さとりとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > さとりの意味・解説 

さとり【悟り/覚り】

物事真の意味を知ること。理解また、感づくこと。察知。「—が早い

仏語迷妄払い去って生死を超えた永遠の真理会得すること。「—の境地達する」


悟り、覚り

読み方:さとり

ラ行五段活用動詞「悟る」「覚る」の連用形である「悟り」「覚り」、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

さとり 【悟・覚・証】

中村元著『仏教大辞典』には悟として「覚悟証悟真理目覚めること。また、その体験自覚的内容をいう。真実智慧古くは智または知を、さとりと訓じた」と説明し、覚も同意としている。また同編『新・仏辞典』では証の字だけを挙げ「本能に基く精神動揺が全くなくなった時にあらわれた正智が、真理にぴたりと合致することをいう」とする。『岩波仏教辞典』は悟り覚り、として「覚悟・証・修証証悟菩提・道ともいう。真理(法)に目覚めること。迷い反対悟り仏教究極目的であり、悟るためにさまざまな修行が説かれ実践される。悟り智慧本質として成立する」と記す。仏教には「転迷開悟迷い転じて悟りを開く)」の語があり、一口でいえば仏教はこの一語尽きのである。ただしその内容は、直ちに悟る頓悟漸次に悟る漸悟など宗義により違いがあり、浄土教では悟りの場所を現世でなく極楽浄土とするなど、理解にも諸相がある。

SATORI

SATORIの画像 SATORIの画像
芸名SATORI
芸名フリガナさとり
性別女性
生年月日1990/1/5
星座やぎ座
干支午年
血液型A
出身大阪府
身長169 cm
URLhttp://www.attitudejp.com/#!satori/cxvg
ブログURLhttp://ameblo.jp/satori-model/entry-10912544802.html
靴のサイズ23 cm
プロフィール1990年生まれ大阪府出身。趣味・特技は、ファッション美容毛筆主な出演作品は、朝日放送おはようコールABC!』(レギュラーレポーター)、映画『アウトレイジ』、雑誌関西ウォーカー』などがある。その他、ヘアーショーなどにも出演し、多方面活躍している。
代表作品1年20112014
代表作品1朝日放送おはようコールABC!』レギュラー(レポーター)
代表作品2年2011
代表作品2雑誌『髪化粧
代表作品3年2010
代表作品3映画『アウトレイジ
職種モデル/タレント俳優女優
趣味・特技ファッション/美容/毛筆

» タレントデータバンクはこちら

佐鳥

読み方
さとり

さとり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 05:18 UTC 版)

SATORI




「さとり」の続きの解説一覧

さとり

出典:『Wiktionary』 (2019/04/17 11:13 UTC 版)

動詞

さとりり、り】

  1. 悟り覚りさとる連用形

名詞

さとりり、り、サトリ

  1. 悟り覚り、悟、覚)物事本当の意味をること。悟ること。
  2. 悟り覚り、悟、覚) (仏教 サンスクリット बोधि (bodhi ボーディ 菩提)に和語当てたもの) まよい」(迷)を棄てること、迷が完全になくなること。真理目覚めること。煩悩根底から除くこと、自己打ち克つこと。主として、以上の意味の複合された概念を言う。
  3. (覚、サトリ)人の考え読み取り言い当てるとされる妖怪

発音

東京アクセント
さ↗とり
京阪アクセント
↗さとり

関連語

翻訳

発音

三拍名詞一類

↗さとり

名詞

さとりり、り】

  1. 現代語語義1,2)さとり。



さとりと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さとり」の関連用語

さとりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さとりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさとり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのさとり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS