アラビア半島とは? わかりやすく解説

アラビア‐はんとう〔‐ハンタウ〕【アラビア半島】

読み方:あらびあはんとう

アラビア


アラビア半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 20:42 UTC 版)

アラビア半島(アラビアはんとう、アラビア語: شبه الجزيرة العربية‎、単にアラビアとも)は、アジアアフリカを繋ぐ場所に位置する西アジア南西の巨大な半島である。アラビア語では「アラブの島」を意味するジャジーラ・アルアラブと呼ばれている[1]。半島としては世界最大である[2]。漢字表記は亜剌比亜。


  1. ^ アラビア半島”. コトバンク. 2014年5月4日閲覧。
  2. ^ アラビア”. goo辞書. 2014年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c 徳永 (2012) 31-33頁。
  4. ^ サウジアラビアの農林水産業概況”. 農林水産省. 2014年5月4日閲覧。
  5. ^ 徳永 (2012) 36-37頁。
  6. ^ Searching for traces of the Southern Dispersal Archived 2012年5月10日, at the Wayback Machine., by Dr. Marta Mirazón Lahr, et. al.
  7. ^ 徳永 (2012) 38-40頁。
  8. ^ Crawford, Harriet E. W. (1998). Dilmun and its Gulf neighbours. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 5. ISBN 0521583489 
  9. ^ Jesper Eidema, Flemming Højlundb (1993). Trade or diplomacy? Assyria and Dilmun in the eighteenth century BC. 24. pp. 441–448. doi:10.1080/00438243.1993.9980218. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00438243.1993.9980218#.UyNb6vmSxfA. 
  10. ^ Dilmun and Its Gulf Neighbours”. Harriet E. W. Crawford. p. 9 (1998年). 2016年5月27日閲覧。
  11. ^ 徳永 (2012) 42頁。
  12. ^ 徳永 (2012) 54-55頁。
  13. ^ a b c 徳永 (2012) 49頁。
  14. ^ 徳永 (2012) 55頁。
  15. ^ 前田、近藤、蔀「古代オリエントの世界」『西アジア史』1、118頁
  16. ^ 徳永 (2012) 57頁。
  17. ^ 徳永 (2012) 199頁。


「アラビア半島」の続きの解説一覧

アラビア半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 03:20 UTC 版)

貿易史」の記事における「アラビア半島」の解説

アラビア半島では、乾燥した気候のもとで遊牧牧畜農耕が行われ、対照的な生業交易原因にもなった。都市遊牧民農民交易結びつけ遠距離交易市場仕組み発達する661年にアラビア半島で成立したイスラーム帝国ウマイヤ朝は、ダマスカス首都としてローマ帝国制度取り入れ中央アジアからイベリア半島にいたる地域征服した商業重んじるイスラーム貿易影響与え、のちのアッバース朝時代急速に拡大する

※この「アラビア半島」の解説は、「貿易史」の解説の一部です。
「アラビア半島」を含む「貿易史」の記事については、「貿易史」の概要を参照ください。


(8) アラビア半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 21:28 UTC 版)

ヘレフォード図」の記事における「(8) アラビア半島」の解説

半島を挟むペルシア湾(上)と紅海(下)のみ赤く塗り潰されている

※この「(8) アラビア半島」の解説は、「ヘレフォード図」の解説の一部です。
「(8) アラビア半島」を含む「ヘレフォード図」の記事については、「ヘレフォード図」の概要を参照ください。


アラビア半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 09:48 UTC 版)

イブン・バットゥータ」の記事における「アラビア半島」の解説

イブン・バットゥータはしばらく(旅行記照らせ1327年9月から1330年の秋までの3年間)メッカとどまった。しかし時系列問題から、論評者たちは1328年ハッジ巡礼月)の後に旅立った考えている1328年1330年ハッジの後、紅海面するジッダ訪れる。その後彼は海岸地域特有の南東風に逆らいながら小船乗り継ぎゆっくりと海岸に沿って南下したラスール朝統治下イエメンに入ると、ザビードを、そしてタイズ訪れたタイズではラスール朝マリク(すなわち王)のムジャヒード(Mujahid Nur al-Din Ali)に謁見している。イブン・バットゥータサナア立ち寄ったとも記録しているが、実際に訪れたかどうか疑わしいタイズからは直接交易要衝アデン向かった考えるのが現実的である。アデン着は1329年1331年と考えられる

※この「アラビア半島」の解説は、「イブン・バットゥータ」の解説の一部です。
「アラビア半島」を含む「イブン・バットゥータ」の記事については、「イブン・バットゥータ」の概要を参照ください。


アラビア半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 02:43 UTC 版)

ザイド派」の記事における「アラビア半島」の解説

ダウラ・ウハイディリーヤ 9世紀のアラビア半島中央部のヤマーマ地方アラビア語版)は、一時期アッバース朝反乱起こしたアラブ人一部族であるウハイディル族(英語版)(バヌー・ウハイディル)に支配されていた(867年-)。この首長国ダウラ・ウハイディリーヤアラビア語版)は少なくとも11世紀中葉まで存続した。 イエメン・ムタワッキリテ王国 イエメン・ムタワッキリテ王国は、1918年から1962年までザイド派の多い北イエメン存在した王国cf. イエメンシーア派諸王朝英語版))ザイド派コミュニティは、12,13世紀からイエメンイマームか、若しくは、それに対抗するイランイマーム認めようになった893年にはイエメンラッシー朝を築いたイエメンイマーム1962年イエメン王国崩壊まで継続したザイド派武装組織フーシは、2015年1月イエメン政府実権完全に掌握した

※この「アラビア半島」の解説は、「ザイド派」の解説の一部です。
「アラビア半島」を含む「ザイド派」の記事については、「ザイド派」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アラビア半島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アラビア半島

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 00:22 UTC 版)

固有名詞

アラビア  アラビアはんとう

  1. アフリカ大陸アジア大陸間にあり、アラビア海紅海囲まれ半島部分

翻訳


「アラビア半島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アラビア半島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラビア半島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラビア半島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの貿易史 (改訂履歴)、ヘレフォード図 (改訂履歴)、イブン・バットゥータ (改訂履歴)、ザイド派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアラビア半島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS