県主とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 県主の意味・解説 

あがたぬし 【県主】

大化前代、県統治した者。のち、姓(かばね)の一つとなった。

県主 (あがたぬし)

古墳時代朝廷ちょうてい]が直接支配していた土地(県[あがた])を、管理していた責任者のことです。


県主

読み方:アガタヌシagatanushi

倭王地方組織であった県の長。


県主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/12 14:15 UTC 版)

県主(あがたぬし)は、律令制が導入される以前のヤマト王権の職種・(かばね)の一つである。


  1. ^ 県主制の成立時期を伝承の上に位置づけようとした場合、崇神天皇の治世が妥当とみられ、祭政分離の時期であり、王権の機構が整えられていく過程で県主が大和の豪族達に寄与されたと考えられる。参考・新野直吉 『研究史 国造』 吉川弘文館 1974年 p.43.上田正昭は、3世紀後半から県制、大和王権の拡大過程の5、6世紀にかけ、国造制に代わり、県は実質的な意味を失い、遺制となったとする(同『研究史 国造』 pp.20 - 21)。
  2. ^ 『研究史 国造』 p.28.
  3. ^ 初期の主張として、岩崎小弥太の『二造考』の中において、県主と国造が同様の地方小領主で、差は明確ではないとし、県を地方小君長の領域を示す語であると規定し(同『研究史 国造』 p.25)、井上光貞も『国造制の成立』において、国と同列とした。
  4. ^ 井上光貞の『国造制の成立』によれば、かつては国と同列であったものが、後にいずれかの国に編入され、県と呼称されるに至り、1、2世紀の時点では独立国であったとする。参考・『研究史 国造』 p.28.
  5. ^ 県の東限は、尾張・美濃から北陸までであり、東国経営が5世紀に入ってから盛んになることを考えれば、3世紀後半から5世紀にかけて大和王権拡大の過程の反映と考えられる。参考・『研究史 国造』 p.30.
  6. ^ 『研究史 国造』 p.30.
  7. ^ 大田区立郷土博物館 『武蔵国造の乱 考古学で読む『日本書紀』』 東京美術 1995年 ISBN 4-8087-0621-0 p.100.
  8. ^ 『研究史 国造』 p.17.


「県主」の続きの解説一覧



県主と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「県主」の関連用語

県主のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



県主のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2019,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの県主 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS