール・リバーマン 『精神障害と回復:リバーマンのリハビリテーション・マニュアル』 星和書店、2011年3月26日、405頁。ISBN 978-4791107650 
  130. ^ Mental health promotion and mental illness prevention: The economic case”. London School of Economics and Political Science (2011年2月2日). 2013年4月27日閲覧。
  131. ^ Cuijpers, Pim; Van Straten, A; Smit, F; Mihalopoulos, C; Beekman, A (2008). “Preventing the Onset of Depressive Disorders: A Meta-Analytic Review of Psychological Interventions”. American Journal of Psychiatry 165 (10): 1272–80. doi:10.1176/appi.ajp.2008.07091422. PMID 18765483. 
  132. ^ Muñoz, Ricardo F.; Beardslee, William R.; Leykin, Yan (2012). “Major depression can be prevented”. American Psychologist 67 (4): 285–95. doi:10.1037/a0027666. PMC 4533896. PMID 22583342. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4533896. 
  133. ^ Cuijpers, Pim; Muñoz, Ricardo F.; Clarke, Gregory N.; Lewinsohn, Peter M. (2009). “Psychoeducational treatment and prevention of depression: The "coping with depression" course thirty years later”. Clinical Psychology Review 29 (5): 449–58. doi:10.1016/j.cpr.2009.04.005. PMID 19450912. 
  134. ^ Smit, Filip; Ederveen, A; Cuijpers, P; Deeg, D; Beekman, A (2006). “Opportunities for Cost-effective Prevention of Late-Life Depression: An Epidemiological Approach”. Archives of General Psychiatry 63 (3): 290–6. doi:10.1001/archpsyc.63.3.290. PMID 16520434. 
  135. ^ Muñoz, RF; Bunge, EL (2016-01-27). “Prevention of depression worldwide: a wake-up call.”. The lancet. Psychiatry 3: 306–7. doi:10.1016/S2215-0366(15)00555-6. PMID 26827251. 
  136. ^ Stafford, M. R.; Jackson, H.; Mayo-Wilson, E.; Morrison, A. P.; Kendall, T. (2013). “Early interventions to prevent psychosis: Systematic review and meta-analysis”. BMJ 346: f185. doi:10.1136/bmj.f185. PMC 3548617. PMID 23335473. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3548617. 
  137. ^ http://schizophreniabulletin.oxfordjournals.org/content/early/2016/06/15/schbul.sbw084.abstract
  138. ^ a b CG178: Psychosis and schizophrenia in adults: treatment and management (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2014-02). http://www.nice.org.uk/guidance/cg178. 
  139. ^ Marshall, M; Rathbone, J (2011-06-15). “Early intervention for psychosis.”. The Cochrane database of systematic reviews (6): CD004718. doi:10.1002/14651858.CD004718.pub3. PMC 4163966. PMID 21678345. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4163966. 
  140. ^ Hutton, P.; Taylor, P. J. (2013). “Cognitive behavioural therapy for psychosis prevention: A systematic review and meta-analysis”. Psychological Medicine 44: 1–20. doi:10.1017/S0033291713000354. PMID 23521867. 
  141. ^ a b c 世界保健機関 2016, ECP.
  142. ^ OECD 2014, Country press releases - Japan.
  143. ^ Fosse, Roar; Lilleby, Peggy; Lillelien, Arne; et al. (2018). “Drug-free after basal exposure therapy”. Tidsskrift for Den norske legeforening (6). doi:10.4045/tidsskr.17.0811. PMID 29557120. https://doi.org/10.4045/tidsskr.17.0811. 
  144. ^ Heggdal, Didrik; Fosse, Roar; Hammer, Jan; et al. (2016). “Basal Exposure Therapy: A New Approach for Treatment-Resistant Patients with Severe and Composite Mental Disorders”. Frontiers in Psychiatry 7: 198. doi:10.3389/fpsyt.2016.00198. PMC 5165038. PMID 28066272. https://doi.org/10.3389/fpsyt.2016.00198. 
  145. ^ a b c d Steven Ferry「TeenScreen as Junk Scienceイギリス医師会雑誌、2005年10月12日。
  146. ^ Lars Boegeskov「Mentally Ill have to have Help—Not to be Cured」Politiken、1994年9月19日。
  147. ^ Testimony given by Dr. Rex William Cowdry, Acting Director of the National Institute of Mental Health before a Subcommittee of the Committee on Appropriations, House of Representatives, 104th Congress, First Session, “Part 4, National Institutes of Health,” section on the National Institute of Mental Health, Washington, D.C., 22 Mar. 1995, p. 1205.
  148. ^ Congressional Record 104th Congress (1995-1996) "Daily Digest - Wednesday, March 22, 1995"
  149. ^ a b Thomas R. Insel (2009). “Disruptive insights in psychiatry: transforming a clinical discipline”. Journal of Clinical Investigation 119 (4): 700–705. doi:10.1172/JCI38832. PMC 2662575. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2662575. 
  150. ^ OECD 2014, p. 63.
  151. ^ 55.プライマリーケア 〔総合的に診る医療〕 primary care大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所、2013年10月7日閲覧。
  152. ^ 厚生労働省. “各国のかかりつけ医制度について”. 2010年2月24日閲覧。
  153. ^ OECD 2014, pp. 62-63.
  154. ^ Elliot Valenstein 1998, p. 183 (翻訳書は エリオット・ヴァレンスタイン 2008, p. 240)
  155. ^ OECD 2014, pp. 16-18.
  156. ^ 世界保健機関 2011, p. 35.
  157. ^ 「総合科」「認定医」案に医師会反発熊本日日新聞、2007年6月6日朝刊。
  158. ^ 第4回医道審議会医道分科会診療科名標榜部会総合科の新設について(案) (PDF) 」厚生労働省、2007年12月7日。
  159. ^ 中河原通夫『内科医が知っておきたい向精神薬の選び方・使い方』及び書評、医学書院、2004年4月。ISBN 978-4260106528
  160. ^ 佐藤光展、精神医療ルネサンス「不満の声 続々」読売新聞の医療サイトyomiDr.(ヨミドクター)、2011年11月21日。
  161. ^ 佐藤光展、精神医療ルネサンス「おかしな医師たち(1) 夫の顔でPTSD!」読売新聞の医療サイトyomiDr.(ヨミドクター)、2012年3月21日。
  162. ^ 佐藤光展、精神医療ルネサンス「抗不安・睡眠薬依存(1)患者依存させ金もうけ!」読売新聞の医療サイトyomiDr.(ヨミドクター)、2012年6月13日。
  163. ^ 竹川敦「現代の日本の精神医療のいいかげんな理由仁和医院、2013年9月19日閲覧。
  164. ^ 中川聡「被害者の救済」「精神科との裁判精神医療被害連絡会、順に2010年9月18日、2011年9月26日。
  165. ^ 内海聡緊急執筆 証人尋問を終えて」「証人尋問を終えて2」「証人尋問を終えて3」「北見裁判の行方Tokyo DD Clinic、順に2011年9月30日、10月1日、10月3日、2013年1月11日。
  166. ^ 西多昌規「薬漬け:現代医療の「サイド・エフェクト」」Yahoo!ニュース、2013年9月21日。
  167. ^ Irving Kirsch 2009, p. 1 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, p. 13)
  168. ^ Kuraoka Clinicカウンセリング - サイコロジストとは」2017年9月19日閲覧。
  169. ^ 小林和夫サイコロジストと保険会社」2017年9月19日閲覧。
  170. ^ 沿革特定非営利活動法人日本心療内科学会、2013年11月7日閲覧。
  171. ^ 沿革一般社団法人日本心身医学会、2013年11月7日閲覧。
  172. ^ 表1 いわゆる心身症の定義」『心身医学』第31巻第7号、1991年10月1日、574頁。
  173. ^ 東北大学病院心療内科「心療内科で診る病気」2013年6月24日閲覧。
  174. ^ 精神科医療機関受診についてQ&A公益社団法人日本精神神経学会、2013年10月30日閲覧。その出典は:細田眞司 「精神科医療機関の上手な利用の仕方」『こころの科学』2010年7月号(通巻152号)、日本評論社ISBN 978-4535140523
  175. ^ サラ・ウィルソン 「施療院から美術館へ」『パラレル・ヴィジョン―20世紀美術とアウトサイダー・アート』 モーリス・タックマン、キャロル・S.エリエル、淡交社、1993年10月。ISBN 978-4-473-01301-9 Parallel Visions : Modern Artists and Outsider Art, 1992.
  176. ^ a b c d モーリス・タックマン 「序文」『パラレル・ヴィジョン―20世紀美術とアウトサイダー・アート』 モーリス・タックマン、キャロル・S.エリエル、淡交社、1993年10月。ISBN 978-4-473-01301-9 Parallel Visions : Modern Artists and Outsider Art, 1992.
  177. ^ a b 『美術手帖』第69巻第1049号、2017年2月ISBN 4910076110274
  178. ^ 美術手帖 2017, pp. 26-27.
  179. ^ 美術手帖 2017, pp. 34-37.
  180. ^ 『日本のアウトサイダー・アート』 世田谷美術館、1993年
  181. ^ うつ病対策の総合的提言 (PDF) 」『日本生物学的精神医学会誌』(21巻3号)、2009年7月11日、158頁(2010年11月1日改訂)。
  182. ^ 島悟、厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)「うつ病を中心としたこころの健康障害をもつ労働者の職場復帰および職場適応支援方策に関する研究」平成14年度~16年度総合研究報告書休業者の実態調査および事業場の意識調査」16-17頁。
  183. ^ 北朝鮮憲法を読む―知られざる隣国の法律 保田剛(翻訳)、遠西昭 (監修) リイド社 2003年 ISBN 9784845823758 p110
  184. ^ こころの病―私たち100人の体験 全国精神障害者団体連合会準備会、全国精神障害者家族会連合会編 中央法規出版 1993年 ISBN 9784805810873 p202〜203
  185. ^ Mental Illness and Addictions: Facts and Statistics”. Centre for Addiction and Mental Health. 2015年3月1日閲覧。
  186. ^ 岩井一正「70年間の沈黙を破って : ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の2010年総会における謝罪表明 (PDF) 」 、『精神神經學雜誌』第113巻第8号、2011年8月25日、 782-796頁、 NAID 10030968313
  187. ^ “精神障害者の暴力被害のリスク,非障害例の4倍 -26報のシステマチックレビューとメタ解析”. メディカルトリビューン. (2012年2月29日). http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1202/1202085.html 
  188. ^ Hughes K, Bellis MA, Jones L, Wood S, Bates G, Eckley L et al. (2012). “Prevalence and risk of violence against adults with disabilities: a systematic review and meta-analysis of observational studies.”. Lancet 379 (9826): 1621-9. doi:10.1016/S0140-6736(11)61851-5. PMID 22377290. 
  189. ^ Crump C, Sundquist K, Winkleby MA, Sundquist J (2013). “Mental disorders and vulnerability to homicidal death: Swedish nationwide cohort study.”. BMJ 346: f557. doi:10.1136/bmj.f557. PMID 23462204. 
  190. ^ a b 岩波明 2009, pp. 24-27.
  191. ^ 心神喪失者等医療観察法 医療観察法制度の概要について 厚生労働省 2010年10月30日閲覧
  192. ^ 触法精神障害者問題について 長尾卓夫 月刊ノーマライゼーション 2002年9月号 財団法人日本障害者リハビリテーション協会 2010年11月9日閲覧
  193. ^ 精神障害のある人の人権 関東弁護士会連合会編 明石書店 2002年 ISBN 9784750316215 p251
  194. ^ 岩波明 2009, p27, 「一般刑法犯検挙人数における精神障害者等の推移(平成9〜18年)」.
  195. ^ http://www.nextftp.com/140014daiquiri/html_side/hpfiles/human/psy04.htm
  196. ^ http://homepage3.nifty.com/kyouseisha/sub042.html
  197. ^ http://seishinhoken.jp/attachments/view/articles_files/src/ba5cdbe30b0349f3a366c925c7b98b39.pdf
  198. ^ 平成10年版犯罪白書 第1編第2章第6節2精神障害のある犯罪者の概況 法務省 2010年11月9日閲覧
  199. ^ 平成13年版犯罪白書 第1編第2章第3節3精神障害のある犯罪者の特色 -殺人事件について- 法務省 2010年11月23日閲覧






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「精神障害」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「精神障害」の関連用語

精神障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

押罫

水制

ポール ドーゼット

渾神の清水

キハ100形

第八十一玉高丸

ブレイシング

シオデ





精神障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精神障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS