貴族とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 貴族の意味・解説 

き‐ぞく【貴族】

読み方:きぞく

身分家柄尊い人。また、社会的な特権世襲している上流階級に属する人。明治憲法では華族といったが、第二次大戦後消滅

特権持つ者優雅な生活をする者のたとえ。「労働―」「独身―」


貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/18 23:40 UTC 版)

貴族(きぞく)は、特権を備えた名誉称号を持ち、それゆえに他の社会階級の々と明確に区別された社会階層に属する集団[1]


  1. ^ a b c d e 平凡社編『【新装新訂】マイペデイア 小百科事典』(平凡社、1995年)321頁参照。
  2. ^ 九州大学政治哲学リサーチコア「名著から探るグローバル化時代の市民像: 九州大学公開講座講義」 2007、p.229など。この文献に限らず、多数の文献でそうした角度で説明されている。
  3. ^ 熊沢一衛『ヴォルテールの現代性』2008、p.284
  4. ^ AMHER英語版, blue blood
  5. ^ 『日本の歴史がわかる本 古代~南北朝時代篇』 小和田哲男/著 三笠書房 2004年8月 ISBN 978-4-8379-7420-8
  6. ^ Nobility and Analogous Traditional Elites, p. 94 TFP.org
  7. ^ 貴族の集団形成と紛争のルール 早川良弥、国際研究集会報告書第22集「公家と武家――その比較文明史的研究」笠谷和比古編、国際日本文化研究センター, 2004.1.30
  8. ^ Jonathan, Dewald (1996). The European nobility, 1400-1800. Cambridge University Press. pp. 22–25. ISBN 0-521-42528-X. https://books.google.co.jp/books?id=-fct5tlRFwEC&pg=PA25&dq=&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=&f=false 
  9. ^ 太田亮「冒系と贋系図」『姓氏家系辞書』磯部甲陽堂、大正9年。
  10. ^ 義江明子 『日本古代の氏の構造』吉川弘文館 (原著1986年3月)。ISBN 9784642022040 
  11. ^ 宇根俊範「律令制下における改賜姓について--朝臣賜姓を中心として」『史学研究』第147号、広島史学研究会、1980年4月、 pp. 1-21、 ISSN 0386-9342
  12. ^ 吉永一行. “貴族制度の廃止と皇族”. 日本国憲法のページ. 京都産業大学. 2016年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月23日閲覧。


「貴族」の続きの解説一覧

貴族(きぞく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 23:28 UTC 版)

終わりのセラフ」の記事における「貴族(きぞく)」の解説

真祖除いた上位始祖の血を継ぐ吸血鬼たちで、第六始祖から第二十位始祖該当する

※この「貴族(きぞく)」の解説は、「終わりのセラフ」の解説の一部です。
「貴族(きぞく)」を含む「終わりのセラフ」の記事については、「終わりのセラフ」の概要を参照ください。


貴族(スィーフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 05:38 UTC 版)

星界の紋章」の記事における「貴族(スィーフ)」の解説

原則として恒星系領地として持ち世襲でそれを統治する者で、領主(ファピュート)とほぼ同義である。実際には領地持ち貴族の方少ない。皇族から分かれた家は「ボース」、帝国成立時からある貴族の家は「アロン」、帝国成立後に貴族となった家は「スューヌ」の姓称号を持つ。爵位上位より大公爵ニーフ)・公爵(レークル)・侯爵レープ)・伯爵ドリュー)・子爵ベール)・男爵(リューフ)がある。アーヴ爵位は、根源氏族直系の長を表す大公爵以外は領地の状態に由来しており(詳細後述)、それゆえ地球上存在した爵位のように貴族の階級栄誉称号ではない。地球上爵位元は職名由来しており、その職が有名無実化することによって栄誉称号化したものが多いが、アーヴ貴族社会そのような変遷をまだ経験していないためである後述する通り軍隊兵器体系変遷があり、職名階級化している)。ただし、領地爵位密接に関わっているに関しては、ヨーロッパ爵位類似はしている。

※この「貴族(スィーフ)」の解説は、「星界の紋章」の解説の一部です。
「貴族(スィーフ)」を含む「星界の紋章」の記事については、「星界の紋章」の概要を参照ください。


貴族 (#5)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 16:50 UTC 版)

三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の記事における「貴族 (#5)」の解説

詳細不明

※この「貴族 (#5)」の解説は、「三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の解説の一部です。
「貴族 (#5)」を含む「三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の記事については、「三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「貴族」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

貴族

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 13:06 UTC 版)

名詞

きぞく

  1. 家柄身分などがたかく、特権持つ者一族

発音(?)

き↘ぞく

関連語

類義語

対義語

翻訳


「貴族」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



貴族と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貴族」の関連用語

貴族のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貴族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貴族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終わりのセラフ (改訂履歴)、星界の紋章 (改訂履歴)、三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの貴族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS