油とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > の意味・解説 

ゆ【油】

[音](呉) ユウイウ)(漢) [訓]あぶら

学習漢字3年

[一]〈ユ〉液状のあぶら。油圧油煙油脂油田肝油給油原油香油重油醤油(しょうゆ)・製油石油桐油(とうゆ)・灯油廃油潤滑油

[二]ユウなどが盛んにわき上がるさま。「油然

[三]〈あぶら〉「油絵油紙種油水油

難読豆油(ご)


ゆう【由/油】

〈由〉⇒ゆ

〈油〉⇒ゆ


あぶら【油/脂/×膏】

に溶けず、よりも軽い可燃性物質総称動物性植物性鉱物性があり、食用灯火用・燃料用・化学工業原料など用途が広い。

動物の肉についている脂肪分。脂身(あぶらみ)。「―の多い切り身

皮膚から分泌する脂肪。「汗と―の結晶

植物の種子などからとれる液体菜種油ごま油など。「―で揚げる

植物の花やなどからとれる、芳香のある揮発性液体薄荷(はっか)油など。精油

原油精製したもの重油軽油灯油など。

髪油ポマードチック類もいう。「―でなでつける

活力みなもと。特に酒をさすことが多い。「疲れたから―を補給しよう」

火に油を注ぐとよく燃えるところから》おせじ。へつらいうれしがらせ

「えらい―言ひなます」〈滑・膝栗毛・八〉

[補説] 一般に常温液体のもの(主に植物鉱物性)を「油」、固体のもの(主に動物性)または皮膚から分泌されるものを「脂」、肉のあぶらを「膏」と書き分ける

[下接語] 揚げ油・荏(え)の油・牡蠣(かき)油・固(かた)油・(かば)の油・蝦蟇(がま)の膏(あぶら)・髪油(かや)の油・機械油木の実油(きり)油・胡桃(くるみ)油・黒油芥子(けし)油・漉(こ)し油・胡麻(ごま)油・米油差し油白油・梳(す)き油・種油椿(つばき)油・灯(とぼし)油・菜種(なたね)油・匂(にお)い油・(にしん)油・糠(ぬか)油・鼻脂(はなあぶら)・鬢(びん)付け油・松脂(まつやに)油・豆油水油密陀(みつだ)の油・綿


あぶら 【油】

油はに溶けにくく、よく燃え光沢があるので、古代人はそこに神秘性を感じ宗教儀礼には身体塗り洞穴内で明かりなどにした。アラビア人は、とくにこれを重んじたが、それは主としてオリーブ油であった。パレスチナ地方聖書見え物語舞台)では重要な生活資料であり、富の資源であり、化粧美髪など装飾に用い、医療にも利用した。古代イスラエルでは神への供犠も油を塗って聖別し、王や祭司就任式には頭に油をそそいだ。「メシア」とはヘブライ語で〈油をそそがれた者〉の意であり、それが救世主の意味でもあった。「キリスト」とは「メシア」のギリシア語音訳である。キリスト旧教婚礼出産などに塗油するのも、このような油の神秘性による。死体にも塗る。良質香油尊重された。インドでは、油を入れた油鉢を傾けて油をこぼしてはいけないと戒めこれから油断する」などの油断という仏教語が生まれた。→ 病者の塗油

作者川端康成

収載図書伊豆の踊子骨拾い川端康成初期作品集
出版社講談社
刊行年月1999.3
シリーズ名講談社文芸文庫


読み方:あぶら

  1. 好晴の日。②日射烈しく暑さ甚だしき日など。③門戸開き屋内忍び入らんとして音響妨ぐ為にここに尿を注ぐことをいう。④怠情者をいう。⑤鶏姦。「びろーど」又は「きくざら」ともいう。「しゃくはち」ともいう。

読み方:あぶら

  1. 快晴日-日射ノ烈シク暑サ甚シキナド関東地方〕。〔第一類 天文事変
  2. 東京地方にて日射烈しく暑さ甚しき日又は快晴の日を指し言ふ。〔犯罪語〕
  3. 日射烈しく暑さ甚だしき日など「膏汗の出る日」と云へるより。〔関東地方
  4. 好天気。前橋
  5. 好晴の日。〔一般犯罪
  6. 天気のよい日。〔掏摸

分類 掏摸犯罪犯罪語、関東地方


読み方:あぶら

  1. 降雨京阪地方〕。〔第一類 天文事変
  2. 降雨。〔京阪地方

分類 京阪地方


読み方:あぶら

  1. 怠リタルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・岩手県
  2. 怠惰者ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・宮城県
  3. 怠惰者。〔第二類 人物風俗
  4. 怠惰者を云ふ。

分類 宮城県岩手県


読み方:あぶら

  1. 門戸ヲ開キ屋内ニ忍入ラント欲シ、其音響ヲ防グガタメ戸車ナドノ箇所ニ尿ヲ注グノ所為。〔第三類 犯罪行為
  2. 戸障子開き屋内に忍入らんとする場合、其音響を防ぐために戸車などの箇所に尿を注ぐことをいふ。〔犯罪語〕
  3. 〔犯〕忍込盗の方法。音を立て様に戸や障子に油を引いて忍び込むもの。
  4. 戸障子明けて忍び入らうとする時音を消す為に敷居戸車小便をする事をいふ。
  5. 門戸開き屋内忍び入らんとして音響妨ぐ為に茲に尿を注ぐ所為を云ふ。
  6. 屋内侵入するとき、敷居小便をすること。用例「あてる前に油を流す」(犯行前に、あぶらをする)。〔香具師不良
  7. 盗犯侵入の際建具音のしない様に敷居小便すること。すべりのよいところから連想して。〔盗〕

分類 犯、犯罪語、盗/犯罪香具師不良


読み方:あぶら

  1. 鶏姦。「びろーど」又は「きくざら」とも云ふ。「しやくはち」とも云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
あぶら
ゆさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 00:20 UTC 版)

(あぶら、ゆ)とは動物植物鉱物などからとれる、相分離する疎水性物質である。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温液体のものを油、固体のものをと使い分けることがある[1]。高級一価アルコール高級脂肪酸とのエステルという。精油は、脂肪を含まず油脂とは区別される。




  1. ^ 『飲食事典』本山荻舟 平凡社 p11 昭和33年12月25日発行
  2. ^ 丸川久俊 「海洋学」 昭和七年十月十四日発行 p.150(Googlebook


「油」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/09 16:07 UTC 版)

発音

名詞

  1. あぶら常温液体またはゲル状の物質で、その組成多く有機化合物のものであり、と容易に混合しないもの。
  2. (あぶら)語義1のものが日常使用されるときや発現するときの呼称燃料潤滑油など。

熟語

関連語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「油」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「油」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS