行動化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 行動 > 行動化の意味・解説 

行動化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

行動化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 03:30 UTC 版)

心理学における行動化(こうどうか、Acting out)とは、防衛機制セルフコントロールに関連して用いられる用語であり、その衝動を受け止めたり管理するのではなく、実際に行動に移してしまうこと[1]。その行動はたいてい反社会的行動とされるものであり、嗜癖(アディクション)としての衝動であったり(たとえば飲酒、薬物、買い物など)、周囲の注目を引くもの(たとえば癇癪や無差別的行動)であったりする。




  1. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.4。ISBN 978-4895928526 
  2. ^ Craig Nakken, The Addictive Personality (1996) p. 7
  3. ^ Michael J. Lynch, Critical Criminology p. 20


「行動化」の続きの解説一覧



行動化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行動化」の関連用語

行動化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



行動化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの行動化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS