涅槃とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 涅槃 > 涅槃の意味・解説 

ねはん【××槃】

読み方:ねはん

《(梵)nirvāṇaの音写吹き消すことの意》仏語

煩悩(ぼんのう)の火を消して智慧(ちえ)の完成した悟り境地一切悩み束縛から脱した円満安楽境地仏教理想とする、仏の悟り得た境地

釈迦(しゃか)の死。

涅槃会(ねはんえ)」の略。


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

煩悩滅却して絶対自由となった状態


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

釈尊入滅の日と言われる2月15日を涅槃と称し各地の寺では法会が行われる。


ブロッホ:涅槃

英語表記/番号出版情報
ブロッホ:涅槃Nirvana作曲年1923年  出版年1924年  初版出版地/出版社: Schirmer 

涅槃

作者神尾久義

収載図書マリアたちの夏
出版社日本随筆家協会
刊行年月1998.11


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

釈迦の入滅のこと

季節

分類 宗教


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

作者 萩原朔太郎

初出 大正11年

ジャンル


涅槃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/01 06:40 UTC 版)

涅槃(ねはん)、ニルヴァーナサンスクリット語: निर्वाणnirvāṇa)、ニッバーナパーリ語: निब्बानnibbāna)とは、一般にヒンドゥー教ジャイナ教仏教における概念であり、繰り返す再生の輪廻から解放された状態のこと[1][2][3]


注釈

  1. ^ 涅槃が仏教の究極的な実践目的であるところから、法印の一つに涅槃寂静がある[8]
  2. ^ 「般」は: pari音写であり、完全という意味[8]
  3. ^ 各言語では次のように表記される。プラークリット: णिव्वाणṇivvāṇaタイ語: นิพพานNípphaanベトナム語: niết bàn[要出典]
  4. ^ 有余涅槃・無余涅槃は、パーリ語の sa-upādisesa-nibbāna, anupādisesa-nibbāna で、このうち、「余」にあたるウパーディセーサ(upādisesa)は、「生命として燃えるべき薪」「存在としてよりかかるべきもの」を意味する[要出典]
  5. ^ 灰身滅智(けしんめっち)とは、身は焼かれて灰となり、智の滅した状態をいう[要出典]

出典

  1. ^ Chad Meister (2009). Introducing Philosophy of Religion. Routledge. p. 25. ISBN 978-1-134-14179-1. https://books.google.fi/books?id=pOCT3qFirJMC&lpg=PP1&hl=fi&pg=PA25#v=onepage&q&f=false. "Buddhism: the soteriological goal is nirvana, liberation from the wheel of samsara and extinction of all desires, cravings and suffering." 
  2. ^ Donald S. lopez Jr., Nirvana, Encyclopædia Britannica
  3. ^ Kristin Johnston Largen. What Christians Can Learn from Buddhism: Rethinking Salvation. Fortress Press. pp. 107–108. ISBN 978-1-4514-1267-3. https://books.google.com/books?id=dNoXJVD_XEkC. "One important caveat must be noted: for many lay Buddhists all over the world, rebirth in a higher realm - rather than realizing nirvana - has been the primary religious goal. [...] while many Buddhists strongly emphasize the soteriological value of the Buddha's teaching on nirvana [escape from samsara], many other Buddhists focus their practice on more tangible goals, in particular on the propitious rebirth in one's next life." 
  4. ^ IN THE PRESENCE OF NIBBANA:Developing Faith in the Buddhist Path to Enlightenment”. What-Buddha-Taught.net. 2014年10月22日閲覧。
  5. ^ The Soka Gakkai Dictionary of Buddhism, vimoksha”. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  6. ^ Gavin Flood, Nirvana. In: John Bowker (ed.), Oxford Dictionary of World Religions
  7. ^ Anindita N. Balslev (2014). On World Religions: Diversity, Not Dissension. SAGE Publications. pp. 28–29. ISBN 978-93-5150-405-4. https://books.google.com/books?id=H1clDAAAQBAJ&pg=PT29 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 総合仏教大辞典 1988, p. 1132-1133.
  9. ^ a b 涅槃(ねはん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月16日閲覧。
  10. ^ a b 岩波仏教辞典 & p647.
  11. ^ アルボムッレ・スマナサーラ『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』(kindle)Evolving、2018年。ISBN 978-4804613574 
  12. ^ a b Fowler 2012, p. 48.
  13. ^ Olivelle 1992, pp. 5–9, 227–235, Quote: "Nirvana Upanishad...".
  14. ^ Fowler 2012, pp. 48–49.
  15. ^ Atman (in Oxford Dictionaries)”. Oxford University Press (2012年). 2014年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月閲覧。 “Quote: 1. real self of the individual; 2. a person's soul”
  16. ^ Constance Jones; James D. Ryan (2006). Encyclopedia of Hinduism. Infobase. p. 51. ISBN 978-0-8160-7564-5. https://books.google.com/books?id=OgMmceadQ3gC ; Quote: The atman is the self or soul.
  17. ^ David Lorenzen (2004). Mittal, Sushil; Thursby, Gene. eds. The Hindu World. Routledge. pp. 208–209. ISBN 9781134608751. "Advaita and nirguni movements, on the other hand, stress an interior mysticism in which the devotee seeks to discover the identity of individual soul (atman) with the universal ground of being (brahman) or to find god within himself." 
  18. ^ [a] Anatta, Encyclopædia Britannica (2013), Quote: "Anatta in Buddhism, the doctrine that there is in humans no permanent, underlying soul. The concept of anatta, or anatman, is a departure from the Hindu belief in atman ("the self").";
    [b] Steven Collins (1994), Religion and Practical Reason (Editors: Frank Reynolds, David Tracy), State Univ of New York Press, ISBN 978-0791422175, page 64; "Central to Buddhist soteriology is the doctrine of not-self (Pali: anattā, Sanskrit: anātman, the opposed doctrine of ātman is central to Brahmanical thought). Put very briefly, this is the [Buddhist] doctrine that human beings have no soul, no self, no unchanging essence.";
    [c] John C. Plott et al (2000), Global History of Philosophy: The Axial Age, Volume 1, Motilal Banarsidass, ISBN 978-8120801585, page 63, Quote: "The Buddhist schools reject any Ātman concept. As we have already observed, this is the basic and ineradicable distinction between Hinduism and Buddhism";
    [d] Katie Javanaud (2013), Is The Buddhist 'No-Self' Doctrine Compatible With Pursuing Nirvana?, Philosophy Now;
    [e] David Loy (1982), Enlightenment in Buddhism and Advaita Vedanta: Are Nirvana and Moksha the Same?, International Philosophical Quarterly, Volume 23, Issue 1, pages 65-74
  19. ^ [a] Christmas Humphreys (2012). Exploring Buddhism. Routledge. pp. 42–43. ISBN 978-1-136-22877-3. https://books.google.com/books?id=V3rYtmCZEIEC 
    [b] Richard Gombrich (2006). Theravada Buddhism. Routledge. p. 47. ISBN 978-1-134-90352-8. https://books.google.com/books?id=jZyJAgAAQBAJ. "Buddha's teaching that beings have no soul, no abiding essence. This 'no-soul doctrine' (anatta-vada) he expounded in his second sermon." ,
  20. ^ मुच Monier-Williams Sanskrit English Dictionary, Germany (2008)
  21. ^ Heinrich Robert Zimmer (1951). Philosophies of India. Princeton University Press. p. 41. ISBN 0-691-01758-1. https://books.google.com/books?id=bRQ5fpTmwoAC&pg=PA41. "Moksa, from the root muc, "to loose, set free, let go, release, liberate, deliver" [...] means "liberation, escape, freedom, release, rescue, deliverance, final emancipation of the soul." 
  22. ^ Jaini, Padmanabh (2000). Collected Papers on Jaina Studies. Delhi: Motilal Banarsidass Publ.. ISBN 81-208-1691-9 : "Moksa and Nirvana are synonymous in Jainism". p. 168
  23. ^ Michael Carrithers, Caroline Humphrey (1991) The Assembly of listeners: Jains in society Cambridge University Press. ISBN 0521365058: "Nirvana: A synonym for liberation, release, moksa." p. 297
  24. ^ 中村 2002, p. 96.
  25. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 142.
  26. ^ 櫻部・上山 2006, p. P109.
  27. ^ 櫻部 1981, p. P61.
  28. ^ 櫻部・上山 2006, p. P142.
  29. ^ Thero Ven Randombe Suneetha (2018). “On the Metaphor of the Raft in the Mahāparinibbānasutta”. The Annals of the Research Project Center for the Comparative Study of Logic 15: 173-181. NAID 120006517938. 
  30. ^ パーリ仏典, 相応部 六処相応 10.Saḷa-vaggo, Sri Lanka Tripitaka Project
  31. ^ a b c パーリ仏典, 相応部ジャンブカーダカ相応 Nibbānasuttaṃ, Sri Lanka Tripitaka Project
  32. ^ a b パーリ仏典, 増支部三集 (増支部)婆羅門品, Sri Lanka Tripitaka Project
  33. ^ アルボムッレ・スマナサーラ『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』佼成出版社、2003年、Kindle版, 4.6。ISBN 978-4333020447 



涅槃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 09:18 UTC 版)

ミラレパ」の記事における「涅槃」の解説

晩年ミラレパ名声嫉妬を抱く学僧ゲシェ・ツァプワが、ミラレパ毒殺画策した。ゲシェは自分の妾に対して計画成功すれば高価なトルコ石正妻の座を見返り与えると約束して計画協力するよう説得し、毒入りヨーグルトミラレパ供養させた。 ミラレパ神通によってそれを事前に知っていたが、縁ある有情の済度はすべて終わっており、毒を飲まなくても自らの寿命尽きようとしていることを知っていたので、ゲシェと妾の望み叶えてやろうとする大慈計画露呈知った途端ヨーグルトミラレパから取り返して飲もうとした妾への大悲、そして有情生命護るという菩薩の誓願に従って、自らそれを飲み深刻な病に陥った。 後に、ゲシェはミラレパ真の仏陀であることを知り、自らの邪悪な行い激しく後悔して改心しその後財産布施して、ミラレパ弟子たちの熱心な帰依となったミラレパは、弟子たちに自らの死を通して最後教え与えるため、チュバルの地に赴き、大勢弟子たち囲まれて、83歳でこの世去ったミラレパの死の瞬間には、その完全な悟り境地裏付ける数々奇瑞顕われたという。

※この「涅槃」の解説は、「ミラレパ」の解説の一部です。
「涅槃」を含む「ミラレパ」の記事については、「ミラレパ」の概要を参照ください。


涅槃(ニルヴァーナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 08:17 UTC 版)

解脱 (ジャイナ教)」の記事における「涅槃(ニルヴァーナ)」の解説

ニルヴァーナもしくはニッヴァーナ(サンスクリット語: निर्वाण, Nirvāṇa; プラークリット: णिव्वाण Nivvāṇa、涅槃)は、ジャイナ教においてカルマ呪縛からの最終的な開放意味する。アリハントやティールタンカラのような悟り開いた人は自身残っているアガーティヤー・カルマを消滅させて自身この世界における存在消滅させる。これがニルヴァーナ(nirvāṇa)である。用語として厳密には、アリハントの死がアリハントのニルヴァーナ呼ばれる、というのは死ぬことで世界における存在を終わらせて解脱するからである。モークシャ、すなわち解脱ニルヴァーナ引き続いて起きる。アリハントはニルヴァーナ至ったのちにシッダ、つまり解脱した者になる。しかし、ニルヴァーナという用語はしばしモークシャ同義語としても使われるカルパスートラではマハーヴィーラニルヴァーナ入念に説明されている。

※この「涅槃(ニルヴァーナ)」の解説は、「解脱 (ジャイナ教)」の解説の一部です。
「涅槃(ニルヴァーナ)」を含む「解脱 (ジャイナ教)」の記事については、「解脱 (ジャイナ教)」の概要を参照ください。


涅槃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 09:58 UTC 版)

ミスター雁之助」の記事における「涅槃」の解説

人生との抗争時、人生極楽固め対抗して開発

※この「涅槃」の解説は、「ミスター雁之助」の解説の一部です。
「涅槃」を含む「ミスター雁之助」の記事については、「ミスター雁之助」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「涅槃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

涅槃

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:51 UTC 版)

名詞

 (ねはん)

  1. (仏教) 煩悩滅却した状態のこと。原語ニルヴァーナ」の「吹き消された」という意味から。その意味に、さらに、輪廻転生りんねてんしょう世界)から解脱げだつした状態(彼岸ひがん)、および、智慧ちえにより真理獲得した状態(さとり得た状態)の意味付け加わり仏教独特の観念形成された。つまり、通常、涅槃と言うときにはこれらの意味複合した概念を指す。→涅槃寂静
  2. 釈迦牟尼」を意味する語。入寂入滅。(高僧に対して用いられることがある。)

発音(?)

ネ↗ハン

語源

関連語

[語義1]

[語義2]


「涅槃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



涅槃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「涅槃」の関連用語

涅槃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



涅槃のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2024 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの涅槃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミラレパ (改訂履歴)、解脱 (ジャイナ教) (改訂履歴)、ミスター雁之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの涅槃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS