同格とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > 同格の意味・解説 

どう‐かく【同格】

資格格式地位などが同じであること。「課長職と同格に扱う」

文法で、一つの文の中において、語あるいは文節が他の語あるいは文節と、文の構成上の機能同一の関係にあること。


同格(どうかく)

格付取引標準品と同一格付されていることをいいます。

同格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/04 15:17 UTC 版)

同格(どうかく、Apposition)とは、一方が他方を定義するか修飾する2つの要素(通常名詞句)が並んでいる文法上の構造のこと。同格法が使われた時、2つの要素は「〜と同格」と言われる。たとえば、「私の友人アリス(my friend Alice)」という句では、「アリス」という名前は「私の友人」と同格である。


  1. ^ "Commas - Some Common Problems", Princeton Writing Program,Princeton University, 1999, Princeton.edu/sites/writing.


「同格」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「同格」の関連用語

同格のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



同格のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの同格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS