置換とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 変化 > 置換 > 置換の意味・解説 

ち‐かん〔‐クワン〕【置換】

読み方:ちかん

[名](スル)

置きかえること。「文字記号に—する」

数学で、相異なるn個のものの順列を、他の順列並べ換える操作

ある化合物中の原子や原子団を、他の原子原子団置きかえる化学反応置換反応


置換

読み方:ちかん

置換とは、ワープロソフト表計算ソフトにおける機能のひとつで、任意の範囲内指定され文字列検索し同じく指定され別の言葉置き換える機能のことである。

WordExcelでは、置換機能は「編集メニュー中に含まれている。置換を選択するダイアログボックスが開くので、「検索する文字列」と「置換後の文字列」をそれぞれ入力し、「置換」か「全て置換」を実行すればよい。「置換」を実行すると、文書内に含まれる(置換対象となる)文字列ひとつひとつピックアップされ、それぞれに対して置換するか否か選択することができる。また「全て置換」を選択すると、文書内に含まれる(置換対象となる)文字列一気に「置換後の文字列」へ置換される

置換

なお、置換機能検索機能含んでいるので、単純に検索機能として用いることもできる

オフィスソフトのほかの用語一覧
Excel:  #REF!  #VALUE!  #NUM!  置換  通貨スタイル  ワークシート  ワークシート分析

置換

【英】:substitution

結晶分子中の原子または原子団が、他の原子または原子団置き換えられること。

置換(ちかん)

軟弱な地盤を砂等の良質な土と置きかえる工法


置換

読み方:オキカエ(okikae)

(1)質物などを入れかえ預けること。
(2)買手売手保証金預けておき、決算期過不足清算する売買方法

別名 置替


置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 09:58 UTC 版)

置換(ちかん)はあるものを別のものに置き換えることである。




「置換」の続きの解説一覧

置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/05 09:26 UTC 版)

ジチオカルボン酸」の記事における「置換」の解説

アミン反応させるチオアミド与える。 RC(=S)SH + R'NH2 → RC(=S)NHR' + H2S この反応ウラシルピリミジン誘導体のチオアシル化に利用された。 塩化チオニル作用させるハロゲン化物得られるRC(=S)SH + SOCl2 → RC(=S)Cl + [S2O] + HCl AlkC(=S)SH + NH2OH → AlkCN ArC(=S)SH + NH2OH → ArCH=NOH AlkC(=S)SH + NH2NH2 → AlkC(=S)NHNH2 ArC(=S)SH + NH2NH2 → ArCH=NNH2

※この「置換」の解説は、「ジチオカルボン酸」の解説の一部です。
「置換」を含む「ジチオカルボン酸」の記事については、「ジチオカルボン酸」の概要を参照ください。


置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 15:32 UTC 版)

ハザード対策の階層構造」の記事における「置換」の解説

置換は2番目に有効な対策で、危険性のあるものを、危険性が無い、または低いものに置換することである。一例として顔料鉛白をチタンホワイトに置き換えることが挙げられる

※この「置換」の解説は、「ハザード対策の階層構造」の解説の一部です。
「置換」を含む「ハザード対策の階層構造」の記事については、「ハザード対策の階層構造」の概要を参照ください。


置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 02:32 UTC 版)

核魚雷」の記事における「置換」の解説

Mark 45核弾頭サイズと重量魚雷到達速度大きく干渉した1972年から1976年にかけて、Mark 45現在のアメリカ海軍潜水艦魚雷であるMark 48魚雷置き換えられた:161Mark 48は、高性能誘導システム備えた非常に高速深海潜水音響誘導魚雷である。Mark 48直径533mm、全長は5.8mを超え弾頭に約295kgの高性能爆薬搭載している。Mark 48速度55ノット射程は32kmと推定されている。潜水艦魚雷から同時に誘導ワイヤ回転し潜水艦のより大きく精緻なパッシブ・ソナー使用して潜水艦が「」を制御できるようにしている。魚雷ジャイロターゲットへの初期方位設定されるターゲット位置動き魚雷のジャイロコース修正のための変更が必要であることを示唆する場合にのみ、ワイヤ活用されるそのような場合発射管技術者ワイヤーを介して変更加える。その後ワイヤ切断され魚雷のアクティブ・ホーミングソナーがターゲット探すMark 48以降進歩には、潜水艦魚雷間の双方向データ伝送提供し魚雷潜水艦音響データ送信可能にするTELECOM使用するホーミングシステムが進歩したMark 48 Mod 3」が含まれる5000発を超えるMark 48魚雷生産されている:161:203204廃止されMark 45魚雷は、核弾頭通常弾頭置き換えて改造された。これらの「自由」魚雷は、国外販売用提供されたがあまり成功しなかった:72 武器種範囲ヤード速度ノット弾頭Mk 37 魚雷 8,00018,000 様々 330 lb HBX-3 Mk 45 魚雷 30,00040,000 様々 搭載可能 Mk 48 魚雷 30,00040,000 様々 800 lb HBX-3 Mk 48 ADCAP 魚雷 30,00040,000 様々 800 lb HBX-3 SubRoc UUM-44 ロケット 30 nm 不明 搭載可能 UGM 84a / c 対艦ミサイル 75 nm 600 488 lb WDU18

※この「置換」の解説は、「核魚雷」の解説の一部です。
「置換」を含む「核魚雷」の記事については、「核魚雷」の概要を参照ください。


置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 05:32 UTC 版)

多体波動関数」の記事における「置換」の解説

波動関数対称性簡単に表すために、数学における置換を導入する。1からNの数字並べたもの { 1 , 2 , … , N } {\displaystyle \{1,2,\dots ,N\}} を並べ替える操作 π {\displaystyle \pi } を、N次の置換と呼ぶ。 { 1 , 2 , … , N } → { π ( 1 ) , π ( 2 ) , … , π ( N ) } {\displaystyle \{1,2,\dots ,N\}\to \{\pi (1),\pi (2),\dots ,\pi (N)\}} 置換は一対一写像であり、全部N!通りある。これらの集まりは群をなし、N体の置換群(または対称群S N {\displaystyle S_{N}} と呼ぶ。置換の中でも、単に2つ数字入れ替えるだけの操作互換という。 ある置換 π {\displaystyle \pi } が n {\displaystyle n} 個の互換組み合わせ書けるとき、置換 π {\displaystyle \pi } の符号(またはパリティ) ( − 1 ) π {\displaystyle (-1)^{\pi }} を次のように定義する。 ( − 1 ) π ≡ ( − 1 ) n {\displaystyle (-1)^{\pi }\equiv (-1)^{n}} 置換 π {\displaystyle \pi } を決めても、互換個数 n {\displaystyle n} は一通りには決まらない。それでも ( − 1 ) n {\displaystyle (-1)^{n}} は一通りに決まる。パリティが ( − 1 ) π = 1 {\displaystyle (-1)^{\pi }=1} となるような置換のことを偶置換、 ( − 1 ) π = − 1 {\displaystyle (-1)^{\pi }=-1} となる置換のことを奇置換という。 これらを用いると、N粒子波動関数対称性反対称性次のように表せる。 Ψ B ( r 1 , r 2 , … , r N ) = Ψ B ( r π ( 1 ) , r π ( 2 ) , … , r π ( N ) ) {\displaystyle \Psi _{B}({\boldsymbol {r}}_{1},{\boldsymbol {r}}_{2},\dots ,{\boldsymbol {r}}_{N})=\Psi _{B}({\boldsymbol {r}}_{\pi (1)},{\boldsymbol {r}}_{\pi (2)},\dots ,{\boldsymbol {r}}_{\pi (N)})} (粒子ボース粒子の場合) Ψ F ( r 1 , r 2 , … , r N ) = ( − 1 ) π Ψ F ( r π ( 1 ) , r π ( 2 ) , … , r π ( N ) ) {\displaystyle \Psi _{F}({\boldsymbol {r}}_{1},{\boldsymbol {r}}_{2},\dots ,{\boldsymbol {r}}_{N})=(-1)^{\pi }\Psi _{F}({\boldsymbol {r}}_{\pi (1)},{\boldsymbol {r}}_{\pi (2)},\dots ,{\boldsymbol {r}}_{\pi (N)})} (粒子フェルミ粒子の場合

※この「置換」の解説は、「多体波動関数」の解説の一部です。
「置換」を含む「多体波動関数」の記事については、「多体波動関数」の概要を参照ください。


置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 09:08 UTC 版)

ユニフィケーション」の記事における「置換」の解説

置換は、変数から項へのマッピング有限集合 { x 1 ↦ t 1 , … , x kt k } {\displaystyle \{x_{1}\mapsto t_{1},\dots ,x_{k}\mapsto t_{k}\}} と定義され1つ変数2つ異なる項にマッピングすると曖昧さ生じるため、個々マッピング一意的なければならない。項 u への置換の「適用」を u { x 1 ↦ t 1 , … , x kt k } {\displaystyle u\{x_{1}\mapsto t_{1},\dots ,x_{k}\mapsto t_{k}\}} と記述し、項 u {\displaystyle u} に出現する変数 x i {\displaystyle x_{i}} を項 t i {\displaystyle t_{i}} で置き換えることを意味する。このとき、 1 ≤ i ≤ k {\displaystyle 1\leq i\leq k} である。例えば、 f ( x , a , g ( z ) , y ) { x ↦ h ( a , y ) , z ↦ b } = f ( h ( a , y ) , a , g ( b ) , y ) {\displaystyle f(x,a,g(z),y)\{x\mapsto h(a,y),z\mapsto b\}=f(h(a,y),a,g(b),y)} となる。

※この「置換」の解説は、「ユニフィケーション」の解説の一部です。
「置換」を含む「ユニフィケーション」の記事については、「ユニフィケーション」の概要を参照ください。


置換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 15:13 UTC 版)

エアレール・リンク」の記事における「置換」の解説

置換プロジェクト2001年3月30日開始され、かつ公共運行初日となる2003年3月7日完了した。 当プロジェクト契約費用は、1,100万ポンド (£) であった現在のエアレール・リンクは、ケーブル推進式ダブル・シャトル・システムである。 以前磁気浮上式鉄道ガイドウェイの上部に造られており、低い階のバスステーション対応するために駅コンコース拡張によって、わずかに短縮されている。 ドッペルマイヤー・ケーブル・カー (DCC) からケーブル・ライナー技術使用しており、そして2つ独立したロープ牽引式平行トラック持ち、かつ各トラック2両編成旅客車両運行している。 バーミンガム空港リンクは、DCC最初空港システムで、1995年以降運行していた一時的なバスサービスを置き換えた。 新システムは、空港移動する旅客自宅に彼らの車を置き、公共交通機関利用する動機与えた延長585m (1,921ft)のエアレール・リンクは、90秒で公共交通機関乗継駅から空港搭乗手続きまで旅行者乗せている。 エアレール・リンクは、各2両編成列車が2編成からなる2つの駅のダブル・トラック・シャトルであり、36km/h (22mph)の速度独立して運行している。 列車は、各駅での30秒滞留時間および90秒の移動時間からなる120秒の最小限運転間隔運行している。 各車両は、1人当たり0.33m2 (3.6ft2)で27人の旅客乗せることができ、よって1列車につき54人の旅客定員寄与している。

※この「置換」の解説は、「エアレール・リンク」の解説の一部です。
「置換」を含む「エアレール・リンク」の記事については、「エアレール・リンク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「置換」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

置換

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 02:17 UTC 版)

名詞

置 換 (ちかん)

  1. あるものを他のものと置き換えること。
  2. 数学)ある集合からその集合自身への全単射

類義語

翻訳

語義1

語義2

動詞

活用

サ行変格活用
置換-する

「置換」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



置換と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「置換」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


置換のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



置換のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2024. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ置換の記事を利用しております。
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2024 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2024 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの置換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジチオカルボン酸 (改訂履歴)、ハザード対策の階層構造 (改訂履歴)、核魚雷 (改訂履歴)、多体波動関数 (改訂履歴)、ユニフィケーション (改訂履歴)、エアレール・リンク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの置換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS