がんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > がんの意味・解説 

読み方:げん・がん・もと・はじめ

「元」とは、物事始まり物事根本以前の、昔の、といった意味で用いられる漢字である。漢字の成り立ちから、頭や首、かしら、人の長、大きいなどの意味も持つ。

中国貨幣単位「元」という。

13世紀フビライハン建国した中国の王朝「元」という。この元による日本侵攻総称して元寇」という。

「元」の発音・読み方

「元」は、音読みでは「ゲン」「ガン」、訓読みでは「もと」「はじめ」と読む。音読みの「ゲン」は漢音であり、「ガン」は呉音である。

「元」の語源・由来

「元」という漢字は、象形文字であり、人の首や頭の部分大きく象徴的に表したとされる。これが「最も重要な部分」や「根本部分」という意味に転じた確かに首は人間身体の中でも最も重要な部分一つである。

元服」の「元」は、原義に近い「人の首や頭」を指す意味で用いられている。元服は、成人になった証として男子が頭に冠を身につける儀式である。

ちなみに「兀」は首を失ったさまを示す字形とされる

「元寇」とは

元寇」とは、鎌倉時代中期起こった元の軍勢による日本侵攻のことである。俗に蒙古襲来」ともいう。文永11年西暦1274年)に起きた文永の役」と、弘安4年1281年)に起きた弘安の役」を総称して元寇」という。元寇近世以降定着した呼び名である。

元寇行った人物初代皇帝チンギス・ハンの孫であり第5代皇帝即位したフビライ・ハンである。当時13世紀)のモンゴル帝国は、当時中国王朝南宋)や南方大理国交戦するなど、近隣諸国衝突して勢力拡大しつつあった。

1268年フビライは、まずは日本親書送った当時執権であった北条時宗はこれを拒絶侵略前触れ受け取り九州防備強化した

1271年フビライ大都北京)を首都定め「元(大元)」を建国した。そして1274年文永11年)、元の軍勢日本来襲した。これが「文永の役」である。

文永の役では、元や高麗連合軍対馬壱岐襲い博多から九州本土にも上陸しかけた。迎え撃つ日本軍苦戦強いられたが、暴風雨いわゆる神風」)が元軍を直撃して甚大な損害与え撤退させる至った

文永の役日本征服失敗したフビライは、南宋を完全に討ち滅ぼし中国全土支配下収めた。そのころ日本では、元軍の再襲に備えて防備体制強化努めた

1281年弘安4年)、フビライは再び日本襲来した。「弘安の役」である。弘安の役では南宋軍も元軍に加わり東路軍江南軍二手分かれ朝鮮側中国本土から九州攻め入ろうとしたが、いずれも日本軍奮戦により上陸侵攻阻まれた。

弘安の役でも再び暴風が元の軍勢襲った海上にいた元軍はひとたまりもなく壊滅した

元は、さらに3度目日本侵攻計画していたとされるが、1294年フビライ死にそのまま3度目元寇実現しなかった。

「元(通貨)」とは

通貨としての「元」は、中国中華人民共和国)の法定通貨である「人民幣人民元)」の通称、および、その通貨単位である。中国語では「yuanユアン)」と読むが、日本語では「げん」と読んでいる。

人民幣人民元)の略号は「RMB」である。これは「人民幣」の原語読みRenMinBi」に由来する通貨コードは「chinese yuan」にちなみ「CNY」である。

元の通貨記号は、日本円同じく「¥」である。これは「元(yuan)」の読み方由来する

「元」は、もともと「圆(圓)」の簡略表記である。日本円の「円」も、旧字体書けば「圓」である。

ガン【GAN】


ガン【Gand】

読み方:がん

ベルギー都市ヘントフランス語名


ガン【gun】

読み方:がん

銃。銃砲。「モデル—」「ショット—」

フラッシュガン」「スプレーガン」などの略。


がん【丸】

読み方:がん

[音]ガン(グヮン)(呉) [訓]まる まるい まるめる

学習漢字2年

[一]ガン

まるい粒・塊。「丸薬一丸睾丸(こうがん)・弾丸砲丸

丸薬。「地黄丸(じおうがん)・長命丸

[二]〈まる〉「丸顔丸首丸腰丸太丸裸本丸

名のり]まろ


がん【元】

読み方:がん

⇒げん


がん【含】

読み方:がん

常用漢字] [音]ガン(慣) [訓]ふくむ ふくめる

口中入れる。ふくむ。「含嗽(がんそう)・含味

内部にふくみ持つ。「含意含蓄含有内含包含

感情などをあらわに出さない。「含羞(がんしゅう)」

名のり]もち

難読含嗽(うがい)・含羞草(おじぎそう)・含羞(はにかみ)


がん【岩】

読み方:がん

[音]ガン(呉)(漢) [訓]いわ

学習漢字2年

[一]ガン〉いわ。「岩塩岩窟(がんくつ)・岩礁岩石岩壁奇岩巨岩鑿岩(さくがん)・溶岩花崗岩(かこうがん)・火成岩

[二]〈いわ〉「岩場岩屋

[補説] もと「巖」の俗字

名のり]いわお・かた・せき・たか

難読岩魚(いわな)


がん【岸】

読み方:がん

[音]ガン(呉)(漢) [訓]きし

学習漢字3年

[一]ガン

きし。「岸頭岸壁右岸沿岸河岸海岸護岸接岸対岸彼岸

角立っている。いかめしい。「魁岸(かいがん)・傲岸(ごうがん)」

[二]〈きし(ぎし)〉「岸辺川岸山岸

難読河岸(かし)


がん【×巌〔巖〕】

読み方:がん

人名用漢字] [音]ガン(呉)(漢) [訓]いわお いわ

ごつごつした大きな石。岩。「巌窟(がんくつ)・巌石/奇巌巨巌

岩穴岩屋。「巌棲(がんせい)」

ごつごつしてけわしい。「巌巌

名のり]お・みち・みね・よし


がん【玩】

読み方:がん

常用漢字] [音]ガン(グヮン)(呉)(漢) [訓]もてあそぶ

おもちゃにするもてあそぶ。「玩具玩弄(がんろう)・玩物喪志愛玩

物事の趣を深く味わう。「玩味賞玩

[補説] 「翫(がん)」と通用する

名のり]よし

難読玩具(おもちゃ)


がん【×癌】

読み方:がん

[音]ガン(呉)(漢)

悪性の腫瘍(しゅよう)。「癌腫(がんしゅ)/胃癌舌癌腸癌乳癌肺癌

[補説] もと中国医学の用語で、宋のころ作られた字。


がん【×癌】

読み方:がん

生体にできる悪性腫瘍(しゅよう)。癌腫肉腫総称なんらかの原因臓器などの細胞無制限に増殖するようになり、周囲組織侵し、他へも転移して障害もたらし放置すれば生命をも奪うまでに増殖する病気狭義には、癌腫のみをさす。キャンサークレーブス。カルチノーム。

組織などの内部にあって大きな障害となっているもの。「職制機構の—を取り除く


がん【眼】

読み方:がん

[音]ガン(漢) ゲン(呉) [訓]まなこ め

学習漢字5年

[一]ガン

目。「眼窩(がんか)・眼球眼睛(がんせい)/近眼検眼酔眼双眼着眼・点眼・肉眼・白眼・複眼碧眼(へきがん)」

物事洞察する能力。「眼識眼力活眼具眼慧眼(けいがん)・心眼鑑識眼千里眼

大事なところ。かなめ。「眼目主眼

穴。「銃眼方眼紙

[二]ゲン〉目。見抜く目。「慧眼(えげん)・開眼五眼慈眼仏眼

[三]〈まなこ〉「血眼金壺眼(かなつぼまなこ)」

難読眼差(まなざ)し・眼鏡(めがね)・眼奈太(めなだ)


がん【眼】

読み方:がん

目。まなこ。

物事見て判断する能力。「—が利く」「私の—に狂いはない」

硯(すずり)石の表面現れた紋。


がん【×贋】

読み方:がん

[音]ガン(漢) [訓]にせ

[一]ガン本物似せてつくる。にせもの。「贋作贋札贋造真贋

[二]〈にせ〉「贋金贋札(にせさつ)・贋物贋者


がん【×雁】

読み方:がん

人名用漢字] [音]ガン(漢) [訓]かり

鳥の名。ガン。「雁行帰雁孤雁落雁旅雁

手紙便り。「雁書雁信

[補説] 「」は異体字

難読雁擬(がんもど)き


がん【×雁/×鴈】

読み方:がん

カモ目カモ科鳥のうち、ハクチョウ類を除いた大形のものの総称雌雄同色で、羽色一般に地味な褐色草食性多く北半球北部繁殖し日本にはマガン・ヒシクイなどが冬鳥として渡来湖・沼湿地水田などでみられるV字形や横1列の編隊組んで飛ぶ。かり。かたいとどり。《 秋》

[補説] 書名別項。→雁


がん【雁】

読み方:がん

森鴎外小説明治44年大正2年(1911〜1913)発表高利貸しの妾(めかけ)お玉と、大学生岡田との結ばれ淡い恋を描く。


がん【頑】

読み方:がん

常用漢字] [音]ガン(グヮン)(漢) [訓]かたくな

融通きかないかたくな。「頑固・頑迷

いたって丈夫なこと。「頑強頑健頑丈


がん〔グワン〕【頑】

読み方:がん

ト・タル[文]形動タリかたくなに人の言うことを受け入れないさま。多く頑として」の形で用いられる。「忠告を—として聞き入れない」「—として節を枉(ま)げず、反骨を貫く」


がん【顔】

読み方:がん

[音]ガン(漢) [訓]かお かんばせ

学習漢字2年

[一]ガン

かお。「顔色顔貌(がんぼう)・顔面紅顔洗顔童顔拝顔美顔

顔つき。顔のようす。「温顔厚顔

いろどり。「顔料

[二]〈かお(がお)〉「顔色顔役笑顔(えがお)・新顔素顔(すがお)・似顔真顔丸顔目顔横顔


がん【願】

読み方:がん

[音]ガン(グヮン)(呉) [訓]ねがう

学習漢字4年

請い求める。ねがい。「願書願望哀願依願懇願志願出願請願嘆願念願

神仏祈り求める。「願文(がんもん)・願力(がんりき)/祈願結願(けちがん)・誓願大願発願(ほつがん)・満願


がん〔グワン〕【願】

読み方:がん

神仏祈願すること。また、その祈願


がん【×龕】

読み方:がん

石窟家屋壁面に、仏像仏具納めるために設けたくぼみ。また、仏壇厨子(ずし)にもいう。仏龕(ぶつがん)。

遺体納める(かん)や輿(こし)。ひつぎ。


がん

同義/類義語:癌
英訳・(英)同義/類義語:cancer, carcinoma

上皮組織腫瘍

がん

【仮名】がん
原文cancer

異常な細胞勝手に分裂する疾患を指す用語。がん細胞周囲組織侵入していくことがあり、さらに血液リンパ系を介して身体の別の部位拡がることもある。がんには主な種類いくつか存在するがん腫は、皮膚内臓を覆う組織から発生するがんである。肉腫は、骨、軟骨脂肪筋肉血管などの、結合組織支持組織から発生するがんである。白血病は、骨髄などの造血組織から発生するがんで、異常な血液細胞大量に作られて、これが血液中に入り込んでくる。リンパ腫多発性骨髄腫は、免疫系細胞から発生するがんである。中枢神経系腫瘍は、脳や脊髄組織から発生するがんである。

がん腫、がん

【仮名】がんしゅ
原文carcinoma

皮膚や、内臓の内側外側覆っている組織から発生するがん。

がん

作者小川未明

収載図書小川未明名作選集 5 深山の秋
出版社ぎょうせい
刊行年月1994.4


ガン

読み方:がん
【英】:Gun

ビックウェーブ用のサーフボードテイクオフターンスピード最大限追求し安定性良いように作られている。鉄砲の弾のような形をしていることからガンと言う名が付いた

がん

  1. ①眼、眼きき、にらみ。②印、賭場にて「がん」をつけるといえば目印をつける不正手段をいう。③普通窃盗犯又は強盗犯をいう。④贓物共犯者分配すること「がんわけ」の略。

がん

  1. 探偵ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・大阪府

分類 大阪府


がん


がん

  1. 普通窃盗犯人。〔第二類 人物風俗
  2. 普通窃盗犯を云ふ。
  3. 強盗犯を云ふ。

がん

  1. 共犯賍物分配収得ヲ云フ-本類「かんわけ」ノ略-〔関東地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 共犯人と贓物分配を云ふ。「がんわけ」の略。

分類 関東地方


がん

  1. 印、又は疵の意、賭場に於てがんをつける」と云へば目印をつける不正手段を云ふ。

ガン

読み方:がん

  1. 損失
  2. 損。

分類 ルンペン大阪


読み方:がん

  1. 眼ノコトヲ云フ。〔第六類 人身部・長野県〕
  2. 眼ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・福島県
  3. 目ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岩手県
  4. 目ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・茨城県
  5. 眼。〔第二類 人物風俗
  6. 目。
  7. 眼を云ふ。
  8. 眼を云ふ。がん(眼)。
  9. 眼。魚津前橋 博徒不良虞犯仲間
  10. 眼光、眼付。前橋
  11. 眼きき、睨み眼光。〔一般犯罪
  12. 目つき眼光。〔掏摸
  13. 眼。がんをつけるが睨む。〔香具師不良
  14. 眼。「眼」の音。〔す〕

分類 す/犯罪ルンペン大阪博徒不良虞犯仲間岩手県掏摸犯罪犯罪者露天商人、福島県茨城県長野県香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
がん

悪性腫瘍

(がん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/22 05:37 UTC 版)

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、Malignant Tumor, Cancer)は、生体の自律制御を外れて自己増殖する細胞集団である。周囲の組織浸潤して転移する腫瘍を指す。がんガンまたは)や「悪性新生物」とも称し、死亡につながることも多い。国立がん研究センターによると、2007年以降に登録された院内がんデータでは、2018年の時点で10年生存率は59.4%であり、部位や病期(「ステージ」)により差が大きい[1]


注釈

  1. ^ 「がん」「癌」については、明確に癌腫の場合は「〜癌」、疾患名の場合は「〜がん」と表記している。
  2. ^ 概ね発生頻度順、「がん」「癌」は明確に癌腫の場合は「〜癌」、疾患名の場合は「〜がん」とした。

出典

  1. ^ 「がん患者10年生存59.4% 国立がんセンター集計 08年診断の24万人」『読売新聞』朝刊2021年4月28日(社会面)
  2. ^ a b 大西『スタンダード病理学』第3版、pp.139-141
  3. ^ a b Geoffrey M.Cooper『クーパー細胞生物学』pp.593-595
  4. ^ a b 藤田浄秀「がんと癌とで意味が異なるか ―医学用語の混乱を憂える―」『横浜医学』第72巻第1号、横浜市立大学医学会、2021年、47-57頁、doi:10.15015/000021202023年4月19日閲覧 
  5. ^ がんの基礎知識 がんという病気について”. 国立研究開発法人国立がん研究センター. 2022年12月31日閲覧。
  6. ^ a b c “日本語版「国際疾病分類 腫瘍学 第3.1版」” (PDF), International classification of diseases for oncology (ICD-O), 3rd ed., 1st revision, 厚生労働統計協会, http://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/96612/9789241548496-jpn.pdf 2022年5月30日閲覧。 
  7. ^ ジョン・ブリッグズ『フラクタルな世界』(松下 貢 監訳、深川洋一訳、丸善株式会社、1995年)102頁。引用元は『National Cancer Institute
  8. ^ a b がん概論” (PDF). 国立がん研究センターがん対策情報センター. 2022年5月3日閲覧。
  9. ^ 白血病とは”. JALSG 特定非営利活動法人 成人白血病治療共同研究機構. 2017年7月20日閲覧。
  10. ^ 広辞苑』第五版
  11. ^ Hirayama A, Kami K, Sugimoto M, Toki N, Onozuka H, Kinoshita T, Saito N, Ochiai A, Tomita M, Esumi H and Soga T (2009). “Quantitative metabolome profiling of colon and stomach cancer microenvironment by capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry.”. Cancer Research 69 (11): 4918–4925. PMID 19458066. 
  12. ^ 南都伸介監修『閉塞性動脈硬化症(PAD)診療の実践』南江堂、2009年)p.4
  13. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。
  14. ^ 厚生労働省>統計情報・白書>各種統計調査>厚生労働統計一覧>人口動態調査>人口動態統計(確定数)の概況>平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況>人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)>14ページ 第7表 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移 (PDF)
  15. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  16. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  17. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別 (PDF)
  18. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別 (PDF)
  19. ^ a b c 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別 (PDF)
  20. ^ a b c 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別 (PDF)
  21. ^ がん情報サービス「がん登録・統計」 (Report). 国立がん研究センター.
  22. ^ a b [1]、人口動態調査 人口動態統計 2021、2023年5月7日閲覧
  23. ^ a b 重中義信『細胞-その秘密を探る』(1994年12月1日、共立出版ISBN 4320054229)p170-179
  24. ^ Seluanov, Andrei; Hine, Christopher; Azpurua, Jorge; Feigenson, Marina; Bozzella, Michael; Mao, Zhiyong; Catania, Kenneth C.; Gorbunova, Vera (2009-10-26). “Hypersensitivity to contact inhibition provides a clue to cancer resistance of naked mole-rat”. Proceedings of the National Academy of Sciences 106 (46): 19352–19357. doi:10.1073/pnas.0905252106. http://www.pnas.org/content/106/46/19352 2016年4月7日閲覧。. 
  25. ^ 岡山博人「細胞周期の調節機序」『日本老年医学会雑誌』第35巻第10号、日本老年医学会、1998年、713-716頁、CRID 1390001205023019904doi:10.3143/geriatrics.35.713ISSN 0300-9173 
  26. ^ 田沼靖一『アポトーシスとは何か』(1998年6月25日、講談社現代新書ISBN 4061493086)p117-124
  27. ^ ロバート・メンデルソン著、弓場隆訳『医者が患者を騙す時』(PHP文庫、2008年)
  28. ^ 渡邊昌『食事でがんは防げる』光文社、2004年4月23日、198-199頁。ISBN 978-4334974411 
  29. ^ 本川裕 (2006年11月1日). “図録▽食生活の変化(1910年代以降の品目別純食料・たんぱく質供給量)”. 社会実情データ図録. 2009年12月1日閲覧。
  30. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成8年度>死亡 第2表 主な死因別にみた年齢階級別死亡数・死亡率(人口10万対)
  31. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成8年度>死亡 第3表 悪性新生物の主な部位別にみた性別死亡率(人口10万対)の年次推移
  32. ^ 日本糖尿病学会, ed. (2019-10-1), 糖尿病診療ガイドライン2019 (1 ed.), 南江堂, http://www.jds.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4 
  33. ^ 久山町研究”. 2017年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月25日閲覧。
  34. ^ 清原裕「変貌する生活習慣病の現状と課題:久山町研究」『人間ドック (Ningen Dock)』第24巻Suppl、日本人間ドック学会、2010年、1169-1177頁、CRID 1390282680210802432doi:10.11320/ningendock.24.1169ISSN 18801021 
  35. ^ 糖尿病とその後のがん罹患との関連について”. 国立研究開発法人 国立がん研究センター. 2023年11月10日閲覧。
  36. ^ インスリン関連マーカーと大腸がん罹患との関係について”. 国立研究開発法人 国立がん研究センター. 2023年11月10日閲覧。
  37. ^ a b 日本人のためのがん予防法:現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法”. 国立がんセンターがん対策情報センター (2009年2月25日). 2009年12月1日閲覧。
  38. ^ WHO technical report series 916. Diet, nutrition and the prevention of chronic diseases, 2003 & IARC monograph on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, Volume83, Tobacco Smoke and Involuntary Smoking, 2004
  39. ^ Miles Kimball (2017年10月10日). “Meat Is Amazingly Nutritious—But Is It Amazingly Nutritious for Cancer Cells, Too?”. CONFESSIONS OF A SUPPLY-SIDE LIBERAL. 2023年10月2日閲覧。
  40. ^ IARC Monographs Programme on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans、IARC
  41. ^ Oral Sex Linked To Mouth Cancer Risk
  42. ^ Oral sex can cause throat cancer - 09 May 2007 - New Scientist
  43. ^ 藤田哲也 (1984年12月25日). “現代病理学体系 腫瘍Ⅲ 癌の自然史” (PDF). 中山書店. 2023年11月5日閲覧。
  44. ^ 10分でわかる甲状腺がんの自然史と過剰診断”. 2023年11月5日閲覧。
  45. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report  日本語要旨:食べもの、栄養、運動とがん予防 (PDF)世界がん研究基金米国がん研究機構
  46. ^ 健康日本21 - 1. 栄養・食生活”. 健康・体力づくり事業財団 (2000年). 2009年12月1日閲覧。
  47. ^ a b 津金昌一郎 (2021). “がんを防ぐための〈12か条〉から〈新12か条〉へ” (PDF). 加仁 (がん研究振興財団) 48: 6-7. https://www.fpcr.or.jp/pdf/p20/kani048.pdf. 
  48. ^ がん予防法の提示 2017年8月1日改訂版”. がん対策研究所 予防関連プロジェクト. 国立がん研究センター がん対策研究所. 2022年3月16日閲覧。
  49. ^ a b がんを防ぐための新12か条”. 日本対がん協会. 2022年3月17日閲覧。
  50. ^ がんを防ぐための12ヵ条”. 国立がんセンターがん対策情報センター (2007年9月5日). 2009年12月1日閲覧。
  51. ^ 画像診断について”. 国立がんセンター希少がんセンター. 2017年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月25日閲覧。
  52. ^ 内視鏡検査”. 東京都予防医学協会. 2015年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月25日閲覧。
  53. ^ 遺伝子p53抗体検査 | 人間ドック・健康診断|医療法人養寿会 ウェル・ビーイング・メディカ保健クリニック”. 2020年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月25日閲覧。
  54. ^ がん防災マニュアル”. 一般社団法人がんと働く応援団 (2021年4月6日). 2021年9月11日閲覧。
  55. ^ 一般のみなさま (3) 進行度分類と病期”. 日本臨床外科学会 (2015年6月18日). 2018年8月14日閲覧。
  56. ^ 海外がん医療情報リファレンス - がんに対する標的光免疫療法の進展 一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)2016年5月24日掲載/2020年11月1日閲覧
  57. ^ 米国国立がん研究所/米国国立衛生研究所 小林久隆 主任研究員”. Bio Med Circus (2015年4月24日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月25日閲覧。
  58. ^ ハイパーサーミア(温熱療法)外来”. 千葉県がんセンター. 2023年6月25日閲覧。
  59. ^ 癌細胞は、正常細胞や良性細胞へ変換できる”. 鳥取大学医学部 (2014年2月12日). 2014年10月3日閲覧。
  60. ^ プレシジョン・メディシン(精密医療)とは?えむえむNEWS
  61. ^ ストーマケア”. 国立がんセンターがん対策情報センター (2004年12月15日). 2009年12月1日閲覧。
  62. ^ 永久気管孔(永久気管瘻)”. 国立がんセンターがん対策情報センター (2004年12月2日). 2009年12月1日閲覧。
  63. ^ I.I.ゴッテスマン『分裂病の起源』日本評論社、1992年、ISBN 9784535580367
  64. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 『消された科学史』(みすず書房ISBN 978-4622050131)pp.79-122
  65. ^ 小野興作,大島福造,渡辺漸 ほか「Warburgの「癌細胞の起原」に就いて」『岡山医学会雑誌』1958年 70巻 12supplement号 p.143-154, doi:10.4044/joma1947.70.12supplement_143
  66. ^ Jacob Furth, National Academy of Science (PDF)
  67. ^ a b From inflammation to cancer A. Korniluk, O. Koper, H. Kemona, and V. Dymicka-Piekarska. Ir J Med Sci. 2017; 186(1): 57–62. Published online 2016 May 7. doi:10.1007/s11845-016-1464-0 PMC 5323483 PMID 27156054
  68. ^ Cytokine Storms in Cancer and COVID-19 Casmir Turnquist, Bríd M. Ryan, Izumi Horikawa, Brent T. Harris, and Curtis C. Harris. Cancer Cell. 2020 Nov 9; 38(5): 598–601. Published online 2020 Oct 2. doi:10.1016/j.ccell.2020.09.019 PMC 7531591 PMID 33038939
  69. ^ 植物 Q&A 植物のガンについて | みんなのひろば”. 日本植物生理学会. 2021年9月9日閲覧。



がん(癌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:37 UTC 版)

Folding@home」の記事における「がん(癌)」の解説

既知のがんの半分以上は、細胞周期制御しDNA損傷した場合細胞死シグナルを出す、すべての細胞存在するがん抑制タンパク質であるp53突然変異関与している。 p53特定の変異は、これらの機能破壊し異常な細胞成長抑制せずに継続させ、結果として腫瘍発生させる。 これらの突然変異解析は、p53関連の癌の根本原因説明するのに役立つ。 2004年には、Folding@home使用して水の原子シミュレーションにおけるp53タンパク質二量体のリフォールディングの最初分子動力学研究行った。 このシミュレーション結果実験結果一致し以前得られなかった二量体のリフォールディングについての洞察得られた。 これは、分散型計算機プロジェクトによるがんに関する初の査読付き論文となった翌年Folding@homeは、特定のタンパク質安定性重要なアミノ酸特定する新しい方法開発しp53変異研究使用したこの方法は、がんを促進する突然変異特定することに成功し他の方法では実験的に測定することができなかった特定の突然変異影響決定することができた。 Folding@homeは、高分子クラウディングした化学的ストレスの多い環境下で、他のタンパク質のフォールディング助けることで、細胞生存不可欠な役割を果たす熱ショックタンパク質であるタンパク質シャペロン研究にも使用されている。 急速に成長する癌細胞特定のシャペロン依存しており、いくつかのシャペロン化学療法抵抗性重要な役割果たしている。 これらの特定のシャペロン阻害することは、効率的な化学療法薬開発や、がんの広がり抑えるための潜在的な作用機序考えられている。 パンデ研究室では、Folding@home用いてタンパク質フォールディング機構センター(Center for Protein Folding Machinery)と緊密に連携しがん細胞関与するこれらのシャペロン阻害する薬剤見つけたいと考えている。 また、研究者たちは、Folding@home使ってSrcキナーゼ英語版)という酵素や、がんを含む多く病気関与している可能性のある大きなタンパク質であるエングレイルド(英語版ホメオドメイン一部の形など、がんに関連する他の分子研究にも取り組んでいる。 2011年Folding@homeは、がん細胞表面受容体結合することで、イメージングスキャンで癌腫識別することができる小さなノッティンタンパク質EETIの動力学シミュレーション開始したインターロイキン2(IL-2)は、免疫系T細胞病原体腫瘍攻撃するのを助けタンパク質である。 しかし、肺水腫などの重篤な副作用のため、がん治療薬としての使用制限されている。 IL-2T細胞とは異なる形で肺細胞結合するため、この結合機構違い理解することが研究課題となっている。 2012年には、Folding@homeは、免疫系役割300倍以上の効果ありながら副作用少な変異型IL-2発見支援した実験では、この変異型IL-2は、腫瘍成長阻害するという点で、天然IL-2よりも有意優れていた。 製薬会社はこの変異体分子関心示しており、アメリカ国立衛生研究所は、治療薬としての開発加速させるために、様々な腫瘍モデル用いて試験行っている。

※この「がん(癌)」の解説は、「Folding@home」の解説の一部です。
「がん(癌)」を含む「Folding@home」の記事については、「Folding@home」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「がん」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「がん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




がんと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「がん」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

がんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



がんのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
i92i92
Copyright(c)2024 i92surf.com All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪性腫瘍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFolding@home (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS