涅槃とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 涅槃 > 涅槃の意味・解説 

ねはん [0][1] 【涅

nirvāna 吹き消すこと、あるいは吹き消された状態の意〕
〘仏〙
死ぬこと。また、死。入寂にゆうじやく)。入滅一般に釈迦の死をいう。


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

煩悩滅却して絶対自由となった状態


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

釈尊入滅の日と言われる2月15日を涅槃と称し、各地の寺では法会が行われる。


ブロッホ:涅槃

英語表記/番号出版情報
ブロッホ:涅槃Nirvana作曲年: 1923年  出版年: 1924年  初版出版地/出版社Schirmer 

涅槃

作者神尾久義

収載図書マリアたちの夏
出版社日本随筆家協会
刊行年月1998.11


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

釈迦入滅のこと

季節

分類 宗教


涅槃

読み方:ネハン(nehan)

作者 萩原朔太郎

初出 大正11年

ジャンル


涅槃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 06:27 UTC 版)

涅槃(ねはん)、ニルヴァーナサンスクリット語: निर्वाणnirvāṇa)、ニッバーナパーリ語: निब्बानnibbāna)とは、一般にヒンドゥー教ジャイナ教仏教における概念であり、繰り返す再生の輪廻から解放された状態のこと[1][2][3]




注釈

  1. ^ 涅槃が仏教の究極的な実践目的であるところから、法印の一つに涅槃寂静がある[8]
  2. ^ 「般」は: pari音写であり、完全という意味[8]
  3. ^ 各言語では次のように表記される。プラークリット: णिव्वाणṇivvāṇaタイ語: นิพพานNípphaanベトナム語: niết bàn[要出典]
  4. ^ 有余涅槃・無余涅槃は、パーリ語の sa-upādisesa-nibbāna, anupādisesa-nibbāna で、このうち、「余」にあたるウパーディセーサ(upādisesa)は、「生命として燃えるべき薪」「存在としてよりかかるべきもの」を意味する[要出典]
  5. ^ 灰身滅智(けしんめっち)とは、身は焼かれて灰となり、智の滅した状態をいう[要出典]

出典

  1. ^ Chad Meister (2009). Introducing Philosophy of Religion. Routledge. p. 25. ISBN 978-1-134-14179-1. https://books.google.fi/books?id=pOCT3qFirJMC&lpg=PP1&hl=fi&pg=PA25#v=onepage&q&f=false. "Buddhism: the soteriological goal is nirvana, liberation from the wheel of samsara and extinction of all desires, cravings and suffering." 
  2. ^ Donald S. lopez Jr., Nirvana, Encyclopædia Britannica
  3. ^ Kristin Johnston Largen. What Christians Can Learn from Buddhism: Rethinking Salvation. Fortress Press. pp. 107–108. ISBN 978-1-4514-1267-3. https://books.google.com/books?id=dNoXJVD_XEkC. "One important caveat must be noted: for many lay Buddhists all over the world, rebirth in a higher realm - rather than realizing nirvana - has been the primary religious goal. [...] while many Buddhists strongly emphasize the soteriological value of the Buddha's teaching on nirvana [escape from samsara], many other Buddhists focus their practice on more tangible goals, in particular on the propitious rebirth in one's next life." 
  4. ^ IN THE PRESENCE OF NIBBANA:Developing Faith in the Buddhist Path to Enlightenment”. What-Buddha-Taught.net. 2014年10月22日閲覧。
  5. ^ The Soka Gakkai Dictionary of Buddhism, vimoksha”. 2014年2月17日閲覧。
  6. ^ Gavin Flood, Nirvana. In: John Bowker (ed.), Oxford Dictionary of World Religions
  7. ^ Anindita N. Balslev (2014). On World Religions: Diversity, Not Dissension. SAGE Publications. pp. 28–29. ISBN 978-93-5150-405-4. https://books.google.com/books?id=H1clDAAAQBAJ&pg=PT29 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 総合仏教大辞典 1988, p. 1132-1133.
  9. ^ a b 涅槃(ねはん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月16日閲覧。
  10. ^ a b 岩波仏教辞典 & p647.
  11. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』(kindle版) Evolving、2018年。ISBN 978-4804613574 
  12. ^ 中村 2002, p. 96.
  13. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 142.
  14. ^ 櫻部・上山 2006, p. P109.
  15. ^ 櫻部 1981, p. P61.
  16. ^ 櫻部・上山 2006, p. P142.
  17. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』 佼成出版社、2003年、Kindle版, 4.6。ISBN 978-4333020447 


「涅槃」の続きの解説一覧

涅槃

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:14 UTC 版)

名詞

 (ねはん)

  1. (仏教) 煩悩滅却した状態のこと。原語ニルヴァーナ」の「吹き消された」という意味から。その意味に、さらに、輪廻転生りんねてんしょう世界)から解脱げだつした状態(彼岸ひがん)、および、智慧ちえにより真理獲得した状態(さとりを得た状態)の意味が付け加わり、仏教独特の観念形成された。つまり、通常、涅槃と言うときにはこれらの意味の複合した概念を指す。→涅槃寂静
  2. 釈迦牟尼」を意味する語。入寂入滅。(高僧に対しても用いられることがある。)

発音

ネ↗ハン

語源

関連語

[語義1]

[語義2]




涅槃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「涅槃」の関連用語

涅槃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



涅槃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2020 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの涅槃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの涅槃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS