液体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 液体 > 液体の意味・解説 

えき‐たい【液体】

読み方:えきたい

物質が示す状態の一。一定の体積をもつが、流動性があり、どのような形の器にも入るもの。→気体固体


えきたい 液体

液相をみよ!

液体

英訳・(英)同義/類義語:liquid, fluid

気体固体並び物質の三態のひとつ
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:    氷酢酸  浸透圧  液体  液体空気  液体窒素  液相

体液、水分、液体

【仮名】たいえき
原文fluid

液体。

液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 09:57 UTC 版)

液体(えきたい、: liquid)は、物質の状態固体・液体・気体)の一つである。気体と同様に流動的で、容器に合わせて形を変える。液体は気体に比して圧縮性が小さい。気体とは異なり、容器全体に広がることはなく、ほぼ一定の密度を保つ。液体特有の性質として表面張力があり、それによって「濡れ」という現象が起きる。


注釈

  1. ^ アイザック・アシモフ「第一部 生物学 4.われわれの知らないようなやつ」『空想自然科学入門』小尾信彌、山高昭訳、ハヤカワ文庫、1995年(原著1978年)、18刷、69-87頁。ISBN 4-15-050021-5 ただしアシモフは、この定義は「われわれの知っている生命」すなわち地球の生命体が対象であるという。同項でアシモフは異なる温度や圧力下での生命に関する思考実験を行い、高温から低温にわたりフッ化珪素硫黄アンモニアメタン水素という物質がそれぞれ生命活動の環境になりうると言うが、それらは各温度域で液体であることを前提に置いている。

出典

  1. ^ Theodore Gray, The Elements: A Visual Exploration of Every Known Atom in the Universe New York: Workman Publishing, 2009 p.127 ISBN 1579128149
  2. ^ Theo Mang, Wilfried Dressel Lubricants and lubrication, Wiley-VCH 2007 ISBN 3527314970
  3. ^ George Wypych ’’Handbook of solvents’’ William Andrew Publishing 2001 pp. 847-881 ISBN 1895198240
  4. ^ N. B. Vargaftik Handbook of thermal conductivity of liquids and gases CRC Press 1994 ISBN 0849393450
  5. ^ Jack Erjavec Automotive technology: a systems approach Delmar Learning 2000 p. 309 ISBN 1401848311
  6. ^ Gerald Wendt The prospects of nuclear power and technology D. Van Nostrand Company 1957 p. 266
  7. ^ Modern engineering for design of liquid-propellant rocket engines by Dieter K. Huzel, David H. Huang – American Institute of Aeronautics and Astronautics 1992 p. 99 ISBN 1563470136
  8. ^ Thomas E Mull HVAC principles and applications manual McGraw-Hill 1997 ISBN 007044451X
  9. ^ R. Keith Mobley Fluid power dynamics Butterworth-Heinemann 2000 p. vii ISBN 0750671742
  10. ^ Bela G. Liptak Instrument engineers’ handbook: process control CRC Press 1999 p. 807 ISBN 0849310814
  11. ^ McQuarrie, D.A., Statistical Mechanics (Harper Collins, 1976)
  12. ^ Berry, R.S. and Rice, S.A., Physical Chemistry, App.23A: X-Ray Scattering in Liquids: Determination of the Structure of a Liquid (Oxford University Press, 2000)
  13. ^ Born, M., The Stability of Crystal Lattices, Proc. Camb. Phil. Soc., Vol. 36, p.160, (1940) doi=10.1017/S0305004100017138; Thermodynamics of Crystals and Melting, J. Chem. Phys., Vol. 7, p. 591 (1939) doi=10.1063/1.1750497; A General Kinetic Theory of Liquids, University Press (1949)
  14. ^ C.A. Angell, J.H.R. Clarke, I.V. Woodcock (1981). “Interaction Potentials and Glass Formation: A Survey of Computer Experiments”. Adv. Chem. Phys. 48: 397. doi:10.1002/9780470142684.ch5. 
  15. ^ C.A. Angell (1981). “The Glass Transition: Comparison of Computer Simulation and Laboratory Studies”. Trans. N.Y. Acad. Sci. 371: 136. doi:10.1111/j.1749-6632.1981.tb55657.x. 
  16. ^ D. Frenkel, J.P. McTague (1980). “Computer Simulations of Freezing and Supercooled Liquids”. Ann. Rev. Phys. Chem. 31: 491. doi:10.1146/annurev.pc.31.100180.002423. 
  17. ^ Levesque, D. et al., Computer "Experiments" on Classical Fluids, Phys. Rev. A, Vol. 2, p. 2514 (1970); Phys. Rev. A, Vol. 7, p. 1690 (1973); Phys. Rev. B, Vol. 20, p. 1077 (1979)
  18. ^ G. Jacucci, I.R McDonald (1980). “Shear waves in liquid metals”. Molec. Phys. 39: 515. doi:10.1080/00268978000100411. 
  19. ^ M.H. Cohen and G.S. Grest (1980). “Liquid-glass transition: Dependence of the glass transition on heating and cooling rates”. Phys. Rev. B 21: 4113. doi:10.1103/PhysRevB.21.4113. 
  20. ^ G.S. Grest, S.R. Nagel, A. Rahman (1980). “Longitudinal and Transverse Excitations in a Glass”. Phys. Rev. Lett. 49: 1271. doi:10.1103/PhysRevLett.49.1271. 
  21. ^ Mason, W.P., et al., Mechanical Properties of Long Chain Molecule Liquids at Ultrasonic Frequencies, Phys. Rev., Vol. 73, p. 1074 (1948); Measurement of Shear Elasticity and Viscosity of Liquids by Means of Ultrasonic Shear Waves, J. Acoust. Soc. Amer., Vol. 21, p. 58 (1949)
  22. ^ Litovitz, T.A., et al., Ultrasonic Spectroscopy in Liquids, J. Acoust. Soc. Amer., Vol. 431, p. 681 (1959); Ultrasonic Relaxation and Its Relation to Structure in Viscous Liquids, Vol. 26, p. 566 (1954); Mean Free Path and Ultrasonic Vibrational Relaxation in Liquids, J. Acoust. Soc. Amer., Vol. 32, p. 928 (1960); On the Relation of the Intensity of Scattered Light to the Viscoelastic Properties of Liquids and Glasses, Vol. 41, p. 1601 (1967); Montrose, C.J., et al., Brillouin Scattering and Relaxation in Liquids, Vol. 43, p. 117 (1968); Lamacchia, B.T., Brillouin Scattering in Viscoelastic Liquids, Dissertation Abstracts International, Vol. 27-09, p. 3218 (1967)
  23. ^ I.L. Fabelinskii (1957). “Molecular Scattering of Light in Liquids”. Uspekhi Fizicheskikh Nauk 63: 355. 
  24. ^ L. Brillouin (1922). “Diffusion de la lumière et des rayons X par un corps transparent homogène; influence de l'agitation thermique”. Annales de Physique 17: 88. 
  25. ^ E.N. Andrade (1934). “Theory of viscosity of liquids”. Phil. Mag. 17: 497, 698. 
  26. ^ C. Lindemann (1911). “Kinetic theory of melting”. Phys. Zeitschr. 11: 609. 
  27. ^ Frenkel, J., Kinetic Theory of Liquids, Translated from Russian (Oxford University Press, 1946)
  28. ^ Fleury, P.A., Central-Peak Dynamics at the Ferroelectric Transition in Lead Germanate, Phys. Rev. Lett., Vol. 37, p. 1088 (1976); in Anharmonic Lattices, Structural Transitions and Melting, Ed. T. Riste (Noordhoff, 1974); in Light Scattering Near Phase Transitions, Eds. H.Z. Cummins, A. P. Levanyuk (North-Holland, 1983)
  29. ^ D.B. Macleod (1923). “On a relation between the viscosity of a liquid and its coefficient of expansion”. Trans. Farad. Soc. 19: 6. doi:10.1039/tf9231900006. 
  30. ^ G.W Stewart (1930). “The Cybotactic (Molecular Group) Condition in Liquids; the Association of Molecules”. Phys. Rev. 35: 726. doi:10.1103/PhysRev.35.726. 
  31. ^ Scherer, G.W., Relaxation in Glass and Composites, Krieger, 1992 ISBN 0471819913
  32. ^ Mason, W.P., et al. (1948). “Mechanical Properties of Long Chain Molecule Liquids at Ultrasonic Frequencies”. Phys. Rev. 73: 1074. doi:10.1103/PhysRev.73.1074. 
  33. ^ Montrose, C.J., et al. (1968). “Brillouin Scattering and Relaxation in Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 43: 117. doi:10.1121/1.1910741. 
    Litovits, T.A. (1959). “Ultrasonic Spectroscopy in Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 31: 681. 
    “Ultrasonic Relaxation and Its Relation to Structure in Viscous Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 26: 566. (1954). Candau, S., et al. (1967). “Brillouin Scattering in Viscoelastic Liquids”. J. Acoust. Soc. Am. 41: 1601. doi:10.1121/1.2143675. 
    Pinnow, D. et al. (1967). “On the Relation of the Intensity of Scattered Light to the Viscoelastic Properties of Liquids and Glasses”. J. Acoust. Soc. Am. 41: 1601. doi:10.1121/1.2143676. 
  34. ^ 倉本圭. “惑星としての地球”. 北海道大学理学部地球惑星科学課. 2012年2月18日閲覧。
  35. ^ アストロ・トピックス (217) 太陽系外で発見されたハビタブルゾーンに位置する惑星”. 国立天文台. 2012年2月18日閲覧。
  36. ^ ジム・ベル/コーネル大学「別冊日経サイエンス no.167 見えてきた太陽系の起源と進化」、日経サイエンス社、2009年、 ISBN 978-4-532-51167-8
  37. ^ 宮本英昭. “研究・プロジェクト紹介”. 東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻. 2012年2月18日閲覧。
  38. ^ アイザック・アシモフ「16.もちろん木星だとも」『空想自然科学入門』早川書房、1963年、第一八刷、294-310頁。ISBN 4-15-050021-5
  39. ^ a b Hussmann, H.; Sohl, Frank; Spohn, Tilman (November 2006). "Subsurface oceans and deep interiors of medium-sized outer planet satellites and large trans-neptunian objects". Icarus 185 (1): 258–273.
  40. ^ Lightest exoplanet yet discovered” (英語). European Southern Observatory. 2012年1月20日閲覧。
  41. ^ M. Gillon et al. (2007). “Detection of transits of the nearby hot Neptune GJ 436 b” (PDF). Astronomy and Astrophysics 472 2: L13-L16. http://www.aanda.org/articles/aa/pdf/2007/35/aa7799-07.pdf. 
  42. ^ Hot "ice" may cover recently discovered planet” (英語). Reuters. 2012年1月20日閲覧。
  43. ^ David P. Stern. “地磁気の起源”. 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター. 2012年2月18日閲覧。
  44. ^ 倉本圭. “研究”. 北海道大学理学部地球惑星科学課. 2012年2月18日閲覧。
  45. ^ ビル・アーネット. “木星”. 福岡教育大学. 2012年2月18日閲覧。
  46. ^ 木村友亮ら. “高強度レーザー衝撃圧縮を用いたメガバール領域における水の状態方程式計測 (PDF)”. 日本惑星科学会誌 Vol.20, No.1, 2011. 2012年2月18日閲覧。


「液体」の続きの解説一覧

液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 08:09 UTC 版)

洗濯用洗剤」の記事における「液体」の解説

タイプ同じく直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム主成分として作られている。粉タイプより界面活性剤割合40%前後割合的に高い。

※この「液体」の解説は、「洗濯用洗剤」の解説の一部です。
「液体」を含む「洗濯用洗剤」の記事については、「洗濯用洗剤」の概要を参照ください。


液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 05:41 UTC 版)

自然発火性物質」の記事における「液体」の解説

自然発火性のある液体は、少量の場合テフロン加工されたビン保存される大量の場合にはガスシリンダーに類似した金属タンク供給される

※この「液体」の解説は、「自然発火性物質」の解説の一部です。
「液体」を含む「自然発火性物質」の記事については、「自然発火性物質」の概要を参照ください。


液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:12 UTC 版)

物質の状態」の記事における「液体」の解説

詳細は「液体」を参照 温度と圧力一定なら、体積一定である。固体融点以上まで加熱されると、液体に変化する分子間力残ったまであるが、分子互いに影響しあったまま動くのに十分なエネルギー持ち構造変わりうる。これは、液体の形は一定ではなく容器に応じて変わということ意味するミクロ見れば物質構成する原子分子相対位置自由に変化できるが、原子分子間の距離はほとんど変化できない態である。力学的に言えば剛性率だが体積圧縮率固体同程度小さい。体積通常固体状態よりも大きいが、この著名な例外としてがある。ある液体が存在しうる最も高い温度臨界温度という。

※この「液体」の解説は、「物質の状態」の解説の一部です。
「液体」を含む「物質の状態」の記事については、「物質の状態」の概要を参照ください。


液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 08:38 UTC 版)

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」の記事における「液体」の解説

前作では水源に当たる所からすぐに流れ出し一定]高度以下の場所全域流れ込むというものだったが、本作では少しずつ水源から決まった範囲にのみ流入するようになったまた、高度制限もなく、水源同等下の高さならどこでも流れ込むようになっている水源はかわきのツボ入手することで自由に設定できる使用するためにはどこかしら水場R2またはZRボタンを短押しする一定範囲吸収し水源にしたい場所で長押しすることで流し込めるようになる水源にした場所はたとえ周囲全くない所でも、プレイヤー枯らすまで無限にがわき続ける。ブロックで潰すかかわきのツボ水源吸収するかすると枯れる。一方水源隣接するブロック全て消滅して水源自体消滅しないため、空中から液体を注がせたり非常に広大深遠な範囲を液体で満たすことができる。 液体にはいくつかの種類があるが、かわきのツボ仕込んでおける1種類のみ。新たに液体を吸収する上書きされる。また、液体を設置して周辺にあるブロック相互に干渉してどちらか別のものに変化させる場合があるまた、水中もぐっているとスタミナゲージが減少し尽きるとHP減少するうになる潜水態では、ジャンプし続けることでいくらでも浮上できる(滝登りも可能)。

※この「液体」の解説は、「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」の解説の一部です。
「液体」を含む「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」の記事については、「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」の概要を参照ください。


液体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 06:21 UTC 版)

音速」の記事における「液体」の解説

物質違いにあまり影響されず、概ね 1000-1500 m/s範囲集中している。多く高温ほど遅いが、74までは上昇し最高速を示すまた、水銀では周波数による差が知られており、高いほど速い。 液体中では、体積弾性率を K として、 c = K ρ {\displaystyle c={\sqrt {K \over {\rho }}}} とされる

※この「液体」の解説は、「音速」の解説の一部です。
「液体」を含む「音速」の記事については、「音速」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「液体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

液体

出典:『Wiktionary』 (2021/09/21 12:40 UTC 版)

名詞

えきたい

  1. 物質三態のひとつ物質構成する分子間の距離は小さいが、分子間の結合力が弱いため、他の分子に対する位置容易に変わりうる状態。気体異なり圧力に対して体積をほとんど変えない一般に外部からの圧力下げたり加えることにより気体に、逆に熱を奪うことにより固体変える

関連語

翻訳


「液体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



液体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

液体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



液体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの液体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの洗濯用洗剤 (改訂履歴)、自然発火性物質 (改訂履歴)、物質の状態 (改訂履歴)、ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 (改訂履歴)、音速 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの液体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS