彼岸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 彼岸 > 彼岸の意味・解説 

彼岸

読み方:ひがん

(1)仏教における悟り境地煩悩を脱し悟りに至った理想境地とされる
(2)春分秋分時期に行う行事墓参りはじめとする先祖供養仏事を行う。
(3)何事かを超越した理想境地。「善悪の彼岸などのような表現で用いられる。

彼岸

読み方:ひがん

彼岸(ひがん)とは、春分および秋分それぞれ中日とする各7日間のこと。「春彼岸」と「秋彼岸」の総称それぞれ仏教習わしに基づき墓参りはじめとする先祖供養年中行事として行われる日本の「雑節ざっせつ)」のひとつであり、季節が変わる目安にもなっている。「お彼岸」と呼ばれることも多い。

「彼岸」という言葉はもともと仏教の用語であり、涅槃辿り着いた「向こう岸」のことである。語源サンスクリット語の「paramパーラム)」とされる

仏教では悟り境地達し先に涅槃(ねはん)」があるとされる超克すべき煩悩迷いは川に喩えられる。涅槃は、煩悩の川の向こう岸(すなわち「彼岸」)にある。

仏教ではお彼岸の期間中法会(ほうえ)が営まれる。この法会は「彼岸会ひがんえ)」と呼ばれる

彼岸の初日は「彼岸の入り」といい、彼岸の最終日は「彼岸明け」という。彼岸の中日を除く前後6日間は、六波羅蜜大乗仏教教えにある6つの徳目)を1日ひとつずつ修めるとされる六波羅蜜の6つの徳目とは、「布施」「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「般若」である。

彼岸の過ごし方は、宗派地域習俗などによっても異なるが、一般的には、「彼岸の入り」には仏壇仏具墓石などを清める良いとされる。「彼岸明け」は彼岸が終わる日である(彼岸の期間が終わった翌日ではない)ため、墓参り法要はじめとする先祖供養彼岸明けの日までに済ませておくことが望ましいとされる

彼岸の中日にあたる「春分の日」と「秋分の日」は、毎年はっきりとした日にち決められておらず「おおむね何日頃」とされている。(春分の日3月21日前後秋分の日9月23日前後とされている。)これは、「365日6時間」という地球公転日数起因している。1年365日定めると、地球春分点秋分点昼夜長さが同じになる位置)を通過する時期少しずつずれていくためである。なお、4年一度の「うるう日2月29日)」を設けることでこのずれを修正している。

日本では彼岸のお供え物として「ぼたもち牡丹餅)」と「おはぎ(御萩)」が作られ供される。ぼたもちとおはぎは、呼称が違うだけで、物そのものは全く同じである。もち米もしくはもち米うるち米を混ぜたもの)を炊いて、米粒が残る程度軽くつき、まるくまとめた後に餡をまぶす。

ぼたもち」と「おはぎ」の名称や関係には諸説あるものの、一般的には、春のものを牡丹の花見立てて「ぼたもち」とし、秋のものを萩の花咲き乱れる様に見立て「おはぎ」とした、という説が半ば定説となっている。もち米を使うかうるち米を使うかによって呼び分ける、あんこがこしあん粒あんに応じて呼び分ける、といった説もある。説というより流儀に近いかもしれない。

秋の彼岸の頃には「彼岸花」と呼ばれる花が急激に伸ばしあでやか真っ赤な花をつける。彼岸花は「曼珠沙華まんじゅしゃげ)」とも呼ばれる。これは「法華経」などの仏典由来しており、釈迦法華経を説いた際、これを祝して天から降った花である「四華」のひとつに由来している。ユリ科多年草有毒曼珠沙華の他にも「死人花しびとばな)」や「捨て子花」といった異称がある。

仏教的(悟り境地を指す)「彼岸」に対して人間煩悩迷い抱えたままあくせく生きる現世が「此岸(しがん)」と呼ばれる此岸において苦し修行を積んだ者を除き、人はふつう死後にのみ彼岸に辿り着けるとされる仏教教えでは、彼岸では大きな煩悩迷い苦しめられることなく、永遠に幸せに暮らせるとされている。

ひ‐がん【彼岸】

《(梵)pāramitāの訳「到彼岸」から》

仏語生死迷い河・海にたとえた、その向こう岸悟り境地をいう。⇔此岸(しがん)。

彼岸会(ひがんえ)」の略。《 春》

雑節の一。春分の日秋分の日それぞれ中日とする各7日間。春の彼岸秋の彼岸

向こうがわの岸。

は…スウ遠く―の葦間に消えた」〈木下尚江良人の自白


彼岸

読み方:ヒガンhigan

(1)仏教語で悟り世界涅槃
(2)春分秋分の日中日として、その前後7日間にわたって行う仏教法会


彼岸 【ひがん】

川の向こう側を表し、この世に対しあの世を意味する。これから死者追悼する季節の意味としても使用される。春彼岸春分の日中日とし、秋彼岸秋分の日中日とし、それぞれ前後7日間。墓参をする慣習がある。

彼岸(ひがん)

日本独自に作られた仏教行事一つで、上記のように1年春と秋の2回があり、期間の初日彼岸の入り真中の日を彼岸の中日最終日彼岸明けと言います。彼岸とは、仏教でいう俗(生者)世界対する佛(=死者)の世界・さとりの世界のことで、現世隔てた河の向こう岸のことを指して言います。彼岸の頃の太陽真西に沈むことから、真西には西方浄土があるという仏教説から、この時期に各お寺では7日間に渡って彼岸会(ひがんえ)が行われ、家庭で先祖の霊を供養するために、仏壇お供えをしたりお墓参りをしたりします。

春の彼岸 春分の日中日とする1週間3月18日(または17日)〜3月24日(または23日)
秋の彼岸 秋分の日中日とする1週間9月20日(または21日)〜9月26日(または27日)

彼岸

作者文生

収載図書ストロベリーショート
出版社メディアファクトリー
刊行年月2006.2
シリーズ名ダ・ヴィンチ ブックス


彼岸

作者徳永直

収載図書徳永直文学選集
出版社熊本出版文化会館
刊行年月2008.5


彼岸

読み方:ヒガンhigan

春分の日をまん中とした七日

季節

分類 時候


彼岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 07:56 UTC 版)

彼岸(ひがん)とは、日本の雑節の一つで、春分秋分を中日(なかび)とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。この期間に行う仏事彼岸会(ひがんえ)と呼ぶ[1]


  1. ^ 広辞苑』「彼岸会」
  2. ^ 大辞泉』「彼岸」
  3. ^ 五来重 『宗教歳時記』 法藏館 2007年、p.28
  4. ^ 伊藤唯真『仏教民俗学大系6 仏教年中行事』 名著出版 2016年、p.35
  5. ^ レファレンス協同データベース「彼岸の由来を知りたい」2019年10月15日閲覧
  6. ^ 柳田国男『分類食物習俗語彙』角川書店 1974年、p.70-73、167
  7. ^ 山口謠司『にほんご歳時記』<PHP新書> 2015年、025「春分のお彼岸」
  8. ^ 火田, 博文 ([2019]). 本当は怖い日本のしきたり オーディオブック. Pan roringu (Hatsubai). ISBN 978-4-7759-8631-8. OCLC 1108314699. http://worldcat.org/oclc/1108314699 


「彼岸」の続きの解説一覧

彼岸

出典:『Wiktionary』 (2019/03/01 13:23 UTC 版)

名詞

ひがん

  1. 向こう岸対岸
  2. 仏教用語煩悩の河を越え悟りに至ることから)悟り境地
  3. 語義2の俗解、この時、現世隔てる河は三途の川とされる死後世界
  4. 彼岸会の略。春分秋分の日を中日とした、前後7日間のこと。またその間に行う仏事のこと。お彼岸とも。

語源

語義2

関連語

名詞

(ひがん)

  1. 彼岸悟り境地
  2. 彼岸彼岸会



彼岸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「彼岸」に関係したコラム

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彼岸」の関連用語

彼岸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彼岸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2021 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彼岸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彼岸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS