取り入れとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 取り入れの意味・解説 

とり‐いれ【取(り)入れ】

取り入れること。「干し物の—」

(「穫り入れ」とも書く)農作物取り収めること。収穫。「稲の—」


取り入れ

読み方:とりいれ

ラ行下一段活用動詞「取り入れる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


取り入れ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取り入れ

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取り入れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 02:58 UTC 版)

取り入れ(とりいれ、Introjectionドイツ語: Introjektion)とは、精神分析学の用語であり複数の意味を持つ。一般的には、周囲の取り巻く世界の行動、属性、他の断片などを、自身が再現しようとするプロセスと見なされる。取り入れは、投影の初期段階として記されている[1]防衛機制の一つであり「レベル2、未熟な防衛」に分類される[2]




  1. ^ Malancharuvil JM (December 2004). “Projection, introjection, and projective identification: a reformulation”. Am J Psychoanal 64 (4): 375–82. doi:10.1007/s11231-004-4325-y. PMID 15577283. http://www.kluweronline.com/art.pdf?issn=0002-9548&volume=64&page=375. 
  2. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.4。ISBN 978-4895928526 


「取り入れ」の続きの解説一覧

取り入れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 13:09 UTC 版)

1981年著名な論文摂取臨床効果例:ガスライティング』(Some Clinical Consequences of Introjection: Gaslighting) において Calef と Weinshel は、ガスライティングには加害者から被害者向けられた精神的葛藤投影と取り入れを伴うと論じている。このペテンは、痛みを伴う(また潜在的に痛みを伴う心理的葛藤の非常に特殊な転移に基づいている。 何故ガスライティング被害者らは他者表現し投影してくる事柄取り込み同化してしまう傾向があるのかという点について、筆者らは様々に考察しガスライティングは非常に複雑かつ高度に構造化された仕組みであり、精神的機構多くの要素作用包含していると結論づけている。

※この「取り入れ」の解説は、「ガスライティング」の解説の一部です。» 「ガスライティング」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「取り入れ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

取り入れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り入れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取り入れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガスライティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS