Clとは?

CL

読み方シー・エル
英文正式名Concessionality Level
日本名(略称):コッセッショナリティ・レベル譲許性の指標

OECD輸出信用アレンジメントに定義された援助譲許性の高さを示す指標で、割引率として、CIRRベースとした通貨割引率を用いる。同アレンジメント参加国は、当指標一定水準下回るようなタイド援助実施することができない

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

CL

別名:CAS latencyCASレイテンシ

CLとは、パソコンメインメモリに使われるDRAM性能指標のことである。

DRAM記憶素子格子状に並ぶ構造取っており、目的データである特定の記憶素子アクセスするために、まず最初に行(row)、次に列(column)を指定する。ここで、列(column)のアドレス指定するタイミング合わせるときに使われる信号CAS呼びまた、行(row)のアドレス指定するタイミング合わせるときに使われる信号RASと呼ぶ。そして、CAS信号送信されたクロックから、最初データ送受信されたクロックまでの差が、CASレイテンシーである。

具体的には、メモリ仕様表に記されている「CL=2」「CL=3」などといった表記が、CASレイテンシ要する時間である。この値が小さいほど動作速度速くなるのが一般的である。

半導体メモリのほかの用語一覧
RAM:  CAS  CASレイテンシ  CAS信号  CL  DDR266  DDR400  DDR2 SDRAM

CL

英語 coefficient of lift

揚力係数自動車浮き上がらせようとする力を示す数値小さいほど自動車安定して走行できる。負の揚力(マイナス・ダウンフォース)になれば、自動車路面にへばりついて走ることができ、F1のように大きな出力クルマCDよりもCLが重要視される。自動車場合前輪後輪にかかる力で測定する。日本場合前輪揚力係数CLF後輪揚力係数CLR表記する。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

カソードルミネッセンス CL: cathodoluminescence

入射電子により、試料構成する原子価電子帯電子励起され、生成された正孔電子再結合するときに放出される光。分光することにより状態分析を行ったり、強度違い可視化することでSEM像を作ることができる。発光現象研究のほか、格子欠陥観察したり、不純物エネルギー準位試料歪み量などを調べることができる。エネルギー分解能は数meV検出感度は高く、試料によってはppmオーダー濃度変化反映する場合もある。空間分解能半導体では電子正孔対の拡がりで決まりバルク試料では1µm程度である。有機物では電子プローブ径で決まる。

関連する用語

集束レンズ(コンデンサレンズ) CL: condenser lens

電子銃対物レンズの間に置かれたレンズ電子プローブ径プローブ電流制御に用いられる。下図示したように、励磁変えると、電子源の像の大きさが変わると同時に対物絞りカットされる電子の量も変わる。この結果電子プローブ径プローブ電流変化させることができる。熱電子銃およびショットキー電子銃場合は、広範囲プローブ電流制御を行うため、一般に2段集束レンズ系が使われる。熱電子銃場合クロスオーバーを1/1000程度縮小する必要があるため、縮小率が大きいが、ショットキー電子銃場合電子源が元々小さいため縮小率は小さい。一方FE電子銃場合主としてプローブ電流制御に用いられるが、プローブ電流可変範囲小さいため一般に1段の集束レンズが使われる。
集束レンズ

関連する用語

CL

クリアーラッカー。顔料混入せずに木地を生かした透明仕上げ塗料木目強調され、温もりのある仕上りになり、主に内部木部塗装に用いられる。

塩素原子

分子式Cl
その他の名称:Chlorine(atom)、塩素原子、Cl


クロリド


クロロラジカル

分子式Cl
その他の名称:Chloro radical
体系名:クロロラジカル


物質
塩素
英語名
Chlorine
元素記号
Cl
原子番号
17
分子量
35.4527
発見
1774年
原子半径(Å)
1.01
融点(℃)
-101
沸点(℃)
-34.11
密度(g/cm3
3.21
比熱(cal/g ℃)
0.116
イオン化エネルギー(eV)
12.967
電子親和力(eV)
3.615


塩素イオン(Cl-)

塩素イオンは、海水中には約19g/リットル表流水中では一般に数mg/リットル程度含まれています。海岸地帯では海水浸透、風送塩の影響表流水中の濃度が高くなることもあります。それ以外で塩素イオンが増加した場合家庭排水工場排水し尿等の混入汚染考えられるため、人為的汚染有無判断する指標ともなります。水道水基準では、「200mg/リットル以下」と定められています。

.cl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/12 03:28 UTC 版)

.cl
チリの旗
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC Chile
後援組織 チリ大学
利用地域 チリに関連する団体・個人
使用状況 チリでは非常によく使われている。
登録の制限 誰でも登録可能だが、外国からの登録は、身分登録番号が必要である。
階層構造 登録は第二レベルに直接行われる(政府のサイトは.gov.clgob.cl下に登録されている)。
関連文書 Rules
方針 Dispute resolution
ウェブサイト NIC Chile
  

.clは、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つでチリに割り当てられている。このドメインは、チリ大学によって運営されている。登録は第二レベルで行われ、誰でも登録が可能である。ただし、外国からの登録するには、チリの身分登録番号(RUT)を取得しなければならない。

ドメイン名に使用可能な文字は、アクセント符号の(á, é, í, ó, ú, ñ, ü)が含まれている。

外部リンク


CL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/19 15:14 UTC 版)

CL, Cl, cl

CL

Cl

cl

clまたはcL






Clと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Clに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Cl」の関連用語

Clのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スパ・フランコルシャン

Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000

片山右京

Chumby

ヨーコントロール

ARROWSケータイF-05G

プレサージュ

W-SIM





Clのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCLの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2017 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2017 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cl (改訂履歴)、CL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS