飲みとは?

のみ【飲み/×呑み】

動詞「のむ」の連用形「のみ」の名詞化

飲むこと。特に、酒やタバコをのむこと。「—の席」

飲み口」の略。

呑み)「呑み行為」の略。


のみ【飲・呑】

〔名〕 (動詞「のむ(飲)」の連用形名詞化

① のむこと。吸い込むこと。特に、酒やタバコに関していう。近世、「のみのすくね」などと洒落て使うことも多い。〔観智院本名義抄(1241)〕

雑俳銭ごま(1706)「のみこんで・いよいよのみがこめぬ也」

② =のみくち飲口(6)

俳諧大坂独吟集(1675)下「あつかひ口もねぢた月影 御もたせの手ののみの露落て〈由平〉」

③ (呑) 「のみこうい呑行為)」の略。〔新しき用語の泉(1921)〕

謡曲発音法の一つ。呑んで謡うこと。→飲む(11)


飲み

読み方:のみ

マ行五段活用動詞「飲む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飲み」の関連用語

飲みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飲みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS