がんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > がんの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


がん ぐわん [1] 【丸】

魚肉などをたたいて団子状したもの
丸薬がんやく)の意。 「地黄じおう)-」

がん [1] 【眼】

め。
見抜く力。 「 -が利く」
端渓たんけい)などの硯(すず)で、石の中見える紋。
穴。
[句項目] 眼を付ける

がん [1] 【雁・鴈

カモ目カモ科水鳥のうち、ハクチョウ類に次いで体の大き一群総称雌雄とも地味な色で、水辺にすむ。ツバメとともに日本における代表的渡り鳥で、マガン・ヒシクイ・サカツラガンなどが秋、北方より渡来し、春、北に去る。飛ぶときは V 字形などの編隊を組む。古くから食用にし、美味のたとえとされた。かり。かりがね[季] 秋。

がん [1] 【癌

多細胞生物細胞分裂が不規則になって無制限増殖し、周囲組織を侵したり他の臓器転移したりして生体死に至らしめる病気上皮性の悪性腫瘍しゆよう)のみをさすこともある。悪性腫瘍悪性新生物
組織全体障害を及ぼしている事柄。 「社会の-」

がん ぐわん [1] 【願】

神仏に願うこと。また、その願い事。 「 -がかなう」

がん [1] 【龕

断崖だんがい)を掘って、仏像などを安置する場所。 → 壁龕
仏像納める厨子ずし)。

がん ぐわん [1] 【頑】

トタル ) [文] 形動タリ
自説主張して譲らないさま。他に従おうとしないさま。多く頑として」の形で用いる。 「 -として聞かない

がん [1][0]

( 副 )
多く「と」を伴って
強く打ったり、堅い物に突き当たったりする時に出る大きな濁った音を表す語。また、音が出るほど強く打つさま。 「 -と鳴る」 「 -と殴られた」 「こらしめ一度-とやっておこう」
手きびしく打撃与えるさま。がつん。 「 -という目にあわせる」

【がん】[漢字]

【丸】 ぐわん [音] ガン
まるい。まるいもの。 「丸薬弾丸砲丸
【元】 ぐわん
⇒ げん〔元〕 [漢]
【含】 [音] ガン
ふくむ。口の中に入れる。 「含嗽がんそう)」
うちに、つつみもつ。 「含羞がんしゆう)・含蓄含味含有包含
【岸】 [音] ガン
きし。みぎわ。 「沿岸・海岸・対岸彼岸
たかくかまえる。きわだつ。 「傲岸ごうがん)」
【岩】 [音] ガン
いわ。大きな石。 「岩窟がんくつ)・岩礁奇岩巨岩
地殻構成する鉱物集合体。 「岩石砂岩火成岩
【玩】 ぐわん [音] ガン
よく味わう。考える。 「玩味賞玩
【眼】 [音] ガンゲン
め。
まなこ。めだま。 「《ガン眼下眼窩がんか)・眼球眼孔眼光近眼」 「《ゲン開眼慈眼じげん)((じがん))
目に似たもの。 「銃眼方眼
見る。
見ぬ能力。 「眼識眼力具眼慧眼千里眼
物の要点。 「眼目主眼
【 雁 】 [音] ガン
水鳥の一。がん。かりがね。 「雁行雁使雁書雁塔帰雁孤雁落雁
【頑】 ぐわん [音] ガン
融通利かないかたくな。 「頑愚・頑固・頑迷頑冥がんめい)」
強い。 「頑強頑健頑丈
【 翫ぐわん [音] ガン
深くあじわう。 「翫味賞翫
【 癌 】 [音] ガン
悪性の腫瘍しゆよう)。 「癌腫がんしゆ)・胃癌乳癌肺癌
【顔】 [音] ガン
かお。かおつき。 「顔色顔面温顔紅顔洗顔拝顔
いろ。色彩。 「顔料
【 贋 】 [音] ガン
にせ。にせもの。 「贋作贋札贋造贋物真贋
【願】 ぐわん [音] ガン
ねがう。ねがい。 「願書願望懇願志願請願
神仏などにいのる。 「祈願誓願
【 巌 】 [音] ガン
けわしいこと。けわしいがけ。 「巌巌
いわ。 「巌頭巌壁巌稜
いわや。 「巌窟巌栖がんせい)・巌棲がんせい)」

がん

同義/類義語:癌
英訳・(英)同義/類義語:cancer, carcinoma

上皮組織腫瘍

がん

【仮名】がん
原文cancer

異常な細胞勝手に分裂する疾患を指す用語。がん細胞周囲組織侵入していくことがあり、さらに血液リンパ系を介して身体の別の部位に拡がることもある。がんには主な種類いくつか存在する。がん腫は、皮膚内臓を覆う組織から発生するがんである。肉腫は、骨、軟骨脂肪筋肉血管などの、結合組織支持組織から発生するがんである。白血病は、骨髄などの造血組織から発生するがんで、異常な血液細胞大量に作られて、これが血液中に入り込んでくる。リンパ腫多発性骨髄腫は、免疫系細胞から発生するがんである。中枢神経系腫瘍は、脳や脊髄組織から発生するがんである。

がん腫、がん

【仮名】がんしゅ
原文carcinoma

皮膚や、内臓の内側外側を覆っている組織から発生するがん。

がん

作者小川未明

収載図書小川未明名作選集 5 深山の秋
出版社ぎょうせい
刊行年月1994.4


ガン

読み方:がん
【英】:Gun

ビックウェーブ用のサーフボードテイクオフターンスピード最大限追求し、安定性良いように作られている。鉄砲の弾のような形をしていることからガンと言う名が付いた。

がん

  1. ①眼、眼きき、にらみ。②印、賭場にて「がん」をつけるといえば目印をつける不正手段をいう。③普通窃盗犯又は強盗犯をいう。④贓物共犯者分配すること「がんわけ」の略。

がん

  1. 探偵ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・大阪府

分類 大阪府


がん

  1. 日影。〔第一類 天文事変

がん

  1. 普通窃盗犯人。〔第二類 人物風俗
  2. 普通窃盗犯を云ふ。
  3. 強盗犯を云ふ。

がん

  1. 共犯賍物分配収得ヲ云フ-本類「かんわけ」ノ略-〔関東地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 共犯人と贓物分配を云ふ。「がんわけ」の略。

分類 関東地方


がん

  1. 印、又は疵の意、賭場に於て「がんをつける」と云へば目印をつける不正手段を云ふ。

ガン

読み方:がん

  1. 損失
  2. 損。

分類 ルンペン大阪


読み方:がん

  1. 眼ノコトヲ云フ。〔第六類 人身部・長野県〕
  2. 眼ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・福島県
  3. 目ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岩手県
  4. 目ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・茨城県
  5. 眼。〔第二類 人物風俗
  6. 目。
  7. 眼を云ふ。
  8. 眼を云ふ。がん(眼)。
  9. 眼。魚津前橋 博徒不良虞犯仲間
  10. 眼光、眼付。前橋
  11. 眼きき、睨み眼光。〔一般犯罪
  12. 目つき、眼光。〔掏摸
  13. 眼。がんをつけるが睨む。〔香具師不良
  14. 眼。「眼」の音。〔す〕

分類 す/犯罪ルンペン大阪博徒不良虞犯仲間岩手県掏摸犯罪犯罪者露天商人、福島県茨城県長野県香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
がん

悪性腫瘍

(がん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/23 14:54 UTC 版)

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる[1][2]とされる。




  1. ^ Jacob Furth, National Academy of Science

出典

  1. ^ a b 大西『スタンダード病理学』第3版、pp.139-141
  2. ^ a b Geoffrey M.Cooper『クーパー細胞生物学』pp.593-595
  3. ^ 日本成人白血病治療共同研究グループ・わかりやすい白血病の話2017/07/20閲覧
  4. ^ ジョン・ブリッグズ『フラクタルな世界』松下 貢 監訳、深川洋一訳、丸善株式会社、1995年,102頁、さらに、この引用元は、米のNational Cancer Instituteである。
  5. ^ 広辞苑 第五版
  6. ^ Hirayama A, Kami K, Sugimoto M, Toki N, Onozuka H, Kinoshita T, Saito N, Ochiai A, Tomita M, Esumi H and Soga T (2009). “Quantitative metabolome profiling of colon and stomach cancer microenvironment by capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry.”. Cancer Research 69 (11): 4918–4925. PMID 19458066. 
  7. ^ 南都伸介監修『閉塞性動脈硬化症(PAD)診療の実践』南江堂、2009年。p4。[1]
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 『消された科学史』みすず書房、pp.79-122
  9. ^ Warburgの「癌細胞の起原」に就いて、小野 興作, 大島 福造, 渡辺 漸, 八木 日出雄, 津田 誠次, 陣内 伝之助, 平木 潔, 妹尾 左知丸, 浜崎 幸雄、岡山医学会雑誌、Vol.70 (1958) No.12supplement, JOI:JST.Journalarchive/joma1947/70.12supplement_143
  10. ^ 厚生労働省>統計情報・白書>各種統計調査>厚生労働統計一覧>人口動態調査>人口動態統計(確定数)の概況>平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況>人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)>14ページ 第7表 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移
  11. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  12. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  13. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  14. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  15. ^ a b c 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  16. ^ a b c 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  17. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。
  18. ^ a b 5-24 悪性新生物の主な部位別にみた性・年次別死亡数及び率(人口10万対)、人口動態調査 人口動態統計 2013、2016年7月19日閲覧
  19. ^ a b 重中義信 『細胞-その秘密を探る』 p170-179、1994年12月1日、共立出版、ISBN 4320054229
  20. ^ Seluanov, Andrei; Hine, Christopher; Azpurua, Jorge; Feigenson, Marina; Bozzella, Michael; Mao, Zhiyong; Catania, Kenneth C.; Gorbunova, Vera (2009-10-26). “Hypersensitivity to contact inhibition provides a clue to cancer resistance of naked mole-rat”. Proceedings of the National Academy of Sciences 106 (46): 19352–19357. doi:10.1073/pnas.0905252106. http://www.pnas.org/content/106/46/19352 2016年4月7日閲覧。. 
  21. ^ 岡山博人、「細胞周期の調節機序」 『日本老年医学会雑誌』Vol.35 (1998) No.10 P.713-716
  22. ^ 田沼靖一 『アポトーシスとは何か』 p117-124、1998年6月25日、講談社現代新書、ISBN 4061493086
  23. ^ 『医者が患者を騙す時』
  24. ^ 渡邊昌 『食事でがんは防げる』 光文社、2004年4月23日、198-199頁。ISBN 978-4334974411
  25. ^ 米国国立がん研究所 (2006年9月1日). “Understanding Cancer Series: Cancer and the Environment” (英語). 2009年12月1日閲覧。
  26. ^ 本川裕 (2006年11月1日). “図録▽食生活の変化(1910年代以降の品目別純食料・たんぱく質供給量)”. 社会実情データ図録. 2009年12月1日閲覧。
  27. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2006年10月4日). “食生活とがん”. がん情報サービス. 2009年12月1日閲覧。
  28. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成8年度>死亡 第2表 主な死因別にみた年齢階級別死亡数・死亡率(人口10万対)
  29. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成8年度>死亡 第3表 悪性新生物の主な部位別にみた性別死亡率(人口10万対)の年次推移
  30. ^ 石田英雄 『クレームに学ぶ 食の安全』 海鳥社、2005年、p.29。ISBN 978-4874155172
  31. ^ 変貌する生活習慣病の現状と課題:久山町研究、清原 裕、人間ドック (Ningen Dock)、Vol. 24 (2010) No. Suppl
  32. ^ 糖尿病とその後のがん罹患との関連について| 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
  33. ^ インスリン関連マーカーと大腸がん罹患との関係についてJPHC Study 多目的コホート研究 (独立行政法人国立がん研究センター)
  34. ^ a b 国立がんセンターがん対策情報センター (2009年2月25日). “日本人のためのがん予防法:現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法”. 2009年12月1日閲覧。
  35. ^ WHO technical report series 916. Diet, nutrition and the prevention of chronic diseases, 2003 & IARC monograph on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, Volume83, Tobacco Smoke and Involuntary Smoking, 2004
  36. ^ IARC Monographs Programme on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans、IARC
  37. ^ Oral Sex Linked To Mouth Cancer Risk
  38. ^ Oral sex can cause throat cancer - 09 May 2007 - New Scientist
  39. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report.  日本語要旨:食べもの、栄養、運動とがん予防世界がん研究基金米国がん研究機構
  40. ^ 健康・体力づくり事業財団 (2000年). “健康日本21 - 1. 栄養・食生活”. 2009年12月1日閲覧。
  41. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2007年9月5日). “がんを防ぐための12ヵ条”. 2009年12月1日閲覧。
  42. ^ がん予防法の提示、| 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター
  43. ^ がん死亡リスク、アスピリン常用で大幅減、英大研究記事:2010.12.07 閲覧:2010.12.15
  44. ^ 膵癌の治療. “膵がん”. 2011年10月4日閲覧。
  45. ^ 一般のみなさま (3) 進行度分類と病期”. 日本臨床外科学会 (2015年6月18日). 2018年8月14日閲覧。
  46. ^ 海外がん医療情報リファレンス - がんに対する標的光免疫療法の進展
  47. ^ BioMedサーカス.com:米国国立がん研究所/米国国立衛生研究所 小林久隆 主任研究員 2015年04月24日更新
  48. ^ 鳥取大学医学部 (2014年2月12日). “癌細胞は、正常細胞や良性細胞へ変換できる”. 2014年10月3日閲覧。
  49. ^ えむえむNEWS - プレシジョン・メディシン(精密医療)とは?
  50. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2004年12月15日). “ストーマケア”. 2009年12月1日閲覧。
  51. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2004年12月2日). “永久気管孔(永久気管瘻)”. 2009年12月1日閲覧。
  52. ^ 分裂病の起源I.I.ゴッテスマンISBN 9784535580367



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





がんと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「がん」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

がんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



がんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
i92i92
Copyright(c)2018 i92surf.com All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪性腫瘍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS