置き換えとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 置き換えの意味・解説 

おき‐かえ〔‐かへ〕【置(き)換え/置(き)替え】

読み方:おきかえ

おきかえること。置換(ちかん)。

《「おきがえ」とも》買い手売り手保証金預けておき、必要に応じて品物取り寄せ代金過不足決算期精算する取引方法

「—の約束も、年々かさみて」〈浮・永代蔵・五〉


置き換え

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

置換

(置き換え から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 09:58 UTC 版)

置換(ちかん)はあるものを別のものに置き換えることである。




「置換」の続きの解説一覧

置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:56 UTC 版)

東京都交通局12-000形電車」の記事における「置き換え」の解説

1・2次車導入から25年経過して経年による老朽化進行したため、その代替目的として2014年度より12-600形6編成導入することが公式発表されている。同6編成順次導入され2016年6月30日1次車の第04編成運用離脱したことにより、大江戸線塗装車は消滅した。 続く3次車以降車両についても、引き続き2018年度から2020年度にかけて12-600形がさらに11編成増備される予定であり、東京都交通局2016年2月12日発表した東京都交通局経営計画2016」の中では2021年度までに本形式14編成代替目標とするとしており、2019年度より廃車開始されている。

※この「置き換え」の解説は、「東京都交通局12-000形電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「東京都交通局12-000形電車」の記事については、「東京都交通局12-000形電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 01:38 UTC 版)

営団02系電車」の記事における「置き換え」の解説

東京メトロでは営団時代より経年12年目でC修工事称する簡易な改修工事ゴム材や床関係の改修)、3回目全般検査になる24年目でB修工事称する大規模な改修工事内装取り替え電気品の更新)、36年目でC修工事6回目全般検査になる48年目で廃車となるライフサイクル見込んでいるが、これはモデルケースであり、必ずしもこの時期改修工事廃車実施されるとは限らず東京メトロでは01系や一部の03系のようにB修工事施工することなく置き換えられている事例もある。 本系列の一部車両見劣り目立ってきたことと、丸ノ内線導入予定CBTC無線式列車制御システム)に02系が対応できないため、東京メトロ中期経営計画で、2018年度から2022年度にかけて6両編成新型車両53編成投入されることが発表され2018年3月詳細発表され形式2000系決定した。ただし前述のように、当初53編成すべてに大規模改修工事施工する予定であったが、CBTC導入決定により第21編成以降のそれを中止し新型車両導入変更された。 その後2019年1月26日ダイヤ改正方南町駅ホーム延伸工事完成し2000系含めて支線の6連入線が可能となったが、この時点では3連の運用未定となっていたが、その後の利用状況の変化もあり、2022年7月7日プレスリリースにて同年8月27日ダイヤ改正をもって3連の運用取りやめられ丸ノ内線列車6両編成に統一する事が発表された。なお、同プレスリリースにおいて運用離脱後の3連の処遇についての言及はなされていない東京メトロでは、国際協力機構発注の「フィリピンフィリピン鉄道訓練センター設立運営能力強化支援プロジェクト」に参加しフィリピンでの鉄道人材育成携わっており、FEATI大学(ファーッティ大学)ともプロジェクト通し関係を築き、FEATI大学同国私立大学では初め鉄道関係学科新設することとなった今回FEATI大学からの鉄道関係設備寄贈依頼応え02系2両(02-151,02-251)の無償譲渡決定した2020年2月同大学へ設置され教材として活用される東京メトロは、引き続きフィリピンにおける鉄道人材の育成への支援行いフィリピンの都市交通機能向上、日比両国友好関係強化につながるよう努めるとしている。

※この「置き換え」の解説は、「営団02系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「営団02系電車」の記事については、「営団02系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 01:16 UTC 版)

秩父鉄道500系電車」の記事における「置き換え」の解説

1991年11月に、本形式の置き換え用として2000系投入され1992年3月31日付け全車廃車となったさよなら運転などは行われなかった。本系列の車齢の若い車両はおよそ25年で、地方私鉄としては異例短命置き換える2000系もほぼ同時期に製造している)であった2014年まで使用され1000系一部車両よりも新しいものだったが、急行用の300系と共通設計だったため通勤用にもかかわらず片開き2扉車であったことから、両開き4扉の1000系比べて乗降手間取ることや、ATSなどの保安装置未設置だったことなどが廃車早めた原因だったとされる廃車後石原駅構内などに留置されたのち、広瀬川原駅熊谷工場)で全車順次解体されたため(クハ602のみ長期間留置後の解体現存車存在しない

※この「置き換え」の解説は、「秩父鉄道500系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「秩父鉄道500系電車」の記事については、「秩父鉄道500系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 00:52 UTC 版)

営団5000系電車」の記事における「置き換え」の解説

スキンステンレス車両車体老朽化等もあることから、6000系以降車両施工し大掛かりな更新工事施工せず、置き換え時期迎えた車両から順次廃車実施した

※この「置き換え」の解説は、「営団5000系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「営団5000系電車」の記事については、「営団5000系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 16:55 UTC 版)

新幹線300系電車」の記事における「置き換え」の解説

2007年から系列の置き換え用として製作されN700系投入増備始まったことを受け、同年からJR東海所属J編成のうち、所定経年である製造後13年過ぎたものから運用離脱始まった。 まず量産先行試作車J1編成同年3月28日浜松工場廃車回送され、3月31日付けで車籍抹消同年7月2122日の「新幹線なるほど発見デー」で展示され16号車 (322-9001) 以外は4月末までに解体された。同編成2003年以降営業運転から外れN700系はじめとする新技術開発資するため試験車として代用されていたが、同系列の量産車登場によってその役割終えた続いて同年7月11日付でJ14編成廃車となり、量産車廃車第1号となった2007年度この後前半J2J19あわせて3編成廃車になったのをはじめ、同年後半にはさらにJ3, J4, J6, J8, J11の5編成廃車となったJ編成廃車N700系Z編成改造車X編成増備進行と共に順次進められており、2008年度末までには前述工事受けていない20編成廃車となり、2009年4月時点J編成在籍本数41編成J20 - J26・J28 - J61編成となっていた。J編成全般検査2010年6月9日出場したJ61編成をもって終了したJR西日本所属F編成に関して2010年まで廃車がなかったが、博多総合車両所広島支所疎開されていたF5編成2011年7月11日博多総合車両所広島支所 - 新幹線鳥飼基地間で、翌12日新幹線鳥飼基地 - 浜松工場間で回送され、14日付で廃車されたのをはじめ、その後8月F6編成が、9月にF2編成が、10月にF1編成が、11月にF4編成F3編成が浜松工場送られた。 300系編成数の変化J編成F編成備考1990 1 先行試作車 J0編成新製 1991 1 1992 5 J1-J5を新製 1993 15 5 J6-J15・F1-F5を新製J0編成量産化改造によりJ1編成改番 1994 21 9 J16-J21・F6-F9を新製 1995 27 9 J22-J27を新製 1996 36 9 J28-J36を新製 1997 45 9 J37-J45を新製 1998 57 9 J46-J57を新製 1999 61 9 J58-J61を新製 300系 増備終了 2000 61 9 2001 61 9 2002 61 9 定期のぞみ運用から撤退 2003 61 9 2004 61 9 品川駅開業 東海道新幹線の全列車270 km/h2005 61 9 N700系 試作車完成 2006 61 9 2007 60 9 J1編成廃車 2008 52 9 N700系 量産車登場により廃車開始J2 - J4J6・J8・J11・J14・J19廃車 2009 43 9 J5J7J9J10・J12・J13・J15-J18・J27廃車JR東海乗り心地改良工事施行編成全廃JR東海プラグドア仕様編成全廃 2010 25 9 J21・J24 - J26・J28・J29・J31・J38 - J43・J45・J46が廃車 2011 9 9 J22・J32-J37・J47-J52・J58・J59が廃車 2012 3 300系 営業運転終了 代替としてJR東海から700系9編成譲渡 J30・J44・J53 - J57・J60・J61・F1 - F6廃車 J編成消滅 2013 F7 - F9廃車 形式消滅 編成数は各年4月1日でのもの

※この「置き換え」の解説は、「新幹線300系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「新幹線300系電車」の記事については、「新幹線300系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:40 UTC 版)

JR東日本E217系電車」の記事における「置き換え」の解説

JR東日本2018年平成30年9月2020年令和2年)度より横須賀・総武快速線E235系電車導入する発表し2020年令和2年12月21日より営業運転開始している。これに伴い本系列は順次置き換えが開始されている。 2020年4月1日時点では鎌倉車両センター基本編成51本(561両)と付属編成46本(184両)の計745両が配置されていた。2020年12月より運用離脱した編成疎開順次開始されている。さらに、2021年令和3年1月5日にY-44編成長野総合車両センター廃車回送された。2022年1月までに基本編成11本と付属編成12本が廃車となったその後廃車進んでいる。

※この「置き換え」の解説は、「JR東日本E217系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「JR東日本E217系電車」の記事については、「JR東日本E217系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 09:06 UTC 版)

国鉄203系電車」の記事における「置き換え」の解説

.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .tmulti .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .tmulti .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .tmulti .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .tmulti .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .tmulti .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .tmulti .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaption{text-align:center}}インドネシア渡った203系 左:マト52編成0番台デポック電車区にて 2011年9月17日右:マト66編成100番台デポック電車区にて 2011年11月27日 試運転中のマト51編成 営業運転中のマト66編成 JR東日本から2007年平成19年3月に、常磐緩行線向けにE233系2000番台新たに投入し2008年以降営業運転開始することが発表されたが、後に2009年3月JR東日本発表した設備投資計画では、常磐緩行線へのE233系導入2009年度からと訂正され実際投入2009年度に1編成2010年度10編成2011年度に7編成となった2009年度導入編成同年9月より営業運転開始207系900番台を置き換え、続いて2010年度以降本系列の置き換えを行った前述通り一部編成インドネシアPT KAI Commuter Jabodetabekとフィリピン国鉄譲渡されている 。インドネシア譲渡されたのは廃車となった車両のうちマト5152666869編成10両編成5本(50両)、フィリピン国鉄譲渡されたのは廃車となった車両のうちマト5354・5567編成10両編成4本(40両)である。なおインドネシアには同時期に廃車された東京メトロ6000系譲渡されており並ぶ姿も見られる。 これらの車両インドネシア譲渡分は2011年8月から9月海上輸送により陸揚げされフィリピン国鉄譲渡分は新潟東港から2011年9月マト67編成が、11月マト5354・55編成フィリピン海上輸送により陸揚げされた。なお、前記した以外の車両10両編成8本80両)は、個人売却されクハ203-103以外はすべて解体処分されている。 E233系による置き換えが進行したため、2011年平成23年9月1日からはマト55編成に「ありがと203系ヘッドマーク掲出されたが、9月中旬モハ203-15・モハ202-15のユニット故障したため、すでに運用離脱していたマト54編成モハ203-12・モハ202-12ユニット入れ替えられたのち、9月26日最後まで残っていた同編成営業運転から離脱したマト55編成離脱後は再びマト54編成ユニット入れ替え正規編成へと戻した

※この「置き換え」の解説は、「国鉄203系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「国鉄203系電車」の記事については、「国鉄203系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 01:11 UTC 版)

イギリス鉄道332形電車」の記事における「置き換え」の解説

2018年3月ヒースロー・エクスプレス運営母体ヒースロー・エアポート・ホールディングスグレート・ウェスタン・レールウェイ事業譲渡することを発表しそれに伴いGWR所属38712編成への置き換えも発表された。2020年11月から廃車始まり同年12月をもって全編成が運用離脱した。 本形式前述のとおり車体構造に難があったこと、ヒースロー・エクスプレス他路線保安装置異なり転用改造要したことや、当時旧国鉄の25000V線区での新造車投入進行中だったことにより、他事業者への譲渡などは実現されず、廃車後後述の3両をのぞいて全車とも解体された。 国鉄民営化以来初の新形式として登場した本形式だったが、結局民営化後新形式としては初の廃形式ともなった在籍期間2122年程度で、車齢40年程度まで使用されることが多いイギリス旧国鉄線用電車としては異例短命形式となった

※この「置き換え」の解説は、「イギリス鉄道332形電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「イギリス鉄道332形電車」の記事については、「イギリス鉄道332形電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 01:35 UTC 版)

南海7000系電車」の記事における「置き換え」の解説

7000系2008年度以降8000系導入2014年度までに52両)、2000系南海本線転属泉北高速鉄道3000系南海への移籍により廃車進み残り車両についても、2015年10月3日実施され引退記念イベントをもって営業運転終了しており、同年10月8日より営業運転開始した8300系への置き換えで全廃となった。 現在は8300系導入により車歴の浅い7100系も置き換えが進んでいるが、7100系前述局部更新工事施工している車両増加している。なお、2012年度導入ATS-PN防護無線は、原則的にすべての車両設置している。2017年からは、空港線需要対応するため一部編成乗務員室タブレット自動放送装置設置進められている。機器取り付けの際に、スペース確保のため助手席撤去している。

※この「置き換え」の解説は、「南海7000系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「南海7000系電車」の記事については、「南海7000系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 14:10 UTC 版)

東京都交通局10-000形電車」の記事における「置き換え」の解説

初期導入され車両老朽化進んでいたため、試作車両の4両を含む1979年昭和54年)までに製造されセミステンレス108両は2004年平成16年12月から新型車両10-300形1次車)の導入による置き換えが開始された。2005年のD-ATC導入合わせ3 - 8車で車上装置交換進められた中、試作車1・2次車は車齢の低い中間車を残すとともに先頭車両新製し、他の中間車編成組み込むことで10-300R形登場した長らく10-300R形組み込んだ車両以外は各停種別表示はされていなかったが、10-220F - 10-240Fは更新工事施工し時に残り編成2013年2月22日京王線ダイヤ改定合わせて各停表示をするようになった2010年2月22日発表され東京都交通局次期経営計画ステップアップ2010」、および2013年2月発表された「東京都交通局 経営計画2013」において、2013年度2015年度新宿線車両計6編成新型車両置き換える計画発表された。 2013年度10-300形3次車)の導入に伴い、10-190F - 10-210Fが廃車となった東京都交通局の公式発表では、2016年度平成28年度)と2017年度平成29年度)に、10両編成新造車を5編成ずつ導入し車両の置き換えを実施するとされた。 この置き換えにより、2016年度10-300形5次車導入に伴い、10-220F・10-230Fが廃車となった2017年度には同年8月14日に10-250Fが廃車回送されたことによって7次車以前車両全廃となり、同年8月以降8次車のみが運用されていた。8次車2018年2月11日に運転を終了し、これにより東京都交通局保有している鉄道車両全てVVVF制御となった。 ほとんどの車両解体されたが、10-230Fの先頭部のみ京王重機北野事業所保管されている。

※この「置き換え」の解説は、「東京都交通局10-000形電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「東京都交通局10-000形電車」の記事については、「東京都交通局10-000形電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 16:58 UTC 版)

南海10000系電車」の記事における「置き換え」の解説

本系列は製造から20 - 25年以上が経過し車体更新が行われておらず、走行機器も旧1000系流用品であり老朽化進んでいることから、2011年秋より導入される新型車両12000系順次置き換えられる事となった。 2012年12月25日付で10006Fが廃車・解体された。また2013年4月にはホームページ上で10005Fの4両が引退する事が発表されその4両も同年5月7日付で廃車・解体された。残り編成については、サザン向け12000系増備や、自由席車で使用される7100系代替ストップしていることもあり、2021年現在今後処遇に関する公式発表はない。

※この「置き換え」の解説は、「南海10000系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「南海10000系電車」の記事については、「南海10000系電車」の概要を参照ください。


置き換え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 13:50 UTC 版)

南海6000系電車」の記事における「置き換え」の解説

近年増加するインバウンド需要向けた旅客案内設備対応のため、南海2018年平成30年)に、新型車両高野線導入して本系列を順次代替する計画公表した。しかし、車齢が50年越えているにもかかわらず登場から1両も廃車転属がなかった事例は、大手私鉄においては非常に珍しい。 2021年7月現在、6000系72両のうち30両が廃車となっている。

※この「置き換え」の解説は、「南海6000系電車」の解説の一部です。
「置き換え」を含む「南海6000系電車」の記事については、「南海6000系電車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「置き換え」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「置き換え」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「置き換え」の関連用語

置き換えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



置き換えのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの置換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東京都交通局12-000形電車 (改訂履歴)、営団02系電車 (改訂履歴)、秩父鉄道500系電車 (改訂履歴)、営団5000系電車 (改訂履歴)、新幹線300系電車 (改訂履歴)、JR東日本E217系電車 (改訂履歴)、国鉄203系電車 (改訂履歴)、イギリス鉄道332形電車 (改訂履歴)、南海7000系電車 (改訂履歴)、東京都交通局10-000形電車 (改訂履歴)、南海10000系電車 (改訂履歴)、南海6000系電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS