イウとは? わかりやすく解説

い・う〔いふ〕【言う/×云う/×謂う】

読み方:いう

[動ワ五(ハ四)]

[一]言葉口に出す。心に思っていること、考え判断などを相手伝達するために、言葉出したり文章表したりする。

を通して言葉として出す。「やっと片言を—・うようになった

言葉にして表す。思うことを言葉で表現する。「文句を—・う」「だれもが彼のことをよく—・わない」「これ以上—・うことはない」「出席できない旨を手紙で—・ってきた」

名づける称する。…と呼ぶ。「一一三日文化の日と—・う」

世間の人がそのように称する一般にそう呼ばれている。「縁起がいいと—・われる大安の日」「彼は無類の好人物と—・われている」

[二]

何らかの声や言葉を発する。「わあと—・って泣き出した

動物などが声を出す。物が音を発する音を立てる。「わんわん—・う」「鉄瓶ちんちん—・う」「床がみしみし—・う」

[三]実質的な[一]の意味弱まったりなくなったりして、常に他の語に付いて用いられる

(「…という」の形で体言続けて

同格であるこを示す。「ハイジと—・う少女」「世界の中のアメリカと—・う国」「人事部と—・う部署

㋑「と」の前の事柄を特に取立てて示して、意味を強める。「人と—・うものはわからないものだ」「おまえと—・うやつは何とひどい人間なのだ」

数量を表す語に付いてその意味強める。…に相当する。「何十万と—・うイナゴの大群

㋓同じ名詞前後置いて、それに属するものはすべて、または、その語を強める意を表す。「入り口と—・う入り口閉鎖された」「店と—・う店はどこも休んでいた」「今日と—・う今日はがまんできない」「特に用事と—・う用事でもないが」

(「…というと」「…といえば」「…といい…といい」などの形で話題として取り上げて示す。「今いちばんおもしろ映画と—・えば何でしょう」「大きさと—・い、値段と—・い、ちょうど手ごろだ

副詞「こう」「そう」「ああ」「どう」に「いう」「いった」が付いた形で体言続けて、…のような、…の類の、の意を表す。「ああ—・う場所に近づくな」

代名詞「これ」「どこ」「なに」に「という」「といった」などが付いた形で、あとに打消し語句伴って、特に取立てて言うほどの…がない意を表す。「これと—・う欠点もない」「これと—・った趣味がない」「どこと—・ってからだに悪いところはない」

(「…という」「…ということだ」などの形で話の内容直接でなく他からの情報にもとづくことを表す。「気象庁長期予報によると、今年の冬は寒いと—・う」「病状峠を越したと—・うことなので安心した

(「…といっても」「…とはいえ」「…とはいうものの」などの形で事実は…であると認められるが、しかし…である(でない)意を表す。…であっても。「春と—・っても風はまだ冷たい」「失敗したとは—・え、悲観していない

接続助詞「から」に「といって」が付いた形で、あとに打消し語句伴ってそのような条件理由であっても必ずしも…でない、の意を表す。「対戦相手が弱いからと—・ってあなどってはいけない」

(「…といったらない」の形で程度が、これ以上に…なことはない極めて…だ、の意を表す。「病弱な上に、年はとるし、心細いと—・ったらない

(「そうかといって」「かといって」「といって」などの形で本心としては拒みたいが、拒むのもまずいという意を表す。「ごちそうしてもらう筋合いではないが、そうかと—・って割り勘というのも不都合だ

[四]

詩吟吟ずる

漢詩(からうた)、声あげて—・ひけり」〈土佐

求愛する言い寄る

「いとねむごろに—・ひける人に、こよひあはむと契りたりけるに」〈伊勢・二四〉

[補説] [三]3の、「こういう」「そういう」「ああいう」「どういう」はまとまった一語として連体詞考える。

[可能] いえる

[用法] いう・はなす——「言う」は「独り言を言う」「言うに言われない」のように、相手有無にかかわらず言葉を口にする意で用いるほかに、「日本という国」「こういうようにやればうまく行くというわけだ」など引用表現にまで及ぶ。◇「話す」は「しゃべる」とともに、「喫茶店友達と話す」「電話近況を話す」のように、相手がいる場での言葉の伝達である。「話し方教室」とはいうが、「言い方教室」とはいわない。◇類似の語に「述べる」「語る」があるが、ともにまとまった内容筋道を立てて発言する意の語であり、「意見を述べる」「紙上述べる」のように用いたり、「物語」「義太夫語りのような熟語生んだりする。


You

ユウ
(イウ)

県令

県人


You

ユウ
(イウ)

→黟


イウ

名前 Yiu

李グウ

(イウ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 06:53 UTC 版)

(り ぐう、イ・ウ、1912年11月15日 - 1945年8月7日)は、李王家の一族で、日本公族


注釈

  1. ^ 朴泳孝はもともと駙馬(王婿)であり、賛珠は極めて高貴な出自である。公妃として勲二等宝冠章[7]を経て、勲一等宝冠章に昇綬[8]

出典

  1. ^ 金乙漢 (2010-08-15). 조선의 마지막 황태자 영친왕. 페이퍼로드. p. 58. ISBN 978-89-92920-45-2 
  2. ^ a b 三井兵治 編 『朋友(ポンユウ)』東京新進堂、1922年、167頁。 NDLJP:970239/139
  3. ^ 『官報』第3916号「宮廷録事」、大正14年9月11日(NDLJP:2956065/3
  4. ^ わが武寮 1982 p.584-585
  5. ^ 『官報』第1766号「彙報」、昭和7年11月17日(NDLJP:2958237/5
  6. ^ 昭和10年宮内省告示第11号、(『官報』第1766号、昭和10年5月4日)(NDLJP:2958977
  7. ^ 『官報』第2498号「敍任及辭令」(昭和10年5月4日)(NDLJP:2958977/4
  8. ^ 官報』第5509号「叙任及辞令」昭和20年5月28日。p.219
  9. ^ 昭和20年宮内省告示第20号、(『官報』第5574号、昭和20年8月11日)(NDLJP:2962075/3
  10. ^ 昭和20年宮内省告示第21号、(『官報』第5574号、昭和20年8月11日)(NDLJP:2962075/3
  11. ^ a b c 『官報』第5574号「宮廷録事」、昭和20年8月11日(NDLJP:2962075/3
  12. ^ 昭和20年宮内省告示第22号、(『官報』第5592号、昭和20年9月1日)(NDLJP:2962094/7
  13. ^ 『官報』第849号、「叙任及辞令」1929年10月28日。p.672
  14. ^ 『官報』第2043号「叙任及辞令」1933年10月21日。p.497
  15. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  16. ^ 『官報』第5048号「叙任及辞令」1943年11月9日。p.197


「李グウ」の続きの解説一覧

  • 画数:5
  • 音読み:イウ

  • 画数:10
  • 音読み:イウ、 ユ
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「イウ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イウのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2022 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの李グウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS